気分はいつも、私次第

希(まれに)の好きなモノだけを集めた、わがまま部屋。
私次第の、私のための場所。

令和でお会いしましょう

2019-04-27 14:53:39 | 思ったこと
さて、今年のGW、多くの方が10連休、だそうで。
勿論、そうでは無い方々も大多数います・・・・

10連休を歓迎する声、不要だという声、困惑する声・・・・つまりは大合唱で(笑)


以前にも書きましたが
私にとって平成は我慢や大変さ、というような時代でした。
ちょうど結婚・子育て、の時代で。
同時に、子供ではなく大人として扱われた時代。
つまり・・・・全てにおいて責任があった時代、になる。

楽しいこともいっぱいあったが、
今思い返すと、やはり・・・大変だったと思う。

平成の終わりに・・・・白姫様が私のもとから去って行った。
私の相棒だった姫・・・・
何度も何度も姫の存在に助けられた。

新居への引越し・・・・子供とは別れることになった。
と言っても、平成の最後の最後で、長男のことでアタフタしていた。


そんなこんなで・・・・令和は、文字通り新たな一歩となってしまった。


今現在 ホントにこの瞬間思うことは…

全く本が読めない・・・・読みたいが・・・・読みたい読みたい。
妖怪「本読み」とは、私のことだ!!とか(バカ・笑)

ナチス関連は、やりたいことが沢山ある。
“長いナイフの夜”をもっと吟味したい。
絶対面白いって!!!!(何叫んでるんだか・笑)

それに・・・・ザイスとヒムラーの共通点って?とか・・・
正直、共通点などあってほしく無いわ~とか(笑)

それにねぇ・・・・カール・ヘルマン・フランクも、もっと追及したいのよね。
おっと、追求ならザイスもだわ!!!」」
・・・・・・・・・失礼・・・・熱くなってしまいましたわ(笑笑笑)

それに・・・・最近は『姫川玲子シリーズ』ですか??
ドラマの『ストロベリーナイト』の原作シリーズです。
これも・・・・読んでいます・・・・ナチスはどーしたよ??(笑)


そして・・・・なになに?
平山夢明さんの『ダイナー』が映画化?
ちょっと待て!読んでいないわ・・・・
って、平山さんの本、全部読んでいるわけではないが(苦笑)
読まねば・・・・
古本で購入しても新刊購入しても、あまり変わらん・・・・
よし!地元の本屋さんに在庫あったわ。買うべし!!

んで、澤村伊智さんの新作、もう発売になっているよね?アララ・・・・・

ちょっと~今北欧モノで、面白いモノ見つけてしまった・・・・


・・・・・・やめます・・・・・(ペコリ)


ではこんな具合で・・・・また、令和で、お会いしましょう。
フォイルさんも書けるかどうか?
書けても連休明けですわね。

では皆様。
平成から令和へ。








自分の限界を知る目処として

2019-04-26 14:42:20 | 思ったこと
大げさなタイトルですが、自動車の運転のことです。

昨今、自動車事故の報道が・・・・多いです。
色んな事件が、毎日毎日報道されています。
時々「こんなニュースをトップで出すの?」と思う時もありますが
こういう日は・・・・
大きな事件や事故、災害が無かった(?)のか?と
ちょっと安心する気持ちもありますが・・・・

池袋の自動車事故・・・・母子が犠牲となりました。
その事故だけではなく・・・他にも自動車事故の死亡事故もあります。
もう事故なの?事件なの?と思いたくなるような場合もあって。

特に池袋の件では、ネットでも連日書き込みが止まりません。
私は書き込みませんが、
書いてあることには、同意する気持ちもあります。

高齢者の交通事故。
高齢者が歩行者として犠牲になる場合もある。
高齢者が自動車を運転して起こる事故もある。

私が住むド田舎では、自動車は必須。
もう「ひとり1台」状態でも、不思議ではない。
高齢者も運転しています。

でも・・・・地元ニュースでも、高齢者の運転話題は多く取り上げています。
が・・・・高齢者ドライバーって、自信満々の人が多い気がする。
この強気発言は、TV撮影だから気勢をあげているの?
それとも、本当自信満々なの?
と、視聴しながら頭の中で判断・・・・できないわ(笑)

高齢者は、自分の衰えを自覚できない。
これも、もう浸透している考えです。
そうなのよ・・・・老いは・・・いきなりではなく、ゆっくり訪れる。
昨日できたのだから・・・今日もできる(だろう)

話は横道になるが・・・・
毎日鏡で自分の顔を見ている。
20代からいきなり60代になったら?昨日は20代。今日は60代って感じで。
これには、耐えられないだろう・・・・と想像するだけでわかる。

同様に、高齢者ドライバーも、そう考えるのだろう。
昨日は大丈夫だった。だから今日も大丈夫。

・・・・・・最近車の運転をする時、信号の確認はさらに慎重になっている。
そして、歩行者がいないかどうかの確認も・・・・さらに慎重になっている。

TVの中の高齢者ドライバーのように
「運転に自信があります」「大丈夫、大丈夫」なんて言えない。

さて・・・・もうドライバーの大部分はAT(オートマ)車でしょうかね。
高齢者ドライバーの事故に関して
「もうMT(マニュアル)車にしろよ!」の声もある。

確かに・・・・私はMT車ドライバーです。
オッ!ではなく・・・・軽自動車ですので、走り屋さんではない(笑)
ついでに言うと、MT車しか!運転できない!!
つまり・・・・
私は「AT車が運転できないから、MT車を運転しているオバサン」である。

