日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ルーブル美術館で文楽が初めての公演

2008-01-26 10:36:54 | Weblog
来たる3月4日、パリのルーブル美術館で人形浄瑠璃文楽の公演が初めて行われることが決まりました。会場は地下のオーディトリアム(多目的)ホールで、有名なガラスのピラミッドの下にあり、通常はクラシックコンサート等に使用されています。演目は近松門左衛門の「曾根崎心中」より「天神森の段」。昨年、レジオン・ドヌール勲章を受章した、人間国宝の吉田簑助さんや、桐竹勘十郎さん、豊竹英大夫さんらが出演します。日仏交流150周年のイベントの一つとして行われるということです。
簑助さんは「まさか、あのルーブルで公演するとは夢にも思いませんでした。世界の至宝に奉納するような気持ちで人形を遣いたい」とコメントしています。
当日は館内で、茶道や華道などの日本文化紹介もあるということですので、これを機に多くのフランスの人たちが日本に関心を持ってもらえればと願っています。

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/
080112/tnr0801121037005-n1.htm
http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20080112p102.htm

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「命のビザ」で救われたユダ... | トップ | 浅野忠信さん主演の映画が米... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事