虫干し映画MEMO

映画と本の備忘録みたいなものです
映画も本もクラシックが多いです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2046(2004/香港)

2004年11月26日 | 映画感想な行
監督: ウォン・カーウァイ
出演: トニー・レオン 木村拓哉 コン・リー フェイ・ウォン チャン・ツィイー カリーナ・ラウ チャン・チェン ドン・ジェ マギー・チャン

 過去に囚われた一人の小説家が近未来を舞台にした物語を執筆、次第に小説家の現在と物語の中の未来が時空を超えて交錯していくさまを、美しい映像で綴る。

 上記の文章は、allcinemaONLINEからもってきましたが、木村拓哉主演部分は、特に小説家の心の中をくっきり説明するということでもなかったですね。セリフもっと少なくて映像だけでも良かったかも、と思った。そのほうが非日常感があるんじゃない?ま、一番肝心な秘密を言ってないし。
 音楽良かったです。
 「花様年華」の続きですが、「花様年華」見てないと駄目かというと、そうでもないかとは思います。テーマはけっこう普遍をいってます。
 花様年華では画面の向こう側にあって、見るものの妄想に任されていたラブシーンがあらわになっていて、そのことがチャウの永遠に渇望して、しかしおそらく一生得られないであろう『本当に求める愛』の昂揚と荒廃を物語るようです。(トニーとマギー・チャンは、その画面の向こう側、を十分感じさせてくれたのです)
 確かに「愛は代替品では駄目」なのです。

 「花様年華」でもそうだったけど、チャイナドレスというのは、なんであんなに女性が魅力的になるのか?そりゃ着る人の体型はシビアに要求されちゃうけど。今まで、チャン・ツィイーは「綺麗だなー」と見とれていたけれど、女優としていいっ!と思ったのは実はこれが始めて。やつれてすがれた女がきちんと出来るんですね。思わず今まで実力を正しく認めなくてすいません、と思ってしまった。コン・リーは貫禄でした。フェイ・ウォンきれいですねえ!

 何よりもトニー・レオンの映画なのでした。
 トニー・レオンという人には、R・キャパの如き、女性をして磁石の前のゼムクリップと化してしまうオーラがある。(こう思ってるのは私だけか?)キャパと違うと思うのは、陽性でなくて、ノワールなムードがあること。
 これほどノワールで情緒のある俳優が、今ほかにいるだろうか?崩れてもそれが陰影となり、その翳が情緒になる。
 けっこう身体が見えてしまうの役だったけれど、役なりのほどよいからだの緩みようもさすが!筋肉魔人だけがスターではないのだ。シンガポール時代のトニーのワイシャツのしわにしびれ、彼のすいさしのタバコを拾って隠匿したいっ!など危ない気分にさえなる。ご本人に触れたらきっと感電死です。

 木村拓哉は別に悪くありませんでしたが、共演の皆様に、目力とか負けがちなので損かも。

 本日ご近所での公開最終日なのでまた無理して行っちゃって、自分で自分を追い込む私なのであった…
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 「ジョヴァンニ」が見たい! | トップ | 2046を一日置いて »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
満喫してますね~ (chishi)
2004-11-26 15:50:35
トニー様を(笑)

独特の色気がありますよね、トニーって。

なんだろう…ゲイの人の色気にちょびっと似てるかしら?

…なんて言ったらningyouさんに叱られる叱られる(汗?
この書きようは (ningyo)
2004-11-26 16:00:39
自分でも危ないかも…と思います。
それでも~ (cyaz)
2004-11-27 13:55:03
TB、ありがとうございましたm(_ _)m

こちらもTBさせていただきました。



『花様年華』は観てましたが、

・・・やっぱダメでした(笑)

チャン・ツィイーは色っぽいけど、

彼女、この役気に入ってたのかなぁ。。。

Unknown (ningyo)
2004-11-27 16:36:14
私は、恋愛映画として

ウォン・カーウァイ監督の映画として

トニー・レオン鑑賞映画として

思いっきり楽しんで来ましたが…

チャン・ツィイーについては

書いた通りすごく感心なんですけど

彼女の持つ女優イメージとしてはどうなんでしょう?
こん (ケイティ)
2005-09-21 18:45:28
TBさせていただきました

&TBありがとうございます!

トニー様ちょうカッコよかったですよね!

実わ、今までトニーのかっこよさ

わからなかったんですけど

この映画で惚れちゃいました!
こんにちは (ningyo)
2005-09-22 05:52:17
こちらこそありがとうございます。

若いころの彼には、今ひとつ魅力感じなかったのですが

「花様年華」からじわじわときて

「インファナル・アフェア」とこの映画の

彼の哀愁にノックダウンでした。

映画感想な行」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

『2046』 (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
レイトショーで観てみました。 そして…感想なんですが…こりはフランス映画だったっけ?と、何度思ったことか! 音楽が、凄く気持ちいい…すごく印象に残る。 キネマっぽいというか、イタリア映画っていうか。 …芸術作品っつーのでしょうね、多分。こういうのを。 使い込
『2046』 (京の昼寝~♪)
■監督 ウォン・カーウァイ ■キャスト トニー・レオン/木村拓哉/コン・リー/フェイ・ウォン/チャン・ツィイー/カリーナ・ラウ/チャン・チェン/マギー・チャン 1967年香港。ひとりの男が2046年を舞台にした近未来小説を書いている。 タイトルは「2046
「2046」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
昨日に引き続き、ファボーレTOHOで『2046』を観てきました。 監督は「ウォン・カーウァイ」、主演は「トニー・レオン」、共演は「チャン・ツィイー」「コン・リー」「フェイ・ウォン」「カリーナ・ラウ」「チャン・チェン」そして「マギー・チャン」・・・忘れてました&「
映画「2046」。チャン・ツィイー、いつのまにか少女は (Jalan Straight View通信-競馬と陽水とStevieに溺れる日々-)
難解。要するに香港の源氏物語か。主役のトニー・レオンの周りに美女が入れ代わり立ち代わり。にも関わらず本人は凄く苦悩。チャン・ツィイーの溌剌とした演技が救い。
『2046』(4回目) (ぺぺのつぶやき)
『2046』(1回目の感想) 『2046』(2回目の感想) 『2046』(3回目の感想) ネタバレです、注意 映画『花様年華』で愛した、夫のある女性(スー・リーチェン)。 彼女を愛しながらも結ばれることはなく、逃げるようにして香港からシンガポール...
2046 (ケイティの映画的生活)
レントラックジャパン 2046 あらすじ…  1967年の香港。新聞記者から物書きへ転向したチャウは、  これまで何人もの女たちと刹那的な情愛を繰り返していた。  ある日、彼はとあるホテルの2046号室に泊まることに。  そして、宿泊先のオーナーの娘ジンウェン