日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タカラトミーのロボットが「世界最小」とギネスに認定

2007-08-22 00:15:13 | Weblog
先月20日、タカラトミーは10月25日に発売される小型ロボット「Omnibot17μ i-SOBOT((オムニボット ワンセブンミュー アイソボット)」が、6月に「世界で最も小さな量産されている人型ロボット」としてギネス世界記録に認定されたと発表しました。2008年版ギネスブックに掲載される予定とのことです。
「i-SOBOT」は高さが16.5cmと小型ですが、二足歩行が可能で、「こんにちは」「さようなら」「誕生日おめでとう」など180の言葉を話し、200種類の動きが出来るそうです。
価格は税込みで3万1290円。国内だけでなく、北米や欧州でも販売され、世界で年間30万台(国内5万台)の販売を目指すとのことです。
これまでの二足歩行ロボットは10万円以上するものが多く、気軽に買えるものではありませんでしたが、これは手に入れやすい価格ですので、結構評判になるかもしれません。それに、この価格でこれだけの言葉や動きの数はすごいです。大ヒットするかもしれませんね。

http://prw.kyodonews.jp/open/nfrelease.do?r=200707191244
http://www.sankei.co.jp/keizai/sangyo/070721/sng070721002.htm
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/kz/0000449991.shtml

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 世界129ヶ国での公開決定... | トップ | F1東京GP開催か? FI... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事