日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界初、光で回転するモーターを開発

2008-08-09 12:20:09 | Weblog
先月19日、東京工業大資源化学研究所の池田富樹教授のグループは、光を当てると回転するモーターを開発したことを発表しました。光を直接動力に変えるモーターの開発は世界で初めてです。
2003年、同グループはアゾベンゼンを主成分とするプラスチックのフィルムに紫外光を照射するとフィルムは縮み、可視光を照射すると元に戻ることを発見しました。最初は高温条件下でのみ変形していましたが、成分を変えることで、室温でも変形するようになりました。
このフィルムを輪にして、直径が10ミリと3ミリの2つの車輪に掛け、3ミリの車輪に紫外線、10ミリの車輪に可視光を当てたところ、フィルムの伸縮によって車輪が連続回転しました。10ミリの車輪が1回転するのに約1分と時間が掛かりますが、30時間連続で回転したそうです。
これまで光のエネルギーを動力に変えるには、太陽電池で一旦電気エネルギーに変換する必要がありましたが、今回の開発品は直接動力に変わるため、エネルギー効率が良いのが特長です。
光でモーターを回転させるという発想がすごいですね。まだ遠い先のことと思いますが、これで自動車を動かすのも夢ではないということです。何かワクワクしますね。

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/36205
http://www.47news.jp/CN/200807/CN2008071901000456.html
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200807/2008071900055

(信)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界に誇る日本人の発明 そ... | トップ | 世界初、ヤシガニの人工繁殖... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事