ninjinぽたぽた日記

ぽたりんぐ--気ままに自転車に乗って出かけたい。

ツールドつくば

2011-06-26 11:37:07 | 

 6月19日、いよいよ「第3回 ツールドつくば」の日がやってきました。

 18日、つくば市内に前泊。ノーラちゃんが激励会を開いてくれて、つくばのヒルクライム好き男気組さんたちとおそろいのジャージを貸してくれました。「これ着ると、力が出るんだから!」。さらに、特製「目指せゴール」のエール入りアクエリアスもプレゼントしてもらって、よし!気合いだ~。応援、うれしいです。ありがとう。

でも、前夜は緊張したせいか、ちょっと眠りが浅かったかも…。

 朝6時入場開始。お天気は曇りでちょうどいい感じです。

 前日に私の分も受付をしてくれた、ながれぼし隊長から、ゼッケンを受け取り、自転車、ウェア、ヘルメットに付けます。私は800番で女子部一番乗り。いい数字でしょう。

 レース参加者は500名。続々と市民会館に集まってきます。

ジャージを着ていると、「あ、松永さんのところの方ですね。僕は、松永さんの師匠、アマンダの千葉さんのところで自転車を作ったんですよ」なんて初対面の方ともお話ししたりして…。少し緊張感がほぐれてきます。

開会式の後、カテゴリー別に分かれて、スタート地点の平沢官衛遺跡に移動。

自分の出発まで、待ちます。ここで初めて知ったのですが、女子のロード部門のスタートに並んだのは、なんとたったの9名。はぁ???他に女子は…マウンテンバイクで2名ほど…申し込んだけど参加しなかった女子が3人くらいいました。ということは、参加者約480名以上が男子!なんですね。びっくりです。

10時過ぎにスタート!コースは、不動峠を上り、スバルライン、風返し峠を上り、つつじヶ丘がゴール。約12kmの上り基本のコースです。

不動峠頂上を目指してひたすら上ります。すぐの上りがちょっときつい。
何度も上っているはずの場所なのに、いつもとは景色がちょっと違う感じ。カーブの様子や路面が気になります。

マウンテンバイク部門の男子数人が私をどんどん抜いていきます。マウンテンって重いのに、すごいなぁ。

さすがに、不動峠の真ん中あたりで、だいぶ疲れて来ちゃいました。そして、右足のふくらはぎがつるような感じで痛い…こんなことは初めてです。これ以上痛くなって、つって倒れちゃったらどうしよう…と一抹の不安がよぎります…。
あぁぁ…一緒に走る人もいないし、おしゃべりする人もいないので、唯一相手をしてくれそうな監視員とエールの交歓をして、元気もらいます

不動峠の8合目あたりで、後方からくる女子に抜かされました。
ひたすらペダルを漕いで漕いで…、不動峠最後30mのきつい坂道にも気づかずに通過。あれ?もうスバルライン出ちゃったの?夢中で余裕無し

ここから少し下りがあります。ほーっとひと息つきながら、5人くらい抜きました。ひゃっほ~下りはやっぱり楽しい。先ほど私を抜いていった女性をも抜き返して、やったぜ、と思ったのはつかの間、上りが始まったら、すぐにまた抜かされました。ちょほほ。

風返し峠の中盤頃、、幸いなことに、右足の痛みが消えました。下りで足を休めることができたおかげです。はぁ、良かった、これでなんとかいけそうです。
しかし、上りはまだ続きます。こういう時はどういうふうに漕ぐといいんだっけかなぁ、なんていろんな方からのアドバイスを思い返しながら上り続けていると…、なんと!男子を抜きました。 ベックラです。しかし、きついなぁ。。そろそろゴールでもいいんじゃない?と思っていると、「あと500m」の標識を発見!ながれぼし隊長さんがエールを送るべく沿道にきてくださいました。あー、うれしいなぁ、ありがたや~。 あと200m、100m、の標識を通過!ついにゴーーール!完走できました。はぁーーー、良かった~。

自転車を置いて、ご褒美の山ぶどうアイスをゲット。写真を撮る間もなく、一気に食べちゃいました。いやーー、終わった~、としみじみ実感。ゴールの後、バスで下山。

これが、私たちのチームのゼッケンです。 

真ん中にぴかぴか光る2番。エキスパート部門のサトーさんです。今回は、6位。でも、去年よりかなりタイムが良かったそうです。それにしても、高校生の台頭は著しかったそうな。そのサトーさんは、28分台。

私は、53分20秒台。試走は1時間10分くらいだったそうなので、一気に15分以上縮めたようです。上出来じゃないですか。すごーーい、自分を褒めてあげたい。

  

お天気にも恵まれて、楽しいレースでした。さてと、来年は、出るのかなぁ?

