日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本人の世界記録 日本プロ野球編

2006-05-28 01:07:54 | Weblog
あくまで米大リーグ記録(20世紀以降)との比較ですが

①1955年、国鉄スワローズの金田正一投手は年間350奪三振を記録。ルーブ・ワッデルの年間349三振を破る世界記録を達成した。

②1961年、西鉄ライオンズの稲尾和久投手は年間42勝の世界記録を達成。大リーグ記録は1904年、ジョーン・チェスブロの年間41勝。(後に読売ジャイアンツのビクトル・スタルヒン投手も1939年に年間42勝を記録したことが確認された)

③1962年9月5日、国鉄スワローズの金田正一投手はウォルター・ジョンソンの記録を破る通算3,509奪三振の世界記録を達成。金田は1969年の引退までに4,490奪三振を記録し、ノーラン・ライアンに破られるまで世界記録だった。

④1967年、阪神タイガースの江夏豊投手は年間401奪三振の世界記録を達成。大リーグ記録は1973年、ノーラン・ライアンの年間383奪三振。

⑤1972年、阪急ブレーブスの福本豊選手は、年間106盗塁を記録、モーリー・ウィルスの104盗塁を破る世界記録を達成した。現在の世界記録は1982年、リッキー・ヘンダーソンの130盗塁。

⑥1977年9月3日、読売ジャイアンツの王貞治選手はハンク・アーロンの記録を破るホームラン通算756本の世界記録を達成。現役通算868本は現在も世界記録。
(但し、20世紀前半の米国にあった黒人リーグで、ジョシュ・ギブソンが通算962本塁打を記録したと言われています)

⑦1983年6月、阪急ブレーブスの福本豊選手はルー・ブロックの記録を破る通算939盗塁の世界記録を達成。現役通算1,065盗塁。

⑧1987年6月13日、広島東洋カープの衣笠祥雄選手はルー・ゲーリックの記録を破る2,131試合連続出場の世界記録を達成。通算2,215試合連続出場はカル・リプケンに破られるまで世界記録だった。

⑨2003年8月20日、読売ジャイアンツの川相昌弘選手はエディ・コリンズの記録を破る通算512犠打の世界記録を達成。2005年終了時点で527犠打の世界記録更新中。

⑩2006年4月9日、阪神タイガースの金本知憲選手はカル・リプケンの記録を破る904試合連続フルイニング出場の世界記録を達成。現在も更新中。

(信)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 影響力の大きい学術論文 世... | トップ | 日本人の発明 テレビ・ビデオ編 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高井の・・・ (Gファン)
2011-07-27 12:00:55
代打ホームランを忘れてない???

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事