ninjinぽたぽた日記

ぽたりんぐ--気ままに自転車に乗って出かけたい。

奥武蔵

2007-07-29 22:28:57 | ツーリング
 奥武蔵に出かけました。アップダウン含めて68kmも走りました。

 道の駅いちごの里よしみ-武蔵丘陵森林公園-うどん「甚五郎」-お豆腐やさん(豆乳ソフトクリームが美味しい!)-パン屋さん「アライ」(ロードの人を応援・歓迎してくれる温かい心意気のパンやさんです)-物見山-道の駅いちごの里よしみ のコースです。あ、食べ物やさんしか、よく覚えていません。
 
 今日は、N先生のご指導のもと、ストレッチを入念にしてから出発。
 途中の緑の美しいこと!川のほとりを走る時の爽快感は、たまりません。

 うどん「甚五郎」の前でS子さんとパチリ。ここの「つけカレーうどん」が美味しかった!体力を使ったからだに栄養がしみこむ感じです。

 

 物見山にも行きました。よくロードのレースなどに出る人たちが練習で走るコースを初めて走りました。最初はちょっと大変でしたが、後は思っていたほどのこともなくてゴール!

 

 一緒に走ったN先生が「ずいぶん走れるようになりましたねえ」と感心してくれました。 これもジャイアントギアと、いつも一緒に走ってくれるみんなのおかげです。

 最後に、みんなでN先生と一緒にストレッチして、からだを伸ばして楽になって解散。みなさん、お疲れ様でした!また美味しいものを求めて走りましょう。

 
コメント (4)

7/22 埼玉スタジアム フリマ

2007-07-24 00:52:51 | NRP
 ニューオーリンズ復興プロジェクト(NRP)のフリマを埼玉スタジアム2002で、7月22日に行いました。うだるような暑さの中、日焼けしつつ、みんなでがんばりました。

 2005年の8月末、カトリーナ台風がニューオーリンズを襲い、膨大な被害が。そして、NRPの活動は2年ということを目処に始めました。そして、2年目のこの10月に淡野先生たちが、ニューオーリンズを再度訪問するので、その時に義援金を渡してもらって、一区切りということを考えています。

 さあ、10回を数えたフリマも最後です。50円~100円の値段で勝負です。安いとあって、他のブースよりも大勢のお客さんが来てくれます。ゴスペル隊も、家の中をきれいにする最後のチャンスとばかりに、良い品をいろいろ持ってきてくれます。jarakoさんも手作りのビーズアクセサリーを出品してくれます。「ニューオーリンズに売上げは全額寄付です!皆さん、買ってください!安いですよー」と売り子さんで声を張り上げてくれる仲間もいます。

 そして、主催者、リサイクル運動市民の会の方のご協力のもと、ライブもします。歌で社会に何かを還元していきたいという思いが叶う時です。NRPの会長さんでもある、淡野保昌先生が指揮です。淡野クラスの生徒はもちろんのこと、同じヤマハでゴスペルを習っている、副田先生のクラスの生徒さんも応援にかけつけてくれます。ありがたいことです。

 


 曲は、"I Can Not Tell It All"、"Again I say Rejoice"、"世界にひとつだけの花"、"Bridge Over Trable Water(明日にかける橋)"の4曲です。思いをこめて、一生懸命歌いました。立ち止まって聞いてくださる方、募金箱にお金を入れてくださる方、本当にありがとうございました。

 今回の収益は、12万7,262円という素晴らしい結果となりました。ご協力くださったすべての方々に心から感謝、お礼を申し上げます。参加された方々、本当にお疲れ様でした。

 さあ、先生、義援金を持ってニューオーリンズに旅立ってくださいね!私たちの思いを一緒に持っていってくださいね!
コメント (2)

