日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

高さ173m 世界一高いエレベーター試験塔が完成!!

2007-10-23 00:16:04 | Weblog
先月26日、三菱電機は愛知県稲沢市にある稲沢製作所の構内に建設していた、高さ173メートルのエレベーター試験塔が完成したことを発表しました。高さ173メートルは地上40階建てのビルに相当し、エレベーター試験塔としては世界一の高さということです。
同製作所にはこれまで6つの試験塔があり、一番高いものが65メートルのものでした。それでエレベーターの試験を行なってきましたが、超高層ビルが増えて、現行設備では対応しきれなくなってきた為、一昨年12月から建設を進めていました。建造費は約50億円ということです。
この試験塔を使って、分速1000メートルを超える世界最高速エレベーターの開発などに取り組むということです。
我が国のエレベーター技術は世界一を誇り、世界最高速のエレベーターを東芝と三菱が競い合っています。現在の世界最高速は、東芝エレベータが2004年12月に開発した、台湾・台北市の高層ビル「TAIPEI101」のエレベーターで、分速が1010mです。その前は三菱電機が開発した横浜ランドマークタワーのエレベーターが世界一でした。
果たして新しい試験塔で、三菱が世界最高速エレベーターの座を奪還することが出来ますでしょうか?注目です。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2007/0926.htm
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200709270042a.nwc
http://www.nikkeibp.co.jp/news/const07q4/546830/

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界初、携帯型DNA解析装... | トップ | 日本の記念すべき日 其の二... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事