気分はいつも、私次第

希(まれに)の好きなモノだけを集めた、わがまま部屋。
私次第の、私のための場所。

HITONCHI

2019-02-28 11:44:04 | 本のこと
         『ひとんち 澤村伊智短編集』
                 (澤村伊智)



↓↓↓ ネタバレあります 御注意下さい ↓↓↓

















***********

久しぶりに顔を合わせた3人の女性。
昔アルバイト場所が一緒で意気投合した3人だ。
その後疎遠になったが・・・私は偶然恵(けい)ちゃんと会った。
長い長いお喋り・・・勢いで香織に電話をした。
そして・・・半ば強引に香織の家へお邪魔することになった。
実業家と結婚し、夫と5歳の息子空くんと暮らしている。
戸建て住宅に住む専業主婦だ。

恵ちゃんはシングルマザー。
美容師をしながら娘の怜(れい)ちゃんを育てている。
そして私・・・歩美は独身。事務職。2年前に彼氏と別れている。

思い出話と近況報告で、時間はあっと言う間に過ぎていく。
遊んでいた空くんと怜ちゃんが、2階にいるワンちゃんと遊びたいと言い出す。
香織は止める「ワンちゃんは病気だから」と。
確かに2階から動き回る音が聞こえてくる。
2階に犬を飼っているようだ、と納得する私と恵ちゃん。

話題はアチコチ飛ぶ(当然ですね・女性のお喋りなんだから)
出された麦茶を飲み、顔をしかめる恵ちゃん。
どうしたの?と心配になる香織。
思い出した、と私。恵ちゃんは麦茶に砂糖を入れて飲む習慣があったのだ。
砂糖を持ってくる香織。
ホッとしながら麦茶を飲む恵ちゃん・・・子供の頃からの習慣だ。
誰にでも、そしてどこの家にもある。

3人の話題は、また飛ぶ。
その家独自のものや人の呼び方。笑ってしまう。
上品そうで幸せそうな香織に、ちょっと引け目を感じる歩美。
しかし・・・そんなものは杞憂だ。自分が勝手に思っているのだ。
昔と同じ・・・香織は変わっていない。そうよ。

話題は、周囲の風変わりな人の噂話になる。
見た目とのギャップ。口汚い言葉。でもイイ人、などなど。
私も話す。
私の元彼氏の作ったカレーは・・・ビックリした。
マズイ・・・カレーを不味く作れるの?と突込みが入る。
しかし・・・不味かったのだ。酸っぱいカレー。
カレールーではなくカレー粉を入れる。
そして、塩と卵、お酢・・・マヨネーズじゃん、と恵ちゃんの声。
加えて錆びた釘・・・黒豆を煮る時の工夫だが・・・
何かがおかしいし、何かがずれている・・・
私はこんなカレーを自分の子どもが食べるかと思うと、耐えられなかった。
それが別れの理由のひとつになったかも・・・・

香織も話し出す。夫のことだ。
ワンちゃんの餌を台所に置いておいたら、夫が食べるという。
ドッグフードを?思わず引き気味になる私。
笑う香織。違う違う、肉だよ。安くてパサパサしているような。
味覚音痴なのかナァと言う香織。

2階では音がする。
子ども達は、2階の部屋でゲームをしている。
決してワンちゃんの部屋に入らないように・・・・香織が言い聞かせる。

恵ちゃんが、別れたダンナの話をする。
ダンナの家の風変わりな風習・・・ダンナの実家に初めて正月に帰省した時のこと。
義父がある部屋に恵ちゃんを連れて行ったという。
そこで・・・・何なら不思議な・・・そして不気味な・・・儀式のようなことをやれ、と言われた。
暗い部屋の中・・・壁に鳥居の絵が描いてある。
その部屋に入って裸になって・・・いろと。
実際には何か恵ちゃんにあったわけではない。
ただ・・・・義父に言われた通りに、やっただけだから・・・
部屋の外から閂を掛けられる・・・理由も分からない。
怖い怖い・・・・耐えて・・・閂が開き、これで我が家の一員になったと言われた・・・