蕎麦茶房 楽

2007-07-16 09:32:43 | 
 先週、「蕎麦茶房 楽」へ縁あって再度訪問することができました。

 笑顔で迎えてくれるゴスペル仲間chieちゃんとお店の方々。今日は「ぶっかけ蕎麦」をオーダー。大きく削られたカツオ節と刻み青ネギにとプチプチの揚げられた蕎麦米が麺の上にたっぷりと盛られ、西京味噌がぽんとのっています。麺とよく混ぜて食べます。
 蕎麦米を噛むとカリカリっと気持ちよい音。天かすは、おつゆにつかるとぺしゃっとしちゃうけれど、全然違って面白い!上品な味のお蕎麦が引き立ちます。

 そして、お次はchieちゃんお得意のスイーツ。「お蕎麦屋さんのあんみつ」をお願いしました。薄い茶色のダッタン蕎麦茶の寒天が、ゼリーのようで柔らかです。こんな寒天初めて。あっさり味のあんこ、大好きな白玉、季節のフルーツがトッピングされています。甘さほんのりで、本当に美味しくて、また食べたくなります。

 シェフchieちゃんに渡すと約束したのが、このテングサ。乾燥させているのですが、海の香りがすごい。今は九州にいるchizu様からのプレゼントです。これを煮出すと寒天になるらしい。大量にあるので、欲しい方ははどうぞお申し出ください。



 「蕎麦茶房 楽」にも自転車で来る人が結構いるそうです。都筑区も緑があって、気持ちよさそうなところですものね。今度は自転車でこのあたりを走ってみたいな。

コメント (2)

シエルバンメール

2007-07-12 11:07:13 | ぽたりんぐ
 先日、さいたま芸術劇場のすぐ近くにあるパン屋さん「シエルバンメール」までぽたりんぐに出かけました。見過ごしちゃいそうなくらいのかわいいお店ですが、キリンの絵が描かれた看板が目印です。

 ナビゲーターはY君。オーナーのご夫妻を紹介してくださいます。
 天然酵母だけで作られているパンは、どれもしっかりとした形をしています。いろんな食品から発酵された酵母を、パンにあわせて使い分けているとのことです。
店名のシエルバンメールは、フランス語の、シエル=空、バン=風、メール=海をくっつけたものだそうです。なるほどー。

 今日は、お客様がいらっしゃるので、たくさん買えます。よもぎパン、イチジクのパン、トマトとひよこ豆のカレーパン、バジルペーストの入ったマフィンのようなパン、メロンパン、チョコレートデニッシュ、果物のペストリー、天然酵母使用の食パン…目移りして迷っていっぱい買いました。

バケットは昼の12時の焼き上がりということで、残念ながら、買えませんでした。次回、必ず!

 そして、お店の前で焼きたてのクロックムッシュをパクリ。ハムをサンドした薄切りの食パンにチーズがたっぷり盛られてこんがりとした焼き色が食欲をそそります。うーん、良い香り!これで160円はお買い得です。

 他にY君お勧めの焼き肉やさんを案内してもらい、新都心を通って帰りました。やっぱり、ぽたりんぐには、美味しいモノが似合いますね。  
 
コメント

自転車オーダー

2007-07-09 23:24:10 | ProjectM
 ついに、自転車をオーダーに行きました。
 "Sports Bike Tsukuba Matsunaga" の松永さんにお願いします。自転車を買って、1年ちょっと。そろそろオーダーしても大丈夫かな、と思って、決断!
オーダーしたい理由は…身長150cmの私にあうロードの自転車が、あまりたくさんないということと、健康のためです。
  
 松永さんが、身長や手の長さ、肩幅などを計測してくれました。はあ、ちっちゃいなあ…。

 「色やデザインは、自由にできますよ。車の色などで気に入ったものがあれば、カタログなどを持ってきて指定してくださいね」とのこと。カラー見本から何枚かサンプルもちぎってきました。「"PROJECTM"のロゴもどこに入れるか、自由に指定してくださいね」と言われて、もらったシートがこれ。忌野清志郎さんと、同じロゴの自転車だなんて、まあ