 

コメント (9)

試走

2011-06-06 23:39:36 | ツーリング

 まったく得意でないレースに、それも上りが大の苦手な私がヒルクライムレースに出ることを決めました。「ツールド・つくば2011」です。
 理由は、やっぱり不動峠が好きだからかな。K玉さんご夫妻たちが、初めて誘ってくれたつくばライドが、ここ。まだアンカーだったので、本当につらかった…。でも、峠が上れたのがうれしくて、また、強い日差しをしのいでくれる山の緑とその光の変化が楽しく、風も心地よく、体力的にはつらかったのに、むしろ気持ち良かった~。なので、ここならいいかな、と。

 先日、「参加受理書」なるものも届き、集合時間や場所、注意事項、タイムスケジュールが案内され、ちょっと緊張してきました。大丈夫なのだろうか…。
 そんな初参加の私のために、試走ライドをながれぼし隊長が企画してくださいました。おおっ!行くぞ!

 6月5日、SRMで10数名が一緒に試走コースを走ることになりました。
ショップ→大池→不動峠→風返し峠→下山→ランチ→ショップ、の約50kmのコース。

 不動峠、上りハナがきついです。あとは、タラタラおしゃべりしながら気持ちを紛らわせながら上ります。ながれぼし隊長、megさん、Wさん、Nさんが、サポートしてくださいます。他人のペースにあわせてゆっくり上っるのって、きついと思います。だから、ほんとうにありがたいです。

 そして、こういう時の、楽しいおしゃべりって、すごく重要です。

 megさん「あれ?もう、ギアがない。やっぱり峠は、もう少し大きいギアが欲しいねぇ。」
 Nさん「いやぁ、しんどいですね。僕、初めてここ上るんですよ~
 Wさん「がんばらなくていいから、あきらめずに上りましょう

 要所要所で、隊長が「ここはゆっくり上りましょう。ゆるい上りが続きますから」「ここは短いですから、ダンシングで攻めていきましょう」と、次々に、レース攻略法を的確にご指南。wさんも、ルートに詳しく、いろいろと解説してくださいます。

  私が汗水たらして上っている間に、強者さんたちは不動峠を2回上れます。すごーーい

 不動峠を上ってすぐに、次の風返し峠めざして上ります。休みなく上るのは初めてです。だんだんに足が踏ん張れなくなり、心臓も、ちとつらくバクバクに…

 そして、最後の風返し峠頂上手前の坂がけっこうきつい。隊長「最後だから、ここはしっかりスピードを出して行きましょう」とハッパ掛けてくれるのだけれど、もうスピードが出せない。ノロノロと上るのみ。megさんはこのあたりから、果敢に攻めてダッシュでガンガン上っていきます。さすが、やっぱ、地足が違いますねぇ

 ショップに帰ってお会いしたアイアンマンT子さんのアドバイスによると「この坂は、ヘロヘロに疲れている人と、元気な人にきっちり別れるの。ヘロヘロしている人は倒れちゃったり、変なコース取りをするから気をつけてね」とのこと。いやー、ヘロヘロしている人に入ることは確実だなぁ。(彼女は、2年前にスニーカーで参加して2位だった、すごい方なのです)。

 1時間ちょっとかかって、無事にゴール!完走しました。ほっ。
大きなガマが山の頂からお迎え。

 

そして、山ぶどうソフトクリームも!当日もちゃんとあることを確認。ゴールの楽しみができました。

 空模様が心配で、すぐに下山。上るのは大変だったけど、下るのはあっという間。やっぱ下りは気持ちいいねぇ。上りの後のお楽しみは、これに尽きます

 お昼は「すずかけ食堂」(だったかな?)。肉野菜定食にありつき、

見事なカツ丼を拝見し…

無事に試走ライドは終了しました。

完走できて安心しました。ブービー賞以上は狙えるとお墨付きもいただきました。
一緒に走ってくださった皆様、本当にありがとうございました。レース前にこんなに丁寧に教えていただけるなんて、感謝感激です。おかげさまで、なんだかぐっと楽しみになってきました。 あとは、健康管理と、お天気になることを祈るのみ。

 

コメント (8)