ninjinぽたぽた日記

ぽたりんぐ--気ままに自転車に乗って出かけたい。

ゴスペル東京チャリティコンサート

2007-05-27 14:54:31 | MUSIC
 第8回ゴスペル東京チャリティコンサートが、中野ゼロホールで昨日開催されました。2階席までお客さまにいらしていただき、とっても感謝です。

 毎年、収益をチャリティ団体に寄付しています。「緑の地球防衛基金」「日本国際饑餓対策機構」「Make a Wish」「日本点字図書館」の4団体と「ニューオーリンズ復興基金」です。
 私たちの収益金の他に、当日は、各チャリティ団体がブースで物販、募金、使用済みカード等の収集をしています。また、コンサートの中で活動を報告していただき、私たち自身がとても励まされます。

 淡野先生が、歌を歌うことで誰かの役に立てることほど幸せなことはない、ということで始まったコンサート。今年もたくさんのお客様の善意に支えられて、とっても有意義なものとなりました。 ご協力してくださった皆様、ありがとうございました。

 私は今回で5回めの出演。早いなあ…いつもはクワイヤで参加でしたが、今年は意を決してソロにも挑戦。
 曲はカート・カーの "In The Sanctuary"。
 単純にみんなでワイワイやると楽しいんじゃないかしらと思って始めたのですが、いざ、やってみると、すごーーく大変。 あまりの難しさにびっくり!

 例えば、たった3フレーズをcallするだけなのに、今まで考えたこともやったこともないので、全部♪キンコンカンコ-ン♪のチャイム風にしかならなくて…あああ…情けない。歌のセンスも独創性もないことがばれちゃいます。

 この2ヶ月間、ソロのメンバー4人で集まって練習しては、「ダメ出し会」で意見交換を繰り返し、どうしたら格好良くなるかと試行錯誤の連続。
 「もっと抑揚を付けて。聞いている人は同じcallじゃ面白くないよ。」「入るタイミングがずれているなあ。こうだよ。はい、そこで入る!」「音程がおかしいから、もっと周囲の音を聞いてバンと入る」「そこは、シャウトで叫ぶ!歌わなくて良いから。はい、叫んでみて。」「もっと英語はしっかりと。」--本当にいろんなアドバイスをもらいました。初めてでなんにもわからない、できない私に根気強くつきあってくれました。ほとんど毎日Sanctuary漬け。そのおかげで他の曲は、ほとんど練習する余裕がなく… クワイヤの皆さんに助けてもらいます。

 「私たちソロは、クワイヤとコール&レスポンスをするんだよね。でも私たち4人でもコール&レスポンスするんだよ。お客さんともコール&レスポンスだよ。コールしたのに、相手がレスポンスしずらいというのは、まずいよね。両方が一体となって、どんどんその輪が、エネルギーが大きくなっていくように歌っていこうね!」と、大先輩のboraちゃんが大事なことを教えてくれました。

 英語の発音も、にんじん組AちゃんとメンバーのFUさんが指導してくれて、唇噛んだり複式呼吸で音を出したり、で、英語って疲れる言語なのねえ。本番で頭が真っ白にならないよう、寝言でも言えるようにしましょう、と駅のホームで電車を待つ間も詩をブツブツ言っては、隣の若者に変な目で見られたり…。

 そして、迎えた本番 おかげさまで本当に楽しく歌うことができました。私たち4人は今までで最高のパフォーマンスをお客さんに見せることができたと思います。クワイヤともソロのメンバーともコール&レスポンスができ、そして、お客さんとも…。
 jarakoさんとKnさんは、一緒に歌うboraちゃんのところまで、いい度胸で舞台を歩いて場を盛り上げたりもします。かっこいい!4人の声のバランスも良かったのではないかしら。一緒に歌う3人を見てすごく幸せな気持ちにもなりました。
 私は、実は、途中台詞がすっぽり抜けちゃったりもしたけど、へへ… 
 一生懸命に練習した甲斐があって、本番が一番良かった、とゴスペル隊にも言ってもらえて、嬉しかった!そしてホッとひと安心。よく4人でがんばりました。