私が運転免許を取得して・・・その後AT車がダダダッと増えてきて。
友人たちも、AT車に替えたよ~AT車楽だよ~の大合唱。
私も、その頃結婚が決まっていたので
「ウン、結婚する時にAT車に買い替えよう」と思っていました。
ところが・・・・まぁ婚約中に2回交通事故に遭いました。
どちらも私が被害者で・・・当てられたのよね。
今思うと・・・・当時では十分高齢者の仲間であったろう60代の女性に。

最初の事故は、交差点で赤信号で停車していた時。
後ろの車が、当たって来たのだ。
相手もスピードは出ていない・・・・停車していていきなり発進したらしい。
詳しいことは端折るが、
この女性はAT車に替えてから数回同じような事故を起こしていたらしい。
女性の任意保険担当者が、明かしてくれた。
(だから、示談で・・・・って流れで)
もうね、ブラックさんだったのよ。
何度注意しても・・・・同じように急発進でぶつかる事故を起こす。

AT車って、制御不能?と思いましたね。
もちろん、ちゃんと制御している人が大多数なんですが(苦笑)
でも私の頭の中には、AT車は難しいんだ、という認識が根付いてしまった。

2回目の事故も、これまた高齢女性。
今度は、側面から・・・・これもスピードは出ていなかったので(ホッ)
横道からいきなり飛び出してきた・・・・
私の走っている道路の方が優先なので・・・・
でも、私も走っているので、100%相手が悪いにはならないのよね~。
この女性は「止まろうとしたが、止まらなかった」ということで。
・・・・・・最近MT車からAT車に替えたらしい。

この2つの事故から、どうも不器用で運動音痴な私には
AT車は難しいのでは?という結論に至り・・・・新車もMT車に(笑)
その後、MT車が続いています。

もうそろそろ・・・・最後の車の買い替えが、現実味を帯びている。
夫は「もうAT車にしよろ。楽だって。簡単に操作できるよ」
というが・・・・
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」報道の連発は、私を恐怖に陥れる。

だから・・・・今度もMT車だ!
夫が反対するのなら・・・・もう自動車に乗るのをやめよう。
と言ってもネェ・・・・大都会じゃないんだから、苦労するに決まっている。

ニャンコズの病院も行けないよ。
買物も・・・・簡単にはいかない。

でも、AT車で事故を起こしたり、その結果他人様に御迷惑をかけるよりも
マシではないかい?
そう思っている。

それに、MT車の操作に苦労し出したら・・・・
それが、私のドライバーの終わり、なんだと思う。
私にとって、自動車運転の限界なんだと。

そう考えている。







食べて寝る、そして身体を動かす

2019-04-25 16:28:29 | 思ったこと
大型も大型!のGWがもう直ぐ!で御座います。
勿論平成から令和へ~があっての大型連休ですが。
って、退位が&即位が、なんですがね(そうだよね)

では今のうちに書かないと・・・・

長男のことです。
先日ちょいと書きましたが・・・・
その後のことを。

うつ状態だと連絡を受け、帰宅した長男。
夜に帰宅して・・・・翌日は食べて機嫌よくでしたが。
2日後、朝から嘔吐発熱下痢、とトリプル状態で。
嘔吐よりも、いきなり高熱が出て、これはちょっと焦った。
その後徐々に回復してきて・・・

それまで食べていないから、体力がないのよね。
歩くのも難儀そうで・・・先ずは食べて寝て・・・・お散歩だわ。
家の近くに小学校があって・・・・
長男が散歩していると、女の子達がサササ~って逃げていくんだって(笑)
多分不審者情報が出回っていると(笑)

そりゃ、若い男性が小学校や公園近くをウロウロしていて
しかも平日だし。
危険視するのも当然だわ。

と、長男が徐々に慣らし運転している最中に!
今度は夫がいきなりのトリプル状態=嘔吐発熱下痢
これもいきなりで・・・・
こちらもいきなりの高熱。
これで夫は3日間会社を休みました。

でね・・・私は2人のお世話係りなんですが・・・・
義父がね・・・・ほら、私に「どうなっているんだ!」的発言で。
かなり詰問風だったので・・・・ムカつきました(はい正直に)

義父の世代は、会社を休む=敵前逃亡並みの重罪って意識らしい。
でも、今は
「フラフラで出社しても周囲に迷惑」が王道。
義父には理解できないようで・・・・
私は、退散しましたが。

そうやって・・・・慣らし運転の長男でした。
もう自分は県外に行くのはイヤだって。会社に主張。
上司と電話でやり取りしていました。

今週初め、再び仕事場の県外へ。後始末に。
昨日帰宅しました。県内の本社(正しくは支店ですが)に勤務となって。
自宅の近くでアパートも借りる算段をしています。


食べれなかったし、眠れなかった。
食べられないから、炭酸飲料飲んで出社していたって・・・・コレには泣けた。
もうね、普通のこと、考えられなかったんだなって。
コンビニでおにぎり買って食べてもよかったのよ。
それを指摘すると「そんなこと考えなかった」って・・・・涙・・・・