恵ちゃんの話を聞き、驚く私と香織。変な風習・・・
でも、大なり小なり、どこの家にもあるようなものかな?
でも不気味だよね・・・

お腹すいた~と恵ちゃん。宅配ピザを取ろう、と話がまとまる。

恵ちゃんの離婚の大きな理由・・・・子どものことだ。
なかなか妊娠しない。催促する義父母。
妊娠した、と喜んだら・・・・ダンナが風疹に。自分も感染した。
不安・・・・検査をした・・・そして堕胎を。
恵ちゃんは産みたかった、という。しかしダンナは・・・・
その後怜ちゃんが生まれたのだ。

「産めばよかったのに」と香織。驚く恵ちゃんと私。
恵ちゃんの辛い事情、そして気持ちが分からない?
しかし香織は続ける。
飼うのは大変だけど可愛いよ、ワンちゃん、と。

話が噛み合わない。何?何を言っているの?
香織は実家でもワンちゃんを飼っていた、という。
室内で5匹。
それは分かる・・・今も2階で飼っている。これも分かる。
実家で飼っていたのは・・・ドーベルマンとラブラドールレトリバー。
庭で飼っていた。そしてワンちゃんも飼っていた。

混乱混乱・・・・何がおかしい?何かがおかしい???
香織が何を言っているのか分からない・・・・
音が!2階からドスンと。
「もう」と言いながら立ち上がる香織。金属音が。
そして子どもの悲鳴・・・・

**********


はい・・・・澤村伊智さんの短編集『ひとんち』で御座います。
『ひとんち』『夢の行き先』『闇の花園』『ありふれた映像』
『宮本くんの手』『シュマシラ』『死神』『じぶんち』
計8編の短編が収録されています。

・・・・・・・単行本を買っちまったんだよ====!
としつこく言いますが・・・本当に久々久々なので(笑)

読了された方々のレビューも読みましたが
色んな感想が・・・当たり前ですがね。

中には「長編の方が面白いのでは」という言葉を複数見ました。

どうでしょうネェ。
どうだろ?

私は短編も長編も良いぞ=!って思いますが。
まぁそれぞれ一長一短があるよね。

長編は、ジワジワ恐怖を表現できるから、一歩一歩追い詰められる感がある。
そして説明を十分為されているが・・・説明し過ぎ?感もある。
私はね。
そこまで親切にしなくても・・・という思いは長編では感じましたね。

その一方で・・・つまり長編の真逆になるのでしょうが(笑)
短編だと説明不足になってしまうから・・・直接的な言葉を使う。
そうすると・・・ジワジワ感が減ってしまい・・・ある意味「アラそうなの」状態で終わる。
その一方で、説明が足らないから、放り出しって印象になる。
「後は読者さんで、よろしく」って感じで。
・・・・って実際には澤村さんはそんなこと仰っていませんがね。
この辺、御理解下さいマセ。

私、この「後はよろしく!」」って感覚が好きなので・・・
というか、熱烈大歓迎!!!!なんですよ。

だから、澤村さん推し、なんですがね。

紹介しました作品は、表題作『ひとんち』ですね。
この短編集の中で最も気に入っている作品です。
この作品を真っ先に読んだので・・・そこでテンションがMAXになったので・・・
後の作品を読むのが、ちょいと・・・・とゴメンなさい、ゴメンなさい。

『ひとんち』は・・・・誰にもあるって話なんですがね。
あるよね~。自分の家ルールとか、独特の呼び方とか。

料理もそうだよね。私も経験があります。
兄が卵料理が嫌いだったので・・・茶碗蒸しを食べたことがなかったのですよ。
そして確か小学4年生頃に・・・知人宅で食事をいただいたのですよ。
私ひとりで。母や家族はいなかった。
その時茶碗蒸しが出て・・・ビックリしましたよ。本当に。
「熱いプリンが出てきた!しかもしょっぱい。おかずも入っている」
てな感じですね。
帰宅して母にすごい勢いで説明・・・・世界的発見!てな勢いで(笑)
で、母の説明・・・って今に至っていますね(笑)

楽しい会話。屈託の無い・・・・ただただ楽しいだけの会話。
それがふとした瞬間から・・・多分意識しないうちに、ずれてくる。
エッ?何言ってるの?理解できないまま、恐怖が忍び込んくる・・・・

自分が常識と信じてきたこと。自分が確かだと信じてきたこと。
それが揺らぐ。グラッと。
その揺らぎを感じたくて・・・・澤村さん小説、読んでいるのかもね。

『ひとんち』のラスト・・・・どうでしょうネェ。
歩美の・・・これは読んだ人が判断することで。


で・・・3月に長編の新刊が出ると!!!!!
ハァァァァ・・・・・!!!!




