日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トルコ大統領が和歌山県串本町を訪問し、「エルトゥールル号」追悼式典に参列

2008-06-15 00:04:33 | Weblog
7日、来日中のアブドラ・ギュル トルコ共和国大統領が和歌山県串本町を訪問し、1890年9月に同町沖で遭難した同国の軍艦「エルトゥールル号」の追悼式典に参列しました。同国の大統領が追悼式に参列したのは初めてのことです。
エルトゥールル号は同年、帰路に就くため横浜港を出発した2日後の9月16日夜、同町沖合の熊野灘で台風の暴風雨に巻き込まれ、岩礁に衝突して、沈没しました。乗員540名が犠牲となってしまいましたが、69名の乗員が地元住民の尽力によって救出され、その後の日本とトルコの友好につながっています。(07年9月16日掲載 日本の記念すべき日 其の二十二 参照のこと)
式典には町や県の関係者、住民など約560人が参列。ギュル大統領は松原繁樹町長に続いて慰霊碑に菊の花を献花し、黙祷を捧げました。
トルコの人たちはこの事件を歴史の授業で教わって、皆知っており、そのため我が国にとても親近感を持ってくれています。そのことを大変有り難く思います。今後も我が国とトルコの友好関係が続いていくことを願います。

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=147337
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080607-OYO1T00457.htm?from=main3
http://www.47news.jp/CN/200806/CN2008060701000361.html

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
« サッポロビールがドイツ連邦... | トップ | 世界初の紙製ICタグを開発... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事