ninjinぽたぽた日記

ぽたりんぐ--気ままに自転車に乗って出かけたい。

被災者支援の輪

2011-03-28 22:58:32 | 

 フランスの友人、エレーナが東日本大震災の応援サイトを紹介してくれました。がんばれって。

Des images pour le Japon TSUNAMI 津波

http://cfsl.net/tsunami/

フランス人イラストレーターが中心となって立ち上げたサイトで、いろいろな国のイラストレーターさんたちが、この震災に向けての作品を発表し、支援を模索してくれています。
イラストを見ていると、悲しみへの共感、慰め、応援…いろんな声が聞こえてきます。ありがたいです

絵、音楽、演劇…、などなどの芸術は、私たちに力を与えてくれます。

 でも、今は、電車が止まることを怖れ、計画停電に翻弄され、家にいることを望む人が多く、また、主催者側も、何かあった場合のことを考えてライブ、コンサート、展示会などが次々と中止になっています。今はまだ余裕がない状況だけれど、いつか必ず、芸術の力を必要とする時が来ると思います。それまで、関係各位の方たちには、がんばってもらいたいな

 私たちゴスペル隊も、フリーマーケットに参加して、売り上げの3割を、東日本地震の被災のために寄付しようと考えています(7割はチャリティコンサートのための軍資金です)。青空ライブもします。販売品募集!冷やかし大歓迎!

   5月7日(土) 10時~15時 in 埼玉スタジアム2002
  
主催:
リサイクル運動市民の会

  

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

震災から10日

2011-03-20 22:08:47 | 

【3月11日(金)】
 銀座で研修中、今までに経験したことのない嫌な縦揺れが起こり、なかなか揺れはおさまらず外へ避難。しかし、ビルが頑丈だったせいか、深刻さはあまりなく、新宿の事務所へ戻ろうと銀座駅へ向かう途中、街路樹が傾き、救急車のサイレン音がいくつも響き、ヘルメットを被って呆然と立ちすくむ姿の人を見かけ…。「東京湾に津波がきます。高さは1mの予想」。との防災アナウンスが街中に響き…、これは、ちょっとまずいことになったのかも、と認識。

 電車は動いておらず、仕方なく、三越デパートで電車の動くのを待つことに。しかし、3時間たっても電車は動かず、携帯電話もつながらないまま…公衆電話頼りに自宅へ電話を入れると、「今日は電車が動かないことに決まった。東北地方は津波で大変みたいだ」とのことでびっくり!銀座でひとりぼっち、このまま帰宅難民になっちゃうかも、とかなり心細くなりました。同僚や友人から「大丈夫?」のメールに元気づけられ、なんとか文京区に住む妹と連絡がとれ、歩いて向かうことに。途中の道は、ビルからガラスが落下して危険な箇所もあり、大勢の人が歩いていました。銀座線は動き始めたとの情報。コンビニに食料はほとんど残っていませんでした。

 1時間半かけて妹の家にたどりつきました。あぁ、良かった。
エレベーターは動かず、13階はちと遠い。余震でかなり揺れる中、テレビでは津波に流された町の映像が流れ、その悲惨さを初めて知って、驚愕。現実とは思えない惨憺たる景色に言葉が出ません

 私は、帰宅難民にはならずにすみましたが、同僚は職場に泊まったとのこと。
後から聞いた話では、段ボールに寝そべり、新聞紙をかけて眠ったそうで大変だったろうなぁ

【3月12日(土)】
 妹宅の揺れは大きかったようで、食器棚が向かいの流しに向かって倒れ、シンクのところで止まり、斜めになったまま。これでは食器棚にふさがれて台所は使えないし、冷蔵庫までも行けない状況。なんとかしないと、とSOS 、我が家からK太君が駆けつけてくれました。電車もかなり復旧しているとのことで、こちらも安心。
 スニーカーを履き、軍手を手に、3人で食器棚を持ち上げて、定位置に戻しました。大事にしていた食器はかなり破損していました
 また倒れては困るので、防災グッズを買いに徒歩で量販店まで。防災グッズはかなり無くなっていましたが、つっかえ棒、ふんばる君などを購入して設置。 任務完了で、やっと自宅に戻りました。やれやれ。
 うちでは置物が数個落ちた程度で、割れ物もなく、インフラの異常もありませんでした。