いきなり合わなくなるなんて!

2019-02-27 14:32:23 | 思ったこと
ドキュメンタリー見たり、本読んだり・・・
でも、記事を書く時間が無い・・・って長い記事を書くからなんだが(笑)

他の話題を・・・・
正直、本やドキュメンタリーより切実なんだがね・・・・

女性・・・いや男性にも当てはまるかも?ですが・・・・

いきなりメイク用品・・・特にリップが合わなくなって。
エッ?と思わず声を挙げるほど・・・・

だって突然なんですもの。

唇の薄皮が・・・剥けるんですわ。
こういうことは、多くの方々が経験していると思いますが。

今までは・・・・そういうこと、皆無だったので・・・
ビックリしています。

乾燥が気になり出して。
今まで普通に使用していたものが、アレ?おかしいな?と。

それの繰り返しで・・・
所有しているリップの中でも、「大丈夫」と思っていたものが
今日・・・「あれ、おかしいぞ、困ったぞ」状態に。

違和感違和感・・・・

いきなりってこと、あるよね。
ヘアカラーが、いきなり合わなくなった。
これも大勢、経験していると思う。

どうしてだろ?まぁヘアカラーには理由があるが(薬剤の関係でね)

でもリップは・・・悲しいなぁ。
一体何を使用すれば・・・リップクリームでも合わないものがあるし。

今、リップ難民しています。

う~ん・・・・

以前友人と、そういう話をしていた時、
友人も、
「ある朝突然、化粧水が物足りないって思ったよ」と言っていた。
前夜に使用した時は、なんとも違和感感じなかった。
でも翌朝・・・「なんでだろ」って。
仕方なく、化粧水を替えた、って言っていた。

う~ん・・・・年齢か??
と何でも年齢のせいにしても・・・・・ネェ(笑)

まだまだ使えるリップが沢山あるのに・・・
それも溜息の大きな要因だわ。

ちょいと悲しいなぁ・・・・トホホだよ・・・・



対談 井上雅彦氏×澤村伊智氏

2019-02-25 15:45:18 | 本のこと
ツイで流れて来ました・・・・

このブログ覗いて下さる方々の中に
澤村伊智氏の作品感想記事を読まれている方もいるようなので。


どうぞ!!



特別対談 小説で人を怖がらせる方法 
〈重鎮〉《異形コレクション》監修者 井上雅彦×〈旗手〉短編集『ひとんち』刊行 澤村伊智




読みましたが・・・いろいろ面白いことがありますよ。


どうだろ?
私、澤村さんの作品、好きなんだろうか??

好きだから・・・・読んだり、新刊購入したりするんだろうがね(笑)

私は、「巧いナァ」って思うと同時に
「こう来たか!」というヤラレタ==ってな気持ちもあるのよね。

だから・・・読もう!って思うのかもネェ~。


買っちゃった・・・

2019-02-25 15:14:43 | 本のこと
いや、新刊というか古書じゃない単行本を購入したのは、久々。
というか・・・記憶に無いわ(笑)





ほい!
澤村伊智さんの新刊『ひとんち』です。

書店で見つけて・・・どうしようって。
いつも通り図書館でリク出して借りたら?
いつも通り文庫になるまで待ったら?

・・・・・・あ~買っちゃったよ(笑)

また感想書きます・・・・

自虐?いえいえ、上質のコメディ+考えさせられる作品

2019-02-24 13:37:29 | 演劇・戯曲・音楽・映画・美術
            映画『翔んで埼玉』


「埼玉県人には、そこらへんの草でも食わせておけ!」

映画番宣CMで叫んでおります、映画『翔んで埼玉』

原作は1982年&1983年に発表された漫画ですね。
作者は魔夜 峰央氏。
誰?とお思いの方は、『パタリロ!』の作者といえば、分かるかな?

