日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本の記念すべき日 其の三十六 1月16日 世界男子スピードスケート選手権大会開催

2008-01-16 05:55:32 | Weblog
◎我が国初のスポーツ「世界選手権大会」開催(昭和29年:1954年)

1954年1月16日、我が国で初めてのスポーツ世界選手権大会となる、世界男子スピードスケート選手権大会が北海道札幌市が開催され、札幌円山公園で競技が行われました。この大会は500m、1500m、5000m、10000mの4種目を滑って総合得点を競いますが、優勝を果たしたのはソ連のボリス・シルコフで、3位までをソ連選手が独占しました。ボリス・シルコフは2年後の1956年、イタリアのコルティナダンペッツォで行われた第6回冬季オリンピックのスピードスケート、男子5000mで金メダルを獲得しています。
我が国は1940年に東京オリンピックを開催することが決まっていましたが、1937年に勃発した日中戦争の影響で開催が困難となり、翌1938年に開催権を返上。幻のオリンピックとなりました。それから16年後にようやく世界レベルのスポーツ大会開催に至ることが出来ました。そして10年後の1964年、遂に東京オリンピック開催の実現にこぎつけることとなります。
(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の記念すべき日 其の三... | トップ | 「マッハ号」日本に上陸!! »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事