 オーダー依頼の人がたくさん待っているので、5ヶ月待ちだそうです。その間にデザインを考えるのも、楽しみのひとつです。贅沢なひとときですねえ

 オーダーした日の松永さんのブログに、私のことが書いてありました。 
「以前スーパジャンボスプロケットをとりつけてお礼にスズランをいただいたK西女史からもバイクのオーダーを頂きました。
小柄な女史にあったバイクをどうつくるか、きっとボクの製作履歴ではいままでで一番小柄ではないでしょうか。
こちらも設計にはちょっと格闘が必要ですね。
いいものつくりましょう。」
 うれしいです。
 よろしくお願いします。

コメント (2)

七夕

2007-07-08 20:14:28 | 
 七夕といえば、あの二人…そう、ゴスペル東京所属の二人が全く同じ40ウン年前のこの七夕に生まれました。名付けて「七夕シスターズ」。おめでとうございます。お二人にとって、この1年が素敵な年でありますように。


 このケーキはBORAちゃん夫妻が二人のために注文しました。歌っている顔が可愛いでしょ。味も良くて、集まったみんなが幸せのお裾分けをいただきました。

 BORAちゃんといえば、その前日に荻窪のライブハウスでミニライブがありました。応援にかけつけた淡野先生も「BORAちゃんの歌には、人の心の琴線にふれる何かがあります。貴重な歌い手ですね」なんてべた褒め。私も彼女の歌が大好きです。これからもいろんな歌にチャレンジしていってほしいし、CD発売、なんてことになるともっと嬉しいな。


 今回のライブは、セッションライブでもあり、いろんな楽器の演奏が楽しめます。トランペット、テナーサックス、エレキギター、ベース、ドラム、どの人も本当に上手で、初めて聞く曲でもその曲の輪郭がわかると即座にいい演奏、ひいてはソロがとれます。その巧さ、音楽センスの良さに圧倒されました。我が家からもK君が応援に参加。水を得た魚のように楽しそうに生き生きと演奏をしていました。
 レゲエの神様ボブマーリーのバックを務めていたというベーシストの方も飛び入りで登場。客席のみんなが踊ったり、ステップを踏んだりで、賑やかに楽しみました。
 てんこ盛りの濃い内容のエキサイティングなライブ--次回も楽しみです。
コメント (5)

岩槻へ

2007-07-01 23:28:41 | ぽたりんぐ
 きょうは、接骨院のN先生つながりで、ご近所の皆様と、岩槻までぽたりんぐに出かけました。約1年前に「膝のためには自転車がいいから、やってみませんか?」と私に自転車を勧めてくれたのがN先生で、ずっと以前から一緒に走ろう!といっていた約束がやっと実現しました。

 今回、私が「どうでしょうか」とコースを提案。そして、トライアスロンにがんばっているIさん+Sさんご夫妻、自転車を始めて間もないYさん親子、にんじん組Aちゃんの8名が集まりました。20代~50代と年齢は幅広いのですが、私とAちゃんを除いたメンバーは、みなさんけっこうアスリートです。見るからに筋肉が違う…

 きょうのお天気は。雨は降らなさそう…。よかった。

 見沼氷川公園→見沼代用水西縁→見沼通船堀→見沼代用水東縁→見沼自然公園→七里総合公園→岩槻へ→岩槻の駅近くのカフェ「空」(ここでお昼)→岩槻城跡公園→岩槻文化公園→梅林公園→しらこばと水上公園近くの「水庵」→浦和美園駅前→見沼氷川公園 約45kmのぽたりんぐです。

 見沼通船堀は、私が来た1年前より、水がきれいになっているようでした。数年前から、生活排水を出さないようにしているとのこと。いいことです。

 見沼自然公園では、睡蓮が真っ盛り。水面の大きな緑の丸い葉の間に、白、ピンク、濃いピンクのツンと尖った花が上を向いて、ゆらゆら揺れています。「地元なのに、ここにこんなきれいな睡蓮がたくさん咲いているなんて、知らなかったわー」と、感嘆の声々。涼を呼ぶ美しさです。


 岩槻に向かう途中「あそこがぼくの工房です」とプレハブ小屋を指さすIさん。Iさんは陶芸家で、土の温かさが伝わる器を焼かれます。工房には狸も遊びにくるそうです。このあたりは、まだ自然がたくさん残されていますね。