『パタリロ!』が有名で、まぁ『ラシャーヌ!』も有名ですかね。
この辺りからギャグ路線になった、と書かれていましたが(Wikiでね)
でも・・・人気が出るまでの間・・・・ホラー系妖怪系の漫画を描いていたんですよ。

当時の月刊別冊マーガレットで、短編を描いていました。
私、しっかり覚えています。
当時には全く見当たらない斬新な絵柄、そしてストーリー。
でも当時巻頭を飾っていたのは美内すずえ氏や和田慎二氏。
ちょっと人気作家になるには難しい状況。

だから、『ラシャーヌ!』で人気が出てきた時、
絵柄はホラー&妖怪時と同じで、内容はギャグにも、オォと思いました。
これは・・・マッチしているわって(笑)

それと魔夜氏の頭の良さを感じさせるネームの数々・・・
インテリ・マンガだよネェって感じていました。
同時に・・・日本では少ない・・・読者に委ねる作家さんだとも思いました。

そして今回の映画『翔んで埼玉』、見てきました。
私ひとりで行こうと思っていたら、夫も「行くぞ」と。
普通に笑えるコメディを見たいって。

映画館は、まぁ上映2日目ですから、沢山いましたね。

マンガの原作は読んでいません。
でも、映画見れば・・・イイと思ったので。
当然ですが、原作と映画は異なりますよね。
原作は短いらしいので、映画ではネタを取り入れているようですね。
また・・・多分脚本などに魔夜氏が関わっているだろうナァと思わせる
ギャグの数々も・・・ファンは嬉しいですよね。
そしてそして魔夜氏の夫人が・・・バレエスタジオ主宰されているかと。
だからか・・・?
映画でも、時々?バレエ風に描写が出てくる・・・
でも、それも楽しいんですよ。ファンは(笑)


さてさて内容は・・・埼玉を開放しろ!で御座います。
東京へ行くには通行手形が必要らしい。
そして手形を持たない侵入者は・・・当局に連行される。
関わった東京都民は、連行される埼玉人を見て恐れ戦く・・・
って・・・もう最初から笑える笑える・・・

映画では・・・これは都市伝説として語られる物語となっている。
現代の物語との、2つのストーリーがある。
埼玉県民の愛海は、今日は結納当日で焦っている。
早く会場へ行かないと・・・両親を急かして3人で車で出かける。
恋人の翔も多分埼玉県人。
しかし愛海は新婚生活は、“あこがれ”の東京で始めたいと夢を抱く。
夢見た埼玉脱出だ。
後部座席で埼玉をディスる愛海に父親は不満顔だ。
埼玉にもいい所はある・・・しかし愛海は父の声などスルー。
機嫌を損ねた父親は、結納には行かんと言い出す始末。
なんとかしようと母親は・・・聞こえてくるカーラジオを話題にする。
それは・・・埼玉にまつわる都市伝説・・・・

この都市伝説となっている部分が、原作ベースだそうですね。

・・・・・・東京都内にあるチョー名門学園。
東京でも真に選ばれた子弟だけが入学を許される学園だ。
もちろん学園内も厳格にランク付けされている・・・・
学園のトップクラスのAクラス。
学園を牛耳る自治会長の壇ノ浦百美(だんのうらももみ)も当然Aクラスだ。
百美という名でも、美少年であり気が強い。
父親の建造は、東京都知事であり、百美は怖いものナシの状態だ。
その学園にアメリカ帰りという麻実麗(あさみれい)が転入してくる。
美青年であり、謎めいた雰囲気を持つ麗はAクラスへ。
例え優秀でコネがあっても、東京指数が高くないと入れないAクラス。
Aクラスに転入してくる男子に対して
百美は嫌がらせを繰り返し、追い出している。
敵は早いうちにその芽を摘まねば・・・
だからAクラスには、男子はいないのだったが・・・