寝れない。仕事の責任を考えると、もう目が冴えて。
結構お気楽な性格だと思っていたのに・・・追い込まれていたんだね。

自宅の近くならば、食事などなど・・・・時々来ればよいし。
・・・・・・・正直、その方が私も夫も安心だし。
長男もメリットがあるし。

なぜかネェ・・・・長男は地元に居たいんだって。
このド田舎に・・・・県庁のお役人さんが泣いて喜ぶわ。
次男のように、ド田舎に見切りを付けて出て行く若者が多いのにね。

「俺は長男だし」って、宛てにできない言葉だわ(笑)

それと・・・・ひとりは寂しいんだって・・・・ハァ・・・
これは夫に似たと推測。夫が、そういう人だから。
次男は・・・・私だな(笑)

子供ってこういうこと、面白い。
夫似、私似・・・・が根拠なくクルクルあちこち出てくる。子供の中に。

うつ病だったのか?と問われると・・・・専門家の医師がそう診断したのだしね。
確かに追い込まれていた。
そのままだと、もっと悪い方向にいっていただろうと思う。

もっと早くSOSを出してくれたら・・・・とも思うが
この段階で出してくれてよかった、とも思う。

それと・・・・長男は運動系の本から。
私は精神科医の本から。
の、情報なのだが・・・・同じことに行き着いた。

運動。身体を動かすこと。
身体の健康が、精神の健康に。
精神の健康が、身体の健康に。

まぁね~自分の心にある程度余裕が無いと、運動しようと思わないし。
運動したいと思う時は、心も余裕があるってことだし。

運動カァ・・・・
長男は、長年ジムに通いしていました。
が、こんなに頻繁に県外に行っていると・・・・辞めてしまった。

仕方ないが・・・・今からジム通い再開すると、言っている。
それは良いことだわ・・・・ウンウン。

大変だったけど。今からも大変だろうけど。
親ができる事は、もう限られている。
そして、限らねばならない。

・・・・・・余談だが・・・夫もとうとう、ジムに行くと宣言。
このオッサン体型に、歯止めを・・・・
会社や病院での健康診断で「痩せれば改善する」と言われ続けてン十年(笑)
とうとう・・・・長男に触発されて・・・・

「一緒に行くぞ」・・・・ヘッ?私も???
運動音痴で、本読みなんですが・・・・
お付き合い?続かないから?そんな理由で・・・・

は~い・・・・・

しばらくは、どう考えても2人しか住めない自宅で
長男と同居生活です・・・・


猫が怖いんだって(笑)
長男はブルー王子に戦々恐々で御座います。









自分に合うものを自然に選べるのは・・・・

2019-04-24 14:26:01 | 思ったこと
ふ~ヤレヤレ、で御座います(ペコリ)

色々ありますが・・・・ちょっと異なる話題で(ペコリペコリ)


私はメイク用品は、プチプラが基本(自慢ではない・笑)
私の頭ン中では、高価なメイク用品で効果があるのは当たり前。
出ない方がおかしい・・・・というか怒るし(笑)
プチプラを吟味し、
「この価格で、この効果が!」と思うことが私の使命で(違う違う)

最近もあるプチプラ・ブランドから、口紅が新発売されました。
ちょっと見ようかな・・・・と近くのショッピングセンターへ。
このブランドは扱っているが、新発売口紅は見当たらない。
売り切れたかなぁ~と思い、度々見に行くが・・・無い。

田舎街だからネェ・・・・
そのブランドがどこの店にもある訳ではないのよ。
とはいっても、通販で飼うほどのモノでも無いし・・・・

1~2ヶ月ほど、探す日々が続きました。
先日、あまり行かない場所へ行って・・・
その近くのドラッグストアに入り、探すと・・・あった!!

ヘェ~これかぁ~と。
仮に7番&8番&9番、としておきます(ホントは全然違うよ)
3種類・・・・
7番と8番が1本ずつしか残っていない。
そして9番は8本ほど残っている。
ということは・・・7&8が人気なのね~と単純に考える。

さて口紅のお試しですが・・・・
昔々はテスターの口紅を、自分の唇に塗るのが当たり前でしたが。
今は・・・・そんなこと、しないよね。
私は、「この紙でお試し下さい」と書かれている紙にスッと付けて。
その紙から自分の手の甲に塗って・・・色を確かめる方法です。

3本それぞれ・・・・手の甲に付けて吟味吟味。
・・・・・・なんか9番がイイ感じでは?と思う私。
でも人気無さそうな色だよ・・・・それでイイのか?
いくらプチプラでも・・・・考える。
でもでも、やっぱり9番だよ、と9番を手に取り会計へ。