 岩槻の「空」(Kuu)でお昼。蔵を改装したお店で、白い漆喰の壁、深い茶色の柱と天井に、どっしりとした家具が配置されており、落ち着きのある上品な空間をつくり出しています。1階でパンやお菓子を焼いて販売、2階はカフェレストランです。<本日のランチメニュー:ピーマンと枝豆とジャガイモのスープ+トマトとタマネギのサラダ+プレート(ローストチキン、季節の野菜のつけあわせ、オムレツ)+コーヒー+デザート> さらに焼きたてのパンが食べ放題という、贅沢なお食事です。

 デザートは、私たちが自転車で来たことを知ったお店の方が、こんな素敵な絵をチョコレートとジャムで描いてくださいました。まあ!一同感激、大満足です。


 岩槻城跡公園で、城の門跡を見たり、赤い欄干の下にぎっしりと咲く睡蓮に見入ったり…。ここは、ちょっとした森林浴もできます。気持ちいいなあ…。親子連れがたくさん遊びにきていました。

 ここから、元荒川のサイクリングロードに入るのですが、何の標識もなく、国道16号線のあたりをウロウロ。サイクリングロードに入ったー!と思ったら、木の根っこがむきだしのすごく細い道で、ロードには不向き。そこで岩槻文化公園の中を走りました。広い総合公園で、テニスコートなども充実しています。
 
 ここから、大野島水管橋に出るまでも大変 田んぼの中のすごく細いあぜ道を通ったりもします。どこがサイクリングロードなのかさっぱりわからなくなって、みんなで地図を見ながらウロウロ。一同すっかり冒険モードに。小学生時代を思い出します。
「ねえ、サイクリングロードって曲がらないでまっすぐだったんじゃない?」「うーん、そうかも」「でも、ま、とりあえず行ってみて、ダメだったら引き返しましょうか」「そうですね」「あ、ほらほら、やっぱりここでいいんだよ。ほら、橋が見える!」「あ、本当だ」…「あれ?え?行き止まりみたい....やっぱり橋まではいけないよお」「引き返すしかないなあ」、本当に引き返すとは…「となると、こっちだねえ」…「あ、見えた!橋に行けるよ!」「あ、よかったー」。
ねえ、ルート考えたのだれ?

 水管橋を越えても、一般道を一部通ったりしないといけないので、本当にややこしい。N先生が上手に地図を読んでくれて、なんとかまたサイクリングロードに戻りました。「今日は下見ということですねえ」「はい、今度デートで来られる方のためのぽたりんぐです」なーんて感じになっちゃいました。 でも、誰も文句も言わずに、楽しそうにいっしょに道を探したり、ついてきてくれます。ほっ。

 越谷の梅林公園に行き、しらこばと水上公園の隣にある「水庵」で休憩です。「水庵」では、冬季に自然に外で凍らせてつくった秩父の阿佐美冷蔵の氷を使ってのかき氷が食べられます。早速、水庵オリジナルのシロップ「ぶどうとセロリ」のかき氷をお願いしました。一口食べてびっくり!すごい!美味しい!ぶどうのシロップはワインが効いていて、上にのったゼリーのセロリのちょっぴり苦みとシャキシャキした食感がとってもマッチしていて、大人の味です。氷もジャキジャキしていなくて、ふんわりとした食感で優しい気持ちになります。グルメのY君も大感激の様子で良かったー。



 出発して7時間後に、整骨院に戻ってきました。走っている時間は3時間くらいだったそうで、残りは休んでいるか食べているかのどっちかで、美味しいものが一番!という正真正銘のぽたりんぐでした。お店の情報を提供してくださった方々に、心から感謝です。

 ぽたりんぐの後は、疲れが残らないようにとN先生がストレッチを教えてくださり、二人一組で足やお尻の筋肉をじっくり伸ばして、帰りました。本当に楽しくて有意義なぽたりんぐでした。 皆さん、お疲れさまでしたー。

コメント (6)