The orthodox civilization is the festival politics of Japan

「安藤真の『世界文明の正統は』」の続き、祭政は人間中心を超え物質文明を越える、これを受け継いでいるのが日本の伝統と文化

「街道を行く」の絡繰り 11

2019-01-04 09:38:59 | 世界経済

 まだ、終わっていなかった、やっつけてしまおう、今年は、何が起こるか分からない。

 「街道を行く」には「オホーツク街道」があるのだが、この中で、司馬は、町の床屋さんの説を紹介している、
 「おかしいなあー」

 シロウトである、当時、オホーツク文化の第一人者は駒井和愛(こまいかずちか 1906-1977)で東大の教授を歴任している、万事にソツのないシバさん、どうしたことか、しかも、昼食に魚が出たのだが、
 「コマイ(氷下魚)だな」
 「そういえば コマイという学者がいたなあー」

 その道の第一人者をスルーして、町のシロウトの考えを披露する、そして、コマイをサカナの一種にする、これほどの侮辱があろうか。

 なんという態度だろう、しかし、ここにこそ、司馬遼太郎という人気作家の巧みな処世術があったのかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ニッポンの政治の原野 下 | トップ | 「街道を行く」の絡繰り 終 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

世界経済」カテゴリの最新記事