学園の最下層クラスZクラスには・・・
埼玉人の子弟がいる。親が東京に勤務しているという理由で。
多額の寄付をして、やっと入学を許されているZクラス。
しかし・・・学園内に教室はなく、高台の小屋を教室としている。

Zクラスの女子学生が腹痛を訴え、学園内に入ろうとする。
医務室へ・・・しかし百美はZクラスに言い放つ。


「埼玉県人には、そこらへんの草でも食わせておけ!」(ココで言うのね・笑)

それで治ると・・・スゴスゴ引き下がるZクラスの面々・・・

小屋=Zクラス教室の外で、草を選別していると・・・
麗がやってきて、薬をくれる・・・・
教室内も悲惨だ・・・・江戸時代の農民の家を想像していただければ・・・・
壁に貼られた習字も「自由」「平等」「博愛」(博愛はちょっと不明)
和ろうそくの節約を呼びかける標語も・・・

唖然とする麗。しかしAクラスの面々は、仕方ないと。
ここで我慢して卒業すれば・・・東京で就職する権利を得られると。
それは大変な名誉であり・・・埼玉に戻らなくても済むのだ、と。

百美=二階堂ふみ 麗=GACKT です。
百美はブロンドのボブへア。日本人?という疑問もあるが(笑)
魔夜ファンは、もう定番のヒロインですよね(少年だが)

主役の2人は、照れもなく・・・多分本当は何度も笑ってしまったのかも?ですが
まぁまぁ真面目に台詞を述べるので・・・
その真面目さ、そしてそのコスプレ=GACKTもバンコラン風ですので。
で、もう笑うし、顔に笑みを浮かべながら観賞するしかなくて・・・
私も映画鑑賞では珍しく、声を出して(勿論押さえて)笑いましたね。

麗が気に食わない百美。
自宅で、父親の建造に麗を追い出して欲しいと頼む。
しかし麗は経済界で実力を持つ家系の子弟だ。
そう簡単にはいかない・・・父には逆らえない百美。
母親の恵子は、夫には不満顔だ。
そして建造の執事である阿久津に愚痴をいい、そして情事を・・・

しかし執事の阿久津は、本当は千葉県人。素状を隠している。
埼玉同様虐げられている千葉県。
阿久津は、「千葉解放戦線」を率いるレジスタンスのリーダーであり
千葉県の解放と自由を夢見るのだ。
・・・・千葉県も通行手形がないと東京に入れないみたい。

学園で、麗を落とし入れようとする百美。
麗に恥をかかせようと・・・・空気ティスティングを仕掛ける。
東京のある場所の空気が入った瓶が3本。どこの空気だ?
それを見事に言い当てる麗(当然観客は笑う笑う)
百美よりも短時間で言い当てる・・・・倒れこむ百美。
その百美をお姫さま抱っこで・・・医務室へ運ぶ麗。

・・・・・ここは、おお喜びですよね(笑)
魔夜作品といえば・・・ボーイズ・ラヴはお約束ですから。

気が付いた百美。周囲が百美を気遣い、優しい言葉をかける。
周囲が自分に優しい?麗が百美を諭す。
麗との勝負に負けた百美。倒れてしまった百美。
弱さを見せた百美に、皆が親近感を持ったのだ、と。
一辺に、麗にポッとしてしまう百美・・・恋が始まったのだ!!!(笑笑笑)


もうね、先が読めるのよ。でも笑えるのよ。
ばかばかしい・・・でも、笑える。ホント、この映画、上質コメディなんですよね。
そして阿久津を演じるのは、伊勢谷友介さん。
執事の時には、黒を基調とそいたファッションで、怪しげ風に怪演。
そして「千葉解放戦線」のリーダー姿は・・・
なぜか大漁旗を見に纏い(マント風に)高笑い(笑)
千葉には海がある=埼玉には海がない・・・・コレ、決定的だとか。
だから大漁旗かぁ~と納得。
そして・・・従う女性2人は海女姿・・・武器はサザエ?(笑)

埼玉人が千葉で捕まると・・・
身体中の穴という穴に、落花生を詰められて!
九十九里浜で地引網の強制労働を・・・って、なんなんだよ!!!!

で、地引網の様子が映る・・・オイオイ・・・・笑うしかないでしょ?

