日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三井造船と三井物産、世界初の「天然ガスハイドレート」事業化を目指す

2007-04-30 00:08:18 | Weblog
19日、三井造船と三井物産は天然ガスをシャーベット状の固体にした「天然ガスハイドレート(NGH)」の製造・輸送事業を進める合弁会社「NGHジャパン」を設立したと発表しました。2012年頃の事業化を目指すとのことですが、実現すれば世界初のこととなります。
NGHは天然ガスに水を加えて冷凍し、シャーベット状の固体にしたものです。従来、天然ガスの貯蔵はマイナス162度で液化する液化天然ガス(LNG)の形で行われていますが、NGHはマイナス20度で固体化する為、LNGのような大掛かりな低温設備が不要になります。このため設備費が2~3割安く済み、輸送面でもコストダウンが見込まれ、これまでLNGでは採算が取れなかった中小ガス田の開発も可能となります。
NGHジャパンは2030年までにLNG換算で1000万トンのNGHを供給し、売上高数千億円規模の事業を目指すとのことです。
地球温暖化の原因である二酸化炭素や大気汚染物質の排出量が少ない天然ガスは、これからのエネルギー資源と言っていいでしょう。資源に乏しい我が国にとって、エネルギー資源の確保は生命線と言えると思います。今回の事業化が是非成功してほしいと願っています。

http://www.asahi.com/business/update/0419/TKY200704190386.html
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20070419AT1D1905N19042007.html
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070419/sng070419008.htm

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の記念すべき日 其の十... | トップ | トヨタ 1~3月自動車販売... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事