 夕方には、予約していた歯医者さんにも行けて、日常のことができてほっと安心

 でも、今日は自転車で東松山を走る予定だったのに中止となってしまい、残念
スポーツを楽しむということは、平和でないとできないことなのだと実感。

【3月13日(日)】
 幸いなことに、家族は全員無事でした。次なる震災に備えて、連絡をとりあう方法について家族会議。NTTの「171」防災伝言ダイヤルの使い方を両親を交えて確認。しかし、高齢の両親はちゃんと使えるかなぁ…。

 またお世話になるかもと、妹宅に羽毛布団などのお泊まりグッズを送りました。

【3月14日(月)】
 電車のダイヤがかなり乱れているそうで、仕事はお休みに。また帰宅難民にはなりたくないです~。ちょほほ。

 スーパーでは品物がなくなっているらしいとの情報を得て、買い出しに。
確かに完売品多し。お餅が買いたかったのだけれどなくて、代わりに主食となる乾麺のおそば、スパゲティ、ラーメンを購入。さらに、野菜お魚を数種、そして鶏肉をお買い上げ。牛乳もなかったなぁ。レジも大行列でした。トレペを4つも抱えて帰る人を見て、びっくり。買いだめは止めようよ~。

 震災の翌日あたりから、フランスの友人たちが安否の確認、原発トラブルについて尋ねるE-maiを送ってきます。そのお返事を書きましょう。フランス人はフランス語しか話せない人もたくさんいます(英語は義務教育ではありません)。なので、フランス語でのお返事を、がんばって書くしかないのです。しかし、語学は大の苦手。10年以上、フランス語をたらたらと学んでいますが、いまだに3歳児未満程度でしか読み書きできません。はーー、悲しい
 辞書を引いたり、翻訳サイトに助けてもらったりしながら、近況報告を書き始めました。

【3月15日(火)】
 通常どおりの出勤。電車のダイヤは、わりと順調です

 計画停電が始まりました。うちは夜7時~9時の担当。最寄り駅からの車での帰り道、街灯も信号がついていない中、運転するのは危険きわまりない感じ。ほんと、よく見えません。特に無灯火の自転車が危ない小さい道から大きい道を突っ切ることは至難の業。ドキドキハラハラ、やっと我が家に到着。ほっ。疲れた~。

 暗闇の中、ライトを照らしてお夕飯づくり。ご飯は炊いておいてもらったので、おかずだけ。野菜を茹でたり、残りもののシチューを温めたり、と簡単に。キャンドルを灯して、でも、暗闇ではやることもなく、なんだか疲れて爆睡しちゃいました。安全に眠れるところがあって、幸せです。

【3月16日(水)】
 ジテツウ開始。ガソリンを節約しなくては。ジテツウ用に改良したアンカーで、浦和美園駅まで約6kmの道のりを行きます。ここ1年はほとんど車で通勤。車の方が速くて、お天気を気にせずに使えるから、というのが理由。
 しかし、自転車で走ると、やっぱり気持ちいい。今日は、お天気もばっちり!やっぱり、自転車はいいよな~。真冬の気温とのことでしたが、走っていけば、そんなに寒くないし、春の花が咲き始めていて楽しい。ロウバイ、桃、彼岸桜、白もくれん、菜の花の黄色も鮮やかで、元気をもらえます。

 人間が制御不可能となる原子力に頼るのはやっぱり良くない、人間は自然の豊かさに感謝して、限界を認識して謙虚に生きていくのがいいんじゃないかなぁ、そんなことを思いつつペダルを漕ぎます。どうか、安定した状態に戻りますように。

【3月18日(金)】
 フランスへの手紙がやっと完成。文法、スペルもメチャクチャだけど、ま、だいたいわかるでしょう。えいっ、送信
 すぐに「ありがとう。安心しました。元気にがんばれ。日本を応援しています。」といった趣旨のメールが返ってきます。世界中の方たちが日本を心配し応援してくれている、援助を申し出てくれている、そんなニュースを聞く度に元気づけられます

