The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

The retrogression of history・時代は逆行する 秋

2017-08-08 05:34:56 | 世界経済
    
 明治時代の成立には、やはり、イギリスのバックアップがあったようだ、長州・薩摩は山口県に鹿児島県、今でも田舎だ、百数十年前は、どうだったか、徳川政権の出自には問題が無いわけではないが、江戸の町人文化は室町に通じるものがあり、かなりの水準をキープしていた。

 なんとも洒落(しゃれ)て粋(いき)でヨーロッパの画家を驚かせた、これをぶっこわしたのが田舎もんの集団、それが明治の政府だろう。
 
 彼ら、日本という利権をものにしようと様々の画策をしたが、その最大が古色蒼然たる天皇を担ぎ出したことであり、この陰でさまざまの仕掛けをした、役人が多くさまざまの既得権を握っているのもそのひとつで、人口問題では、
 「人口が減少すると 役人を減らさなければいけない」
 「それが 問題なのだ」
 あきれた意見ではないか、なんのための公務か、だれのための役人か。

 21世紀のニッポンには、そんなモンダイが残存している、ところで落語だが、あれは江戸っ子がやるからいいのであり、地方出身には遠慮してもらいたい、ちゃんちゃらおかしくて、
 「おヘソが 茶をわかす」

 室町の到達した抽象世界に比べると織田・豊臣・徳川は野蛮人の集団であり、明治政府は、もっとひどい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« The retrogression of histor... | トップ | The retrogression of histor... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界経済」カテゴリの最新記事