日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

世界初、ハイブリッド車販売台数100万台を突破 トヨタ

2007-06-14 05:51:40 | Weblog
7日、トヨタ自動車はガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド車の累計販売台数が、5月末までに国内海外合わせて約104万7千台となり、100万台を突破したとを発表しました。これは世界で初めてのことです。
トヨタは1997年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売。2000年より北米や欧州など海外でも販売を開始し、9年半掛かって販売台数が100万台を超えました。現在では世界40以上の国や地域でハイブリッド車を販売しています。
台数の内訳は海外が約70万2000台、国内が約34万5000台。車種別では「プリウス」が7割以上を占めます。昨年度の年間販売台数は約31万台でしたが、2010年代の出来るだけ早い時期に年間100万台販売を目指すということです。
また、ハイブリッド車を100万台販売したことにより、約350万トンのCO2排出抑制効果があったということです。CO2約350万トンは、東京ドーム1500個分に相当するということです。
約350万トンとは、かなり大きな数字のようですね。それだけハイブリッド車の果たした役割が大きいということで、喜ばしく思いますし、どんどん普及してほしいと思います。しかし、まだガソリン車と比べて割高感があり、それが普及を妨げていると思いますので、トヨタには更に価格を下げる努力をして頂き、早く年間100万台販売を達成して頂きたいですね。

http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070607/sng070607005.htm
http://car.nikkei.co.jp/release/index.cfm?i=162138
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2007060700752

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理研、ヒトES細胞の大量培... | トップ | 世界最小のコンバーティブル... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事