 たくさんの方に応援していただき、フォローしてもらって、本当にありがたい経験でした。どうもありがとう。一生の宝物のひとつですね。
コメント (12)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <グラハム・トーマス>

2007-05-12 23:58:08 | ガーデニング
 ⑩家の2階まで、どんどん成長してきています。横に誘引しないと、屋根までいっちゃいそうな勢いで、タフな頼もしいばらです。カップ咲きの見事な黄色が目をひきます。有名なオールドローズの研究家の名前にちなんでいます。

 以上、①から⑩まで、庭のばらの紹介でした。他にもまだ少しあるのですが、昨日の強風で元気がなくなってしまったり、日頃の手入れが行き届かず、咲かないかもー、、というのも少なからず。

 とにかく薔薇は手がかかります。数年前に凝っていろいろ買ったけど、農薬をあまり使わずに育てるのは、本当に大変です。庭にはシジュウカラの巣があったりもするので、自然に育てよう、と思うのですが難しいですね。

コメント (9)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <白雪姫>

2007-05-12 23:47:59 | ガーデニング
 ⑨アイスバーグとも、シュネービッチェンともいうフロリバンダのひとつです。8cmくらいの真っ白い花が、今から11月頃までずーっと咲き続けます。育てやすく、明るい緑色の葉も美しいです。大好きなばらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <スパニッシュビューティとスノーグース>

2007-05-12 23:41:31 | ガーデニング
 ⑧アーチの上の方でピンクのひらひらした感じのばらが、スパニッシュビューティーです。一季咲きなので、今しか楽しめません。うなだれたように下に向かって咲いているので、なんとなくはかなげです。その下の薄いクリーム色の小花が「スノーグース」です。イングリッシュローズ、ランブラーでありながら繰り返し花を付ける珍しい品種です。病気に強いのが何よりうれしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <コーネリア>

2007-05-12 23:36:07 | ガーデニング
 ⑦コーネリアだったかなあ、名前がうろ覚えです。アプリコットピンクの小さな八重咲きがとても可愛らしいです。ツルがどんどん伸びて、いい感じにフェンスにからまっています。北側にも強い、という評判どおりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <ゼフィリーヌ・ドルーアン>

2007-05-12 23:33:09 | ガーデニング
 ⑥ぼたん色のような深いピンクのつるばらです。裏のフェンスにからめていますが、今年は数が少なくてさびしいです。花もちょっと小ぶりかも…。もうじき枯れちゃうのかもしれません。花は5cmくらいなのですが、個性的な印象深いばらです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <プリンセス・オブ・ウェールズ>

2007-05-12 23:26:28 | ガーデニング
 ⑤「故ダイアナ元妃の10年以上にわたる英国肺病基金の活動に対し、英国女王がハークネス社の最新の純白のばらに、その名を付けることを許可したものです。本品種の売り上げの一部はハークネス社を通じて同基金に寄付されます」と白いのには解説があるのですが、我が家のは同じ名前でもピンクと黄色なので、慈善事業には役立ってないみたい。とても豪華で門の前にバンと存在感たっぷりに居座っています。秋は、本当に美しく、お后さまというイメージにぴったりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <チャイコフスキー>

2007-05-12 23:13:00 | ガーデニング
 ④これも作曲家にちなんで名付けられました。柔らかなクリーム色が美しいです。秋にもたくさん花を付けてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <ヨハンシュトラウス>

2007-05-12 23:08:58 | ガーデニング
 ③「美しき青きドナウ」などで有名なロシアの作曲家の名前にちなんで命名されたヨハンシュトラウスです。しっかりとした花つきで切り花として重宝します。大輪ですが、品がいい感じ。今年は特に大輪に育ちました。見事!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ばら <ピンク>

2007-05-12 23:05:09 | ガーデニング
 ②ピンク色の美しいフロリバンダローズです。とっても丈夫で毎年よく咲いてくれます。ピンクの縁取りが美しく、4,5輪かたまって咲きます。四季咲きで秋も色っぽくてきれいです。近所の方からいただいたもので、名前がちょっとわからない…。
コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加