【 随想曲 李白の白髪 】 (四) 日本語雑木林 仁目子

 
 日本語の核は 何か、漢字か カタカナか それとも

 外来語か 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【 ク レ ー ム で 日 本 文 化 は 消 え る 】

2018-02-14 | 日記

   ーー そ の ク レ ー ム と は 、 何 か ?  ーー

 

0116 Livedoor ニュース記事ニコニコニュースに、下記の記事が掲載されていた。

『クレームによって消えていく日本の文化。除夜の鐘が近所迷惑として自粛する』

ざっくり言うと、

  除夜の鐘がうるさいというクレームが入り、取りやめる

      ところがでた

  日本の文化である除夜の鐘にうるさいと言う人がうるさい

      と小飼弾氏は一蹴

  除夜の鐘がだめなら死人が出ると話題の御柱祭もクレーム

      が入るべきという

この記事の趣旨は、消えゆく「日本文化」を憂いているようで、「除夜の鐘」の有る無しに、焦点を当てているようだが、実際は、焦点がかなり外れている事に、気が付いている人は、小飼弾氏を含め、果して何人居るのだろうか。

「文化」という言葉は、「文」という核が基礎になっていて、日本の場合だと、日本語あっての「日本文化」になる。

除夜の鐘が迷惑だというのは、日本語で「苦情」或いは「不平」と言う。これを、冒頭に挙げた記事に当てると、

 『苦情によって消えゆく日本の文化。、、、、、』になる。

所が、米国滞在歴のある小飼弾氏、はたまた、記事の編集者は、ちゃんとした日本語を使わずに、「クレーム」というカタカナを使っている。

察するに、カタカナ英語の方が日本文化に勝るという、潜在意識がそうさせているのだと思う。が、大変な「過ち」を犯している事に、気が付いていないようである。

「クレーム」は、英語の c l a i m だと思うが、そうであるなら、「クレイム」と発音すべきである。記事編集者はともかく、滞米歴のある小飼弾氏は、知っている筈だと思うが、敢えて、クレームと言うのは、その方が日本文化に近いという意識が潜在的にあるからであろう。

発音が可笑しいのなら、c l a i m という英語の意味も、半可通のままで、使用している可能性が高い。

試しに、辞書を開いてみる。

  (1) 「権利として」、、、要求する、請求する

 (2)  「自分のもの」、、、と主張する

 (3)  「注意」、、、に値する

 (4)  損害賠償要求

のような意味合いで使われる英語である。

所が、除夜の鐘が迷惑だというのは、「苦情」である。日本語の苦情に該当する英語は c o m p l a i n であって、 c l a i m ではない。

なのに、何故、c o m p l a i n を使わずに c l a i m を使う英語に弱いから、c o m p l a i n という横文字が知らないからであろう。

そして、何故、「苦情」というちゃんとした日本語があるのに、それを使わずに、歪( いびつ ) カタカナ英語を使う

この二つの「?記号に、ちゃんとした答えをすれば、日本文化が消えるのは、除夜の鐘の有無では無い、という事が、自ずと分かる。

且つ、何故、この記事の書き出しが「苦情」でなしに、「クレーム」になるのか、これが日本文化を消す元兇であるという事が、自ずと分かる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 【 出 る 杭 は 打 た れ て ... | トップ | 【 卓 球  張 本 智 ... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事