自宅へ帰って、色々用事を終えて・・・・早速購入した9番を試す。
ウンウン、まぁこんな感じだよね。
と、予想していた色合いで、満足。

でもプチプラだから、色落ち早いよね~と思い
ササッとネットで口コミ情報を調べる。

色んな口コミが。多くの人は7番&8番を購入しているようだ。
納得納得・・・・
その口コミの言葉の中に、イエベ、という文字が多く出てくる。

イエベ、ブルベ・・・・初めて聞いたとき、なんですかコレ?でしたが(笑)
俗にいうパーソナルカラーのことで・・・・
イエローベース、ブルーベースの略ってことですね。

今はもうちょっと・・・・辟易している雰囲気もあるようで。
私も知った時は「それって・・・ホントかいな?」と思いましたが(笑)
あるTVの情報番組で、このパーソナルカラーの専門家が登場して
イエベとブルベ、それぞれ選ぶべきメイク用品カラーやファッションについて
説明していました。
その中で、視聴者からのメッセージ紹介のコーナーで
「好きなもの、好きなカラーを身に付ければ良いのでは?
 イエベ、ブルベに振り回されすぎでは?」
との意見が紹介されて・・・・私は大笑いしてしまいましたよ。
画面の中の専門家の笑顔も、ちょいと引きつっていたような?(笑)

今ではイエベ春、イエベ秋・・・・などなど
さらに細かく分けているとか。
スゴイって・・・・ネェ。

さてさて口紅の口コミを読んでいると
どうも7番と8番は、イエベさんに似合うカラーということらしい。
でもコレって、メーカーがそういう風に言っているの?
それとも専門家?売り場のお姉さん??とか・・・・(笑)

それに反して9番の口コミが出てこない・・・・
オッやっと出てきた・・・・
ン?9番はブルベさんに似合うカラーと書かれている。

そんなこと、自分で分かる・・・・分かるよね~。
似合わないカラーの口紅って・・・・唇だけ主張している。
そこだけ・・・・私じゃないって感じで。
軽くつけているだけなのに・・・・そんな目立つの?って問いたいくらいだ(笑)

私は、パーソナルカラー診断・・・ってネットの簡略版ですが・・・・
ブルベです。ブルベ冬、らしい。
この診断を、専門家にしてもらう人もいるとか。
いや私は・・・・そんな資金はありませんし・・・・ネェ(笑)

フ~ン・・・・勝手に自分に合うと思って購入した9番。
誰かが証明してくれたわけではないが・・・・
自分で自分に合っているものを選べたってこと、だよね。
それは・・・・嬉しい。単純に嬉しい。

今回はプチプラの口紅。
それでも、テンションはあがる。


人生・・・・毎日・・・・選択の連続だ。
その中で、どれだけ自分に合っているもの、適しているものを選べているだろうか?

口紅みたいに、直ぐ分かるわけではない。
数日後、数ヵ月後、数年後・・・・いつ選択の結果が分かるかも、分からない。

それでも毎日選択している。無意識に。
それを考えると怖くなる・・・・でもそれが生きることなんだろ、とも思う。




刑事フォイル~反逆者の沈黙

2019-04-22 15:23:19 | 『刑事フォイル』
原題『THE HUDE』
隠れる・・・・というような意味合いでヨロシイのでは?

隠す、もあるかな?

えっと・・・バランスが良いエピソードだったと思います。
今回は、フォイルさんが渡米する前の一仕事ってな気もしますが
フォイルさんの若かりし頃のロマンスも加味していますので
重ねてフォイルさん英国での決算的な雰囲気も出していたと思います。

父親が渡米するのに
アンドリュー(でしたっけ?)=息子は、どーした??とも
思いますが・・・
アンドリューに代わり(スマン)ジェームズが息子役をやっていますし
まぁまぁ良いんじゃないの?とか思ったり(笑)


大逆罪という「オォ」と思わず身を乗り出す(スマンです)言葉が!
イイところの坊ちゃん=由緒正しき家柄の御子息であるジェームズ・デベローが
まさかの!ナチス・ドイツの一員として、戦っていたとは!
などなど・・・・と・・・・

イギリス自由軍団、ですね。
結構ヒトラーも意欲的だったと記憶していますが。
武装SSの一部隊・・・とはいえ、どこかに属していたかと(記憶が)
思ったほど(苦笑)集まらなかった、と本で読みましたが。
しかし、英国人が!確か英国独自の紋章も装備していたと思いますが。
コレは、やはり当時としては・・・・インパクトあったかと思います。

そのイギリス自由軍団として、祖国を裏切っていた男。
極刑確実・・・・ジェームズ自身も言い訳をしない。
弁護士のディーキンは、戦場で負傷し除隊していた。
祖国の裏切者を弁護することに、“何か”を思うのは当然。
しかし描かれているディーキンは、非常に抑制されており
任務を全うするという姿には、目立ちませんが好感を持ちました。

同様にラムジー夫人。
殺されたアグネスを家に泊めていた家主でもあり
またデベロー家に長年勤めていたという、美味しい役どころで(笑)
しかし、ラムジー夫人も、直球的には語らない。
多分、チャールズとキャロラインの不仲を最も見ていたであろうが
そのことは語らず・・・
フォイルの問いかけにも、遠回しに、それでも真相に結びつくように・・・
という、微妙な言葉を発するという美味しい役どころを(笑笑)