【3月19日(土)】
 横浜まで所用でおでかけ。渋谷からの東急線は各駅停車しか走っておらず、元町もさびしい人通り。ショッピングや食事を楽しむという雰囲気になりにくいのも事実。早く原発が落ち着いて欲しい。原発で必死に大災害を食い止めようと決死の覚悟で働いている方たちに、心から感謝です。しかし、もっと迅速な対応ができないものだろうかと、もどかしい。

 相変わらずGSでは、行列が絶えないとのこと。うちの近所では、翌朝のGSの開店を待って夕方から夜通しで車が数十台も並んでいます。異常です

【3月20日(日)】
 さいたまスーパーアリーナに避難してきた方が2300人を越えました。何かお手伝いできることがあるかと思い、福祉協議会のHPを開くと「ボランティアは充足しています。20、21日募集はしません」とのこと。ニュースでも、1000人ものたくさんのボランティアが出て、子供たちとの遊びコーナーを作ったり、入浴を提供したり、温かいものを配ったり…そんな心温まる状況が放送されていました。良かった良かった

 被災された方々に心からお見舞い申し上げます。今、私ができることは、節約、節電、買い占めしない、風評被害に流されない、冷静に対応する、いつも通り仕事をする、といったことでしょうか。

 つくばでもインフラが止まるなど、大変でしたね。大洗、那珂湊も大被害だったようで、悲しい光景がTVで流れていました。幸い、茨城の自転車仲間は、無事で、良かったです。早く、また自転車で茨城の田舎道を走りたいです。

 がんばれ、東北地方   はぁ、長文でした。読んでいただいた方にも感謝。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

牛久へ

2011-03-06 22:54:10 | ぽたりんぐ

 いいだっちさん、Kさんと一緒に、久しぶりに走りました。Kさんとは、半年以上走っていないかも。ちょっと寒いけど、お天気は晴れ。風は、やや強し。風を避けて、牛久方面へ出発!
洞峰公園が整備されて、走りやすくなっていました。農業団地は、杉の大木の並木を通って気持ちいい。

約1時間走って、牛久沼に到着。風のために水面が凪いでいます。いつ来ても静かでいい雰囲気です。このあたりの道は林に囲まれており、風の影響を受けにくいので、今日のような日にはぴったり。さすが、いいだっちさん。ありがとう。

ここまで来たら、お昼はやっぱり「うなぎ」でしょう。豪華~。
「大橋」さんです。炭火で焼かれた柔らかいうなぎにあっさり味のタレがからんで、とっても美味しいです。

田んぼの先につくば山が蒼く、少し靄がかかって見えます。

うなぎを食べて、今度は珈琲とデザートをいただきたいと、オメガに行きましたが、あいにくお休み。土曜日も定休日になっちゃいましたか?

では、近くのパン屋さんに行きましょう、ということで、天然酵母、石窯焼きの"アンリエッタ"に寄ることに。でも、完売!!。まだ2:30なのに…残念。人気店なんですねぇ。

では、夕方まで焼きたてが食べられると評判の"クーロンヌ"に行きましょう。

 

 店内は、大混雑。値段が安いのに、ちょっとビックリ。カレーパン100円なんて、都内では、まずお目にかかれません。「焼きたてですよ~」という店員さんのかけ声も威勢よく、パンの違いをお聞きすると丁寧に教えてくださいます。
 無料の珈琲をいただきながら、テラスでパンが食べられます。うれしい。うなぎ食べたばっかりなのに…ねぇ。2種類いただくことに。
 クリームの入ったメロンパンは、1日400個も売り上げるという大人気商品だそうです。でも、チョコチップといちごの入った焼きたてのフランスパンの方が、すっごく美味しいと思いました。やっぱり、焼きたてが一番なのですね。もっちりしたパンの甘みがしっかり味わえます。チョコといちごの組み合わせも、Good!

