日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノーベル賞受賞者候補に飯島澄男・名城大学教授と戸塚洋二・東京大学特別栄誉教授

2007-09-18 00:06:55 | Weblog
11日、米の文献データ会社であるトムソン・サイエンティフィックは、毎年恒例のノーベル賞受賞有力候補者を発表しました。17名の研究者が候補となり、日本人では日本電気(NEC)特別主席研究員の飯島澄男・名城大学教授と、高エネルギー加速器研究機構の前機構長である戸塚洋二・東京大学特別栄誉教授の2名が、物理学賞の候補に名を連ねました。
この発表はトムソン社が2002年以来、ノーベル賞の物理、化学、医学生理学、経済学の4部門について毎年、ノーベル賞受賞の発表前に行われているもので、これまで候補に上がった54名のうち4名がノーベル賞を受賞しています。
候補者の推薦理由として、飯島教授は「物理、化学分野の革命を起こすきっかけとなったカーボンナノチューブの先駆的な研究に対して 」、戸塚栄誉教授は「ニュートリノ振動および質量の発見における指導的役割に対して」が挙げられています。
日本人ではこれまでに「エルビウム添加ファイバー増幅器」を半導体レーザで駆動する方法を発明し、昨年候補に上がった中沢正隆氏を始め、5名が選出されています。
2002年に小柴昌俊氏、田中耕一氏が受賞して以来、日本人の受賞はありませんが、5年振りの受賞がなりますでしょうか?期待しています。

http://www.thomsonscientific.jp/news/press/nobel2007/
http://www.sankei.co.jp/culture/kagaku/070911/kgk070911001.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/
20070912k0000m040060000c.html

(信)
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 日本の記念すべき日 其の二... | トップ | 世界初、ヤマメにニジマスを... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待していたが (sadakun_d)
2007-10-11 12:42:35
来年に期待します。



名城大学でしたね飯島教授。



ドラフトも名城大学期待されています。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事