大逆罪に問われているジェームズ。
アグネスが殺されるという事件。
この2つがメイン=現在進行形になる事件であると同時に
デベロー家に纏わる、些細なことが・・・・
真実を明かすことにつながり
それは、結局はジェームズの無実を証明し、アグネス殺しの真相に近づくことに。

これらが、とても自然に流れていたと思います。
私としては・・・・珍しく(スンマセン)バランスが取れた良い作品だと思いました。

そりゃ正直、「オォ!!!」というような感動巨編ではありませんが・・・・
静かに「そうね」と納得できるドラマに思えました(花丸ッ)

これ・・・・ジャックという名前ですが・・・
ジェームズ、ジョージ(手紙の封筒に書かれていた人物)そしてジャック・・・・
Jばかりだ・・・・と思っていましたが
ジャック=ジェームズとは・・・・皆さん、分かりますよネェ。
まぁジャック・スタンフォードが登場しましたので
ジャックがクルクル踊っている・・・・踊っていないって(笑)

ジェームズの大逆罪も、アグネス殺しも
ジャック・スタンフォードが、見事に!!(笑=)解決してくれて(笑)
ココは、ちょっと失笑しましたが(ゴメン)
2つの事件を、ジャック1人で負わせるか~って(笑)

まぁ時間も無いし・・・・エッ?
父親チャールズも逮捕しないといけないし・・・・ネェ。

ジェームズの母親キャロラインに対する思慕
そしてフォイルさんの若き日の恋人(でイイよね?)に対する思慕とある種の悔い、
そのような物悲しい雰囲気が、ドラマに情緒を与えていたと思います。


もういちど言いますが・・・・・良作かと(キッパリ)


さてさて・・・・英国の方々も、ヒトラーやナチスに賛同を?
って、フォイルさんのドラマでも、色々ありましたよね。
今回登場のジャックは・・・退屈だったとか、腹が減ったから、など
イギリス自由軍団加入の動機を話していましたが・・・・
これもあったんだろうナァ~って。

国家社会主義の思想に共感する人もいただろうし。
ヒトラー個人を崇拝する気持ちが強かった人もいるだろうし。

ユニティ・ミットフォードという女性がいます。
私も本で読みましたが・・・Wiki情報貼っておきます。


Wiki情報 ユニティ・ヴァルキリー・ミットフォード


有名な女性ですね。ヒトラーも多いに“利用”したか、と。


それと・・・・ナチスに共感する理由で、あまり聞かないのは
共産主義への憎悪、があります。
つまり・・・ソ連(ロシア)と一緒に戦うことへの疑問、です。
ソ連は共産主義?社会主義では?ということは、ちょっと置いておいて。
(長くなるからね・・・・気になったら調べて下さいマセ)

ヒトラーやナチスの方々・・・・まぁ世界の方々も・・・・
ソ連と英国やアメリカが、一緒に戦うの?ということに??と思うってことですね。

ヒトラーもね、個人的にかなり長い間ブツブツ言っていたそうです。
(私が直接聞いたわけではないが・笑)
ヒトラーの頭の中では、英国とドイツが共にソ連と戦う、が
正しい戦争でして・・・どうして?てな思いがあったようで。

今現在から歴史を振り返ると
もう戦後・・・というか戦争中からソ連VSアメリカ欧州ってことは見えてきたので
ドイツに勝つ=ドイツを負かす、ということで一致していただけで・・・・

こういう心理は、ちょっと日本ではあまり重きに置かれないかも?ですが
WW2欧州戦線を考える際には、このことを頭に置くと
また異なるものが見えるかもしれないわ~と思っています。


さてさて、今回のドラマ、冒頭は1945年2月
ドラマ内でも言及されていますドレスデン爆撃、の時ですね。
ジェームズも、この空襲で行方不明になった、と何度も語られていましたし。
フォイルさんは、ラストで
ジェームズはこの空襲で、ちょっと精神的にダメージを受けたのでは、
と謎解きしていましたよね。
その後父親の殺された母親の血だらけの姿が・・・
ジェームズは、その母親の姿を見た、ことが映像で語られます。
その姿は、空襲で亡くなった人々と重なった、と容易に想像できますし。

このドレスデン爆撃は・・・・御存知でしょうか?
よくWW2戦線のドイツへの空襲関係では、必ず語られるものです。

・・・・・・知らない方は、ちょっと調べて下さい・・・(ペコリ)

今現在のドイツにおいて
ドレスデンという街は、ヘイトや移民反対などなど・・・・ネオ・ナチに関しても
かなり、声が挙がっている街と伝えられています。
これはやはりドレスデン空襲が背景にある、と私は思っています。

連合国軍への恨み・・・・・ココまでやるかって。
それが全てではないでしょうが・・・・
ドイツという国を考える上では、絶対外せない街のひとつかと。

えっと・・・・・完全に個人的は意見ですが
まぁド田舎のオバサンが、何言っても・・・・笑

仮に、連合国軍が負けて、ドイツや日本が戦勝国になり
戦争犯罪に関する裁判が開かれたら・・・・
ドレスデン爆撃は、間違いなく非人道的であると糾弾されているでしょうね・・・・


