日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

F1東京GP開催か? FIA副会長が構想を語る

2007-08-24 00:19:38 | Weblog
4日、国際自動車連盟(FIA)のバーニー・エクレストン副会長は、ハンガリーGPが開催されていたハンガロリンクで、F1レースを東京都心で開催する構想を明らかにしました。
F1シリーズの開催地決定に大きな影響力を持つエクレストン副会長は「東京の都心でレースをやりたい。日本での市街地レースには強い興味がある」「日本では毎年1レースは続ける。だが、東京都心でレースを行うなら話は別だ。私は日本のテレビ局と、このアイデアの実現性を探っている」と語りました。
日本ではF1が初めて開催されたのは1977年、静岡県の富士スピードウェイでした。その後、1987年から三重県の鈴鹿サーキットで日本GPが毎年開催されるようになり、今年からまた富士スピードウェイでの開催となりましたが、東京でのレース開催は当然のことですが、これまでに例がありません。
F1の市街地レースと言えば、言うまでもなく「モナコグランプリ」ですが、あの光景が東京都心で実現すれば、すごいことですね。皇居の廻りや、丸の内のオフィス街をフェラーリやマクラーレンのマシンが走り抜けると思うと、ゾクゾクします。是非、実現してほしいですね!!

http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20070805-OHT1T00091.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/
20070804k0000e050074000c.html
http://www.sankei.co.jp/sports/sports/070804/spt070804000.htm

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タカラトミーのロボットが「... | トップ | 「青森ねぶた祭」ロサンゼル... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事