日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルービックキューブ世界大会で日本人が優勝!!

2007-10-13 15:53:15 | Weblog
5日からハンガリーのブダペストで開かれていた「ルービックキューブ」世界大会の決勝が7日行われ、最も注目度の高い縦横奥行き各3列の標準タイプ部門で、北海道釧路市の釧路工業高等専門学校建築学科2年、中島悠さん(16)が優勝しました。競技は5回の試技のうち、一番上と下を除いた3回の平均時間で競いますが、中島さんは3回の平均で12秒46を記録し、2位に0.59秒の差を付けて、見事栄冠を獲得。競技終了後にルービックキューブ考案者のエルノー・ルービック氏から直々に表彰され、賞金5000ユーロ(約83万円)を獲得しました。
同部門の3位には、日本大会で優勝した茨城県つくば市の土浦日大高校1年、郡司光貴さん(15)が13秒05のタイムで入り、より難しい各5列部門でも、大阪府東大阪市の産業技術短大2年、大艸尊之さん(20)が1分50秒46で3位に入りました。
ハンガリーの建築家であるルービック氏が考案したルービックキューブは、1979年に発売されると世界的な大ヒットとなり、1982年には第1回世界大会が開かれました。その後、ブームが去って、世界大会も開催されていませんでしたが、近年、インターネットで攻略法が広まってブームが再燃し、2003年に第2回大会が開かれてからは、隔年で開催されています。
4回目となる今大会は、世界33ヶ国から263名が参加し、各3列、4列、5列部門の他、片手や目隠し、足だけで解く部門など合計17部門で競技が行われました。
ルービックキューブと聞くととても懐かしいのですが、今ブームになっているとは知りませんでした。それにしても12秒とはすごいですね!!

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071008i212.htm?from=navr
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2007/10/09/04.html
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20071009-OHT1T00043.htm

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 63年前の今日10月12日... | トップ | トヨタの燃料電池車、大阪―東... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事