 ショウジさんご推薦の、"コーヒーファクトリー"もすぐこの近くということで、おねだりして寄ってもらいました。珈琲豆を焙煎する、ふくよかな香りが店内に広がっています。

穏やかな表情のマスターFさんは、自転車にも乗られていたそうで、SRM参加も数回あるとのこと。でも、お忙しくなってしまい、今は乗られていないそうで…、残念です。

  

私は、エスプレッソをオーダー。酸味のパンチの効いた味でした。

Kさんは、カフェカプチーノ。美しい模様が目にご褒美。そして、すっごく美味しい!とのことで、いいだっちさんも「やっぱり、いつも家で飲んでるのとは違うなぁ。美味しい珈琲はどうしてこんなにストンと素直に胃に落ちていく感じなんだろう。すぐに飲み終わっちゃった~」とのこと。同感です。

今日のライドは、50km。こんなにあちこち寄れて、まったり楽しく走れて、一定の速さで走れたのでkさんのリハビリにもなったようで、バッチリなライドでした。

もうすぐ、自転車に楽しい季節になりますね。

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

東京マラソン

2011-03-04 23:09:53 | MUSIC

東京マラソンに参加してきました!

 

ここは、40kmの地点です。

ゴール目前なので、ランナーの皆さん、疲れてはいるものの気持ちにちょっと余裕がある感じです。完走できたら、すごい達成感を味わえることでしょう。

去年までは、東京マラソン=悪天候。なのに、今年は珍しく、晴れ。風もなく、とっても穏やかで、ぽかぽか暖かないい天気。でも、ランナーにとっては体温調整が難しかったのではないでしょうか。特に着ぐるみの方は、かなりしんどかったことでしょう。そう、仮装しているランナーがけっこういらして、すごいなぁ。私が、もしフルマラソンを走るとしたら、走ることだけで手一杯なはず。それプラス、自分も周りも楽しませようという余裕があるなんて、すばらしい。

私たちは、この40km地点で、歌で参加です。ゴスペルを歌って、ランナーの方々を励ますという大役です

数年前にも、荒川マラソンで歌いました。この時は、「ランナーのみなさんは、走ることに必死なのに、歌を聞いて励まされたりするのかなぁ。どうなんだろう???」と疑問だったのですが、いざ、歌ってみると、ランナーの方々がとっても笑顔になります。足取りも、力強さが増したように感じられます。さらには、歌の合間に「がんばってくださいーーい」などとお声かけすると、手を振ってくれたり、「おおー、がんばるよー」なんて応えてくれます。なんだか、とっても嬉しくなっちゃう。

マラソンをやっているオサムソンさんにもお聞きしたところ「そう、すごい力になるんだよ~」とのお言葉。やっぱりそうなんだ-、お互い元気をもらえるんだ、と実感。

なので、今回は、最初っから気合いが入っています。もしかしたら、テレビ中継があるかも…。

出番は、3時15分~。のんびりランナーさん向けの時間帯ですね。
曲目は、 1.Hallelujah(ハレルヤ)、 2.Oh Happy Day、 3.The First Star(上を向いて歩こうよ)、 4.Souled Out、 5.Bridge Over Troubled Water(明日にかける橋) の5曲。元気が出そうな、アップテンポ、パワフル、けっこう有名、な曲ばかり。

歌い始めると、やっぱり、です。ランナーの皆さんが手を振って応えてくれます。すごく良い笑顔。歌って、人を元気にするものだなぁ、と実感。もちろん、歌った私たちも元気になります。ランナーの皆様、ありがとう。沿道の応援の方々も、楽しそうに聞いてくれて、拍手をいただきました。うれしかったです。

最終ランナーが通り過ぎました。みんな「がんばれーー」と大声援。足をひきずって痛そうでしたが、ゴールするぞ、という決意が全身から溢れていましたので、きっと完走されたことでしょう。すっごいヒーローですね。

その後を、警察車両などが通過。
この自転車部隊さんたちは、救護班なのでしょう。BMWのかっちょいい自転車に乗っています。いいなぁ。来年は、この自転車に乗ってみたい

月島が近かったので、もんじゃで打ち上げ。お疲れさま~。
明太子、桜エビ、イカスミ、青のり…、いろんな味付けやトッピングがあって、それぞれ美味しい。特に、大人数で行くと、ほんと、いい感じ。わいわい、おしゃべりしながら食べると、距離が縮まり、和みます。

   

デザートもあるのです。

クレープみたいな生地に、あんこや杏を巻いていただきます。うーーん、満足。

残念ながらテレビ中継はなかったけど、とても楽しく、うれしい、東京マラソンでした

 

コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加