今週の法話

法華宗北海寺住職-二王院観成による仏教用語と法話集です。毎週水曜日に更新いたします。

「人類ゼロの未来」の欠落点

2010-06-30 10:57:26 | 環境
 6月28日、日本テレビ系列で「人類ゼロの未来」が放映された。
相変わらず、コミック調にゲストが受け止めていたのは残念である。
ことの重大さを何ら認識していないからである。
 「人類ゼロの未来」は、人類消滅後の1億年先までを映像化したも
ので、世界中の権威ある科学者が検証したものだと謳っている。しか
し、重大な何点かが欠落している。
(1)人類が滅びる「原因」がアイマイである。環境破壊か原水爆の
戦争と指摘されているが、あまりにも漠然として説得力がない。現在
のところ、確実なのは環境破壊が人類滅亡の最大原因である。
 (2)環境破壊によって滅亡するのは人類だけではない。哺乳類、
鳥類、魚類、爬虫類など、ほぼすべての動物が滅亡する。生化学では
大気中の二酸化炭素の濃度が3%になれば、人類は生きていかれない
という。現在、その濃度は0.036%であるが、約50年で10倍
になっているという。その計算からすれば、3%になるのは約100
年後となる。世界の科学者がそれを知らないはずがない。しかし、そ
れを公表すれば、世界中にパニックを引き起こすことになる。したが
って故意に公表を避けていると思われる。もしそうだとすれば、不告
知という重大な罪を科学界は犯していることになる。真実を知らせて
対策をすべく啓蒙するのが科学界の使命ではなかろうか。また、オゾ
ン層の破壊による強烈な紫外線や、酸性雨によってプランクトンが死
滅し、連鎖的に魚類も死滅することになる。絶滅危惧種は人類だけで
はない。
 (3)人類絶滅後、25年で世界の都市は水没すると云っているが、
温暖化が進んで南極の氷や各地の氷河などが溶ければ、海面が膨張し
て上昇率が高くなる。恐らく100年以内に海岸近くに存在する都市
の大部分は水没すると思われる。
 (4)5年後にトラ、ライオン、ゾウ、チンパンジーなどが都市を
徘徊する、といっているが説得力がない。それらも人類と一緒に滅亡
するからである。それらの動物は、動物園から逃げ出したものだ、と
いっているが、檻の錠をどうして壊すことができるのであろうか。
 以上であるが、今回の放映の意義を読み解くべきである。「人類ゼ
ロ」という言葉自体が、人類滅亡の時期はマジカに迫っている、とい
う科学者のメッセージだと知るべきだと考える。コミカルに取り扱う
こと自体クレージーである。
 人類は「神」に救いを求めても何の効果もない。また、人類が「神
」の意志に反しているから滅亡するのでもない。自然の法則、摂理に
人類は反しているから滅亡の危機に立たされているのである。そのこ
とを人類が理解するのは、まだまだ先のことであろう。人類はエゴと
いう選択肢を持ち続ける限り、滅亡から逃れる術はない。

最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-01-07 13:12:31
 人類は「神」に救いを求めても何の効果もない。また、人類が「神
」の意志に反しているから滅亡するのでもない。自然の法則、摂理に
人類は反しているから滅亡の危機に立たされているのである。そのこ
とを人類が理解するのは、まだまだ先のことであろう。人類はエゴと
いう選択肢を持ち続ける限り、滅亡から逃れる術はない。…そんなこと言ってるおまえは絶望者だな!撤回しろ!!

コメントを投稿