と、いつもならば「覚書」に書くような内容も入っています。
時間がないので・・・・お許しアレ(ペコリ)










何とか

2019-04-20 11:21:57 | 思ったこと
今回の底辺は脱した気がする……

長男&夫は脱したが
私はお約束の発熱でー

昨日朝、義父に
どうなっているんだ、とかなり詰問されて

この年代は
会社休むのは敵前逃亡並みの重罪だから

そして、夫や長男には強く言えないから
私に言うのよね

正直ムカッ💢

でも今朝は私は身体は辛いが
気持ちは大丈夫、と思う
だから、自分を信じられる

オーバーだが

来週誕生日なのよねー


スマホから投稿

いっぱいいっぱい

2019-04-18 22:37:37 | 思ったこと
長男が帰宅して休んでいます

食べて寝て
でも最初は嘔吐発熱下痢でフラフラ

でも徐々に快方へ
症状も治り、食事も美味しいと

でも直ぐに改善することはないから
また後戻りしながら、繰り返しで

でも、笑顔で喋っている姿は
ちょっと安心させてくれる

と思ったら、夫がダウン
嘔吐発熱下痢、と長男と同じ過程で

食中毒?とも思ったが
長男と時期が異なるし
私には症状が出ないし

多分長男のこと
心配で心配で、だったのだろうと

私は休むヒマ無くドタバタ

長男は自動車は向こうに置いてきたので
私とショッピングモールへ
リハビリ兼ねて買い物へ行く

最初はフラフラしていたが
今日はかなり普通になっていた

長男、夫の世話や相手
黒姫様、まだ、病院通い
自宅ではブルー王子と睨み合い
その仲裁やお相手&なだめで

つまり〜私はいっぱいいっぱいなのだわ💦

アーーー💦

長男が軽い鬱と、診断された
その前から自覚症状はあったらしい

私は白姫様が天使になってから眠りが浅い
夜中に何度も目が覚めてしまう

そして、現状で……
正直、弱ってしまった

初めて、リラックス効果を謳うサプリを飲んだ
気休め、だと分かっているけど
私が精神的にちょっと弱った自覚があって

つまりは、いっぱいいっぱい、なのよね

気持ちにちょっとでも良いから
余裕が欲しい
そう思ったから




今私の側で寝ているブルー王子です
私も王子にくっついて寝ます…

寝れるとイイなぁ、と願いながら💤💤💤



スマホから投稿



刑事フォイル~差別の構図

2019-04-15 13:21:01 | 『刑事フォイル』
ウェスカー少佐
「誰かの死を望んでいるわけじゃない。
 うそじゃありません。
 ただ・・・最後に欲しかっただけです。
 自分に・・・ちょっとしたご褒美を・・・・
 それくらい許されるでしょう。
 こんなに頑張ってきたんだ・・・ダメか・・・」


まぁ・・・吹き替え担当が、てらそままさきさんなので
「はい、犯人決定!」とは思って見ていました(笑)

原題『KILLING TIME』 = 暇つぶし 時間つぶし

この原題は
本国への帰還を待つアメリカ兵が、暇つぶしに行っていた
賭けボクシングなど、さまざまな暇つぶしが舞台となって~もありましょうし
また~まぁウェスカー少佐は、
給与を盗むことも、
マンディに関係を強要し、そして脅され殺すことも
あまり負担に思っていない・・・・
ちょっと語弊があるかもしれませんが、暇つぶし程度だったのかも。
私は最初、このウェスカー少佐の心理を、暇つぶしと当てはめたのですが
どうでしょ?一般的じゃないのかな??

そういう感じのラストに思えました。

ただ・・・・KILLING TIMEのKILLは、やはり凶悪さがあるので
単純な暇つぶしとは、またちょっと意味合いに含みがあるように考えた方が
ベターではないか、と私は思っております(ペコリ)

ドラマは、アメリカ軍の基地に駐留するアメリカ兵たちの姿。
そして黒人(ここではこう記します)の恋人との間の子供を産んだマンディ。
この2つを主軸として進みます。
横糸には・・・アダムとサムの下宿家に滞在する人々と
マンディに好意を寄せるトミーを配して。

事件としては、戦争成金(失礼)を狙う男女の強盗、
そして途中で殺されたマンディの事件があります。

と言いつつも・・・
どうしても目に映るのは、アメリカ兵の中にある差別の構図。
そのまんま邦題になりますがね(苦笑)
駐留するアメリカ兵のトラブルの苦慮するヘイスティングズのお偉いさん方。
差別ではなく区別だ・・・と言葉を駆使しながら
白人兵と黒人兵の“区別”を町に持ち込もうとする。

カルフーン軍曹を前面に!出して!!
黒人兵への差別と暴力を映し出します。
その差別は、黒人兵ゲイブと英国女性マンディの関係でも同様で。

ゲイブの子と出産したマンディに対する実母の仕打ち。
「そこまで・・・?」と、今の感覚で思ってしまいますが
いやいや当時は・・・
日本でも、アメリカ兵との間の子供達は、同じように差別で苦しんだ時代もあったし。

そのような描写の中でも
ダンスパーティ会場で、壁の花状態の女性たちは
黒人兵と踊ったから、白人兵が踊らないのだ、という説明があり
そこまで徹底か?と思いました。

一緒にアメリカへ行こうと誘うマンディを誘うゲイブ。
娘と一緒に暮らそうと・・・
しかしその夢を現実に戻すカルフーン軍曹。
もしアメリカに帰ったら・・・
白人女性と関係を持った黒人男性はどうなるか?
自分が育った町での出来事を語り、マンディを考え直させようとする。
リンチにリンチが重なり・・・・最後は無惨な死に方とする。
NYだからって・・・・安全だといえるか?

