虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

戦場のピアニスト(ウワディスワフ・シュピルマン著/春秋社)

2004年12月04日 | 
 今更なのだが、「戦場のピアニスト」原作のほうを読んだ。
 この20世紀の悲劇の重みには、どうにもすぐには処理しかねるものを抱えさせられてしまう。
 映画を見た直後には、それについて、どうこうとはとても書けなくて、やはりワルシャワ出身の作家のシンガーの本について書いたりしてました。(よろこびの日
 映画のほうは、レンタル含めて5~6回見ているのだけれど、この本は映画と感じるものが微妙に違う。
 シュピルマン自身の手になるこの本では「復讐・裁きの要求」が感じられない。ただただすさまじい現実が、淡々と記され、そのまま読まされてしまうが、映画を見てからだとその場面がフラッシュバックしてその悲惨を(とても追体験できるようなものではないが)突きつけられる気分。あのダンスのシーン…映画では時間をそれほどとれないが、どれほど長時間やらされたか。キャラメルのシーン…片隅の死体置き場…時々吐きそうになった。
 原作と映画で印象が違ったのは、ドイツ軍のホーゼンフェルト大尉。大尉の日記も本に入っているが、「良心的なドイツ人」が、いかにナチスを嫌悪してもその波に呑まれ、結局代償を払わされることになったかの記録であり、読んでいて痛ましく苦しい。しかし、日本でも戦後巣鴨で絞首刑にされたなかにも、こういう人たちはどれほどいただろう。

 以前、息子のクリストファー・スピルマン氏の書いた「シュピルマンの時計」を読んだときには戦後のこの本をめぐる共産主義下の社会でのドタバタも記されていた。この本を映画化するに当って、主人公は労働者でなくてはまずい、とか。この凄まじい悲劇さえ、ずれたイデオロギーの餌食になるのだ。

 本の中で登場しては去っていく人々の様々に、結局人間自分の行動を選ぶのは自分なんだ、と思わずにいられない。ヤヌシュ・コルチャックの姿はこの本でも美しい。シュピルマンの逃亡を助けた人、告発した人、戦った人、強いものに擦り寄った人、ひとりでは出来ないことをナチスの名の影でやってしまった人…

 ひどい生活の中で、最後まで自分自身の思考を守り続けたシュピルマンにも感動した。ホーゼンフェルト大尉に自分の名前を告げるところでは、彼が生死のぎりぎりのところでも、状況を把握し、個人対個人としてドイツの将校に相対している。あのピアノのシーンより、本ではこちらのほうが印象に残った。

登録ブログランキング
人気blogランキング
元祖ブログランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 英語でよむ万葉集(リービ秀... | トップ | アバウト・シュミット (2002... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も観ました。読みました。 (るうるう)
2004-12-10 01:45:38
 私も観ました。映画。一生覚えている映画のうちの一つになるでしょう。

 DVD買って観てしまいました。

 観た後は感動(今時「愛」と同じくらい安易に使われて価値が落ちている言葉ですが…)のあまり、半年ほどはまってました。

 

 ご本人の原作、それから息子さんの著書も読みました。

 原作を併せて読んで、やはり確信したのは、「○○として生きる!」という己に対するアイデンティファイの力、自負心が如何に生きる上で強力な存在であるか、ということです。シュピルマン氏の内面を支える力にもなり、支援を得たのもそれが故だったな、と。

 息子さんのご著書により、戦後の氏の生き方を知りやはりこの人はピアニストとして生き、ピアニストとして生涯を全うした人なんだと確信しました。

 (この「○○として生きる」力、気合いというものは、この映画に関して言うとポランスキー監督とか、主演のエイドリアンアン・ブロディーに関しても見いだせるとおもいますが…どうなんでしょう)

 

 『戦場のピアニスト』

 だと、新潮社からロナウド・ハーウッド『戦場のピアニスト』脚本が出ていますね。

 あと、私サントラとシュピルマン氏本人による演奏を収めたCDを買いました。



 なんだか長文で済みません。
はじめまして (ningyo)
2004-12-10 08:34:10
コメントありがとうございます。

そこで立ち止まって考えさせずにいられない力を持った映画でした。

私の場合は、その個人の生きる意志も

その人自身のアイデンティティの堅固さも

もちろんですが

それ以上に、その人なりの行き方で

生きて、そして死んでいった多くの人を思いました。

Unknown (るうるう)
2004-12-10 21:27:22
 そうですね。たしかに出てくる人それぞれがそれぞれの考え方や生き方や、あるいは抗い難い縛りやそれを越えようとする力を持っていたような気がします。



 
ありがとうございます (ningyo)
2004-12-11 07:40:04
こちらからもTB返させてください。

まだまだ①ということなので

続きを楽しみにしております。

」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

戦場のピアニスト (BLOG DVD)
1939年9月、ポーランド。 ナチス・ドイツが侵攻したこの日、ウワディクことウワディスワフ・シュピルマン(エイドリアン・ブロディ)はワルシャワのラジオ局でショパンを演奏していた。 街はドイツ軍に占拠され、ユダヤ人をゲットー(ユダヤ人居住区)へ強制移住させる
2003年ベストシネマ15 (京の昼寝~♪)
2003年は年間108本の映画を劇場で鑑賞しました。 その中から僕なりにランキングしてみました。 あくまで僕の勝手なランキングなのでご参考までにm(_ _)m  ①おばあちゃんの家  ②クジラの島の少女  ③北京ヴァイオリン  ④戦場のピアニスト  ⑤ティアーズ・オブ・ザ・
『戦場のピアニスト』① (菊花亭窓下記)
 近々テレビ放送されるらしい。もうそんな時期になったか(映画館上映から日にちが経ったな…)。    この映画について書くと、えらいことになってしまって、誇張表現でなく本当に夜が明けてしまう。  だから、細かい記事はまた後日…。  もし私が今、適当(いい加減)