日本の真実

日本人自身が知らない「世界に誇るべき日本の真実の姿」を様々な面から紹介するブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

文豪バルザックが愛した幻のコーヒーをUCCが復活販売

2007-04-21 00:15:48 | Weblog
11日、UCC上島珈琲は仏領レユニオン島で65年前に生産が途絶えた幻のコーヒー「ブルボンポワントゥ」の再生に成功し、12日より国内で発売すると発表しました。価格は100グラム7350円で、「ブルーマウンテン」の約3倍の金額です。
「ブルボンポワントゥ」は西インド洋に浮かぶ仏領レユニオン島(旧名:ブルボン島)で18世紀初頭から生産された品種です。他のコーヒーにはないフルーティな甘い香りが特徴で、フランス国王ルイ15世や文豪バルザックも愛飲したと言われています。生産性が低い為、この島以外で生産が行われず、た19世紀初頭に島を襲った干魃等の自然災害によって生産量が大幅に減少し、1942年を最後に生産が途絶えていました。
UCCは1999年より現地調査を開始し、島内に約30本の原木を発見。その後フランス政府からの開発援助等を受けて、8年をかけて再生に成功しました。
18世紀、フランス・ブルボン王朝の命により生産が始まり、20世紀に一旦途絶えた「幻のコーヒー」が、21世紀に入って我が国とフランスの共同プロジェクトにより復活とは、何ともスケールの大きな話ですね。
これにより我が国とフランスの交流が更に深まってくれれば、うれしいです。

http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=157721&lindID=4
http://www.sankei.co.jp/seikatsu/shoku/070411/shk070411000.htm
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20070411i513.htm

(信)
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 探査機「はやぶさ」 地球帰還へ | トップ | ハイブリッド列車が今夏、世... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事