しかし英国も同様。
マンディの娘の顔を見て、「黒人との間に子供を」と嫌悪感を顕にして
下宿家を立ち去る男性。
マンディの母親も同じ。
郵便受け(ですよね)から小銭を投げ出す様子は・・・そこまでか?と

マンディと一緒になろうと町に帰ってくるトミー。
元ボクサー・・・しかし兵役を拒み労働奉仕に行っていた。
帰ってきても、町の人々の視線は冷たい。
トミーにはトミーなりの理由がある。
WW1で兵士だった父親は、帰還後自死を。
母親も同様・・・・戦争が全てを奪った。戦争など無ければ・・・
しかし国の自由と正義のためにと信じ戦った人々
また家族を戦地で失った人々は
そのようなトミーの言葉に耳を傾ける気もなさそうだ・・・・

また強盗を行う夫婦。
他人の不利をして下宿家に滞在している。
片手を失った男性が発するのは、戦争の無惨さと・・・
「そうして自分が・・・」という世の不条理さ。
その反面戦争で利益を得ている奴らがいることも確かで・・・・

フォイルが
そのような差別や、そして正義を求めて戦ってきたのに
戦争が終わって、戦った意味は?価値は?一体どこへ・・・
という意味合いの言葉を何回か繰り広げますが・・・

う~ん、勝ったから=正義、自分たちが正しいってことになっちゃいますが
本当ですか?って問いもあるかと。
まぁ私は日本人ですので・・・・
もし勝敗が反対になったら
原爆や空襲などなどは、当然非人道的だ犯罪だといわれて裁かれるでしょうし。

勝ったから、連合国軍は正しい・正義だ、は・・・・
と考えてもよいかも、です。


フォイルさんは、いつも以上に目立たんし(笑)
そしてサムのと所に関係者がワラワラと集まるのは・・・いつもどうりだし(笑)

カルフーン軍曹の差別主義がコレでもか!と出てくる~のですが
最後の黒幕で極悪は、ウェスカー少佐で。

記事の冒頭で書きましたが
ウェスカーの異常さが出ていますね。笑顔で語るし。
元々自身が持っていたものなのか?
戦争という経験でこうなったのか?
そこまで分かりませんがね・・・・
まぁ、てらそまさんだし・・・・コレかい???(笑)

ゲイブとマンディの結婚に対して、前向き発言があったので
ラストの「「あんたかい」感はかなりあったかな?
でも、てらそまさんだし・・・・ごめんなさい、てらそまさん(ペコリ・笑)

マンディが殺される展開には、ヘッ?と驚きましたが。
こ、子供は~ですよね。
児童福祉局がやって来ましたが・・・
えっと・・・・一応(でいいよね?)ラストでは
ゲイブが除隊してアメリカから迎えに来る。
その間は・・・ジミーの夫婦を一緒に・・・トミーが面倒をみるって言っていますが。
大変申し訳ないのですが・・・
ジミーって・・・・誰???
というか、トミーが良い人過ぎて・・・・大丈夫か?
ゲイブがキャサリンを引き取りに来たら
「俺は渡さん!」と生き甲斐状態になっていたら・・・とひとり心配で(笑)


う=ん、でも駐留するアメリカ兵に困った困った英国って雰囲気は
ちゃんと伝わっていたなぁ~とは思いましたね。






私は、全くの赤の他人で・・・初対面ですよね??

2019-04-12 13:53:54 | 思ったこと
今夜長男が帰宅するというので・・・お買物へ。
って、今日は行く予定でしたがね(笑)
何を食べるのやら?
でも食べれるのかな?食欲なんてあるの?など考える。

今朝メールしてみた。
返信は期待しなかったが・・・・一応あった。
「お風呂用意しておくね」と書いたら「ありがとう」って。
・・・・・お風呂は入る様子だな・・・と思う私。

さて、買物へ行ったのは、近くのショッピングセンター。
先ずはATMでお金を・・・
このATMスペースは、銀行など数社のATMが並んでいる。
後方にベンチがあるので一旦座って、バッグの中を・・・

と、いきなり!グイッと腕を掴まれた。
なに?と顔を上げると・・・見知らぬシニア女性。
「ごめんなさい・・・ちょっとちょっと」と私を引っ張る。

「なんでしょう?」と私。立ち上がって引っ張られる方向へ。
ATMの前まで引っ張られた・・・この女性が操作していたATMの前に来る。

「いくら押しても(画面をネ)動かないのよ~」
と画面を押す女性。確かに機械は反応しない。
へ?それで私に白羽の矢を??
う~ん・・・・「押していいですか?」と私。
了解を得て・・・「引き出し」の文字を押す。
動く・・・・普通に反応する・・・

「アラ~」と嬉しそうな声を挙げる女性。
「では」とその場を離脱しようとする私に・・・

「ちょっと待って!」とまたまたご依頼が(笑)
「これ、なに?電卓って?」

ハイ?と私・・・・画面を見ると・・・あぁ・・・・
数字を押してパスワードを入力する画面が出ている。
その横に・・・
つまりは、数字の配置を電卓と同じようにチェンジしましょうか?
というATMの思いやり=面倒な、言葉が出ているのだ。

女性は「電卓がどうしたの?一体なんなの?」と
私の服の袖をグイグイ引っ張る・・・

「なにもせず、このままパスワード押せば大丈夫ですよ」と私。
「電卓は何もしなくてイイの?」と女性
「はい、何もしないで大丈夫ですよ」と私。

しかし・・・女性は私の服の袖を引っ張りながら
パスワードを押す仕草を見せたので・・・

「待て!!!」と内心言いながら
ある程度無理やり、そこから離れた。

多分監視カメラはあるだろう。
何か事件発生で、
「女性が何かしているような?」などと疑いを持たれたら・・・堪ったもんじゃない。

ベンチに戻り、再びバッグの中を・・・
と、シニア女性、またまた私の側へ。

「お金下ろせたわ~。ありがとう」と去って行った。

私はまだ下ろせてませんが・・・わざわざご指名いただき・・・・感謝はしないが(笑)


1ヶ月ほど前、同じショッピングセンターへ。
女性のファッションが並ぶ通路をスタスタ歩いていた。
もちろん客はいる。

ン?とちょっと気になる服が目に入った。
ちょっと見てみよう、とスペース内へ入る。
直ぐ近くで、シニア夫婦が問答を繰り広げている。
夫「どっちでもいいよ。どっちも似合うから」
妻「見ていないでしょ。いつもそうなんだから(怒)」

私・・・・関係ありませんよね・・・無視無視・・・

ことろが徐々にヒートアップしてくる声が・・・

無視無視・・・・「あなた、どう思う?」の声が近くで・・・私ですか???

妻さんが私を見ながら、頑張っている。

「あなた、どっちが似合うと思う?」

・・・・・・・知らんがな・・・・・えっと・・・他人ですよね?赤の他人ですよね?
ついでに・・・・初対面ですよね??
と、思わず聞きたい衝動に駆られる私・・・

問われて・・・え~っと・・・・・

夫さん「いきなり言われて、困っているだろ」と。
そう、困ります・・・

って夫さんがちゃんと対応していれば私に被害は・・・

その間にサッサと離れました。

またまたそれより以前だが、
このショッピングセンターのスーパーの調味料やスパイス売り場で
「あなた、どっちが美味しいと思う?」と聞かれたことがある。
勿論初対面の赤の他人さんだ・・・・知らんて・・・・

そのような過去も振り返りながら・・・・
・・・・・・・・・・このショッピングセンターって、危険が一杯だわ・・・
と思いながら、スタスタ歩きました。

こういうお話です・・・・なんなの一体???(笑)



弱っちゃったのかなぁ~

2019-04-11 14:28:04 | 思ったこと
昨日の朝、いきなり他県に長期出張中の長男からTEL。

何事!事故??と、画面に長男の名が見えたときから、不安感満載。
・・・・・・これは、息子ズからのTELでは、いつもなのだがね。

結局・・・・ダウンしてしまった、と。
心身に・・・・ということでした。

多少、うつ気味とも言われた、と。
彼は、自分で判断して精神内科に受診したみたい。

そして一昨日、もうダメだと判断して。

いまはウィークリー・マンションに住んでいるのだが
仕事で同じく長期出張中の上司に言って。
今は、会社が色々手配しているようで。
そして昨日の朝、私に連絡を。

週末に帰るから。
って自分で運転はしない・・・・しないで~(懇願)
会社の人に乗せてもらって帰るらしい。

夫が「迎えに行こうか?」と言ったのだが
それは拒否されたようで。

食べれない眠れない。
食べなきゃ・・・ネェ。

と自分でも思っていたんだろ。
まぁウチで休んでおくれ。

・・・・・長男の会社は、若手が辞める&精神的にダメージがかなり多い。
だから・・・と言っちゃ怒られるだろうが
テキパキとしてくれるようだ(ここはちょっと失笑)

夫は心配で心配で・・・・
長男の人生はもう終わったような顔をしている。

ちょっと=====と私。
なんだソレは?ってね。

弱っちゃたんだろうなぁって。
長男が入社してから、何人も辞めていって。
その仕事を、慣れないながら懸命に頑張っていた長男。
時には適度にサボりながら、ですがね。

でも、今の仕事は、辛かったのだろう。
正直「俺も辞めるわ」とは言っていたが。
その前にダウンしちゃった・・・・

帰っておいで。
まだ父母は君のお世話ができるから。
(もう何年後は無理だろうけどね)

黒姫様とブルー王子は、喧嘩ばかりしているが(笑)

帰っておいで。