麗の正体がばれてしまいます。予想通りの埼玉人。
ばれたのは・・・百美を遊園地に行った時に(百美が強引に)
麗の家の家政婦が・・・自分の子供にせがまれて遊園地に来ていた。
しかし!埼玉人の探知機に引っかかってしまい・・・当局に追われてしまう。
家政婦母子を助けようとする麗。
「お前も埼玉人か???」と追求されて・・・踏み絵が用意される。
草加せんべい・・・これを踏めるか?踏めないのならば、埼玉人だ!
躊躇してしまう麗・・・・しかしさらに試練が!せんべいには・・・
ぬぁんと!!!埼玉人の愛するしらこばとのイラストが!!!
踏めない・・・・絶対踏めない・・・・捕獲されようとする麗・・・しかし!
家政婦が身を挺して麗を逃がす・・・麗を追う百美・・・・

もうね、ホント、バカバカしいのよ。
でもね、バカバカしいことを笑いに転化できる・・・それがこの映画、なんですよ。

まだまだ、序の口です。
ここからが・・・もっともっと笑える・・・・

ほんの触りだけですが、御紹介しました。


これね・・・埼玉いじり、埼玉をディスる、とか色んな言い方があると思います。
そして・・・・多分発表当時と今では、時代も変わっている。
価値観、社会も。意識も。

私は、格差という言葉を思いつきました。
映画では、東京都知事である壇ノ浦建造は、キンピカ衣装。
家具などもキンピカ・・・
東京一極集中、東京一人勝ち、そして東京の傲慢さ。
そういうものが、垣間見れる。
そして、その意識や認識は、いまはもう当たり前の常識で。

あぁ、東京の方々、ごめんなさいね。
「僻みじゃないの?」という御意見、最もです。

東京の傲慢と同時に、まぁ映画では関東圏ですがね。
地方の・・・東京以外の・・・僻みも描かれている。
僻み?どこに?
僻みという言葉が適さないのならば・・・・東京への憧れ、ですね。

東京に行けさえすれば、東京に住めれば、東京都民になれれば。
これも描かれていますよね。
東京都民になりたい。東京になりたい。それも描かれている。


だから・・・・笑えるんだと思う。
感情の中で、最も・・・どうしようもなくなると・・・笑うしかなくなる。
そう思う。
この映画は、そういう色々な思いを、全て包み込んで笑いにしている。

色んな思いがあっても、今この社会で生きている。
そういうことが、笑いにつながる。

上質なコメディです。私はそう思いました。
タイトルやコスプレ、そしてバカバカしい、という思いを乗り越えて・・・
宜しかったら映画館へ。そして笑って!!!








さくらみみ さくらねこ

2019-02-22 15:45:40 | ニャンコズ
ブルー王子






耳がカットされているのが、お分かりいただけるかと。

桜の花びらのようなVカット・・・だからさくら耳 さくら猫と呼ばれる。

御存知でしょうか?
私は知ってはいましたが、実際に見たことはありませんでした。
以前住んでいたところには、あまり野良猫を見かけなかったので。

正直、ブルー王子との出会いが、さくら猫との初対面でしたね。

白姫様&黒姫様、どちらも保護して連れ帰った猫ですが
地域猫前ってことですか・・・まぁそれは分かりませんがね。

野良猫に対してのTNR活動があります。
T=Trap=猫を捕獲する
N=Neuter=不妊手術をう
R=Return=猫を元の場所に戻す

これがTNR活動です。
野良猫に去勢&不妊手術を行い、猫を増やさないようにする。
その後は・・・お世話をしてご飯をあげる・・・かな?

ちょっと団体さんで、活動は様々だろうから。
基本は、こんな感じだと思います。

手術をした、地域猫である
その印が、耳のVカットなんです。

世界中の人々、みんなが大賛成~って訳ではない。
日本ももちろん、同じ。

野良猫に困っている人は沢山いる。
野良猫じゃなくても、外に自由に行ける飼い猫に困っている人もいる。

ホンの少し前までは、犬猫はある意味自由というか放っておいて育てていた。
勝手に家に出入りし、ご飯を食べて、また外へ。
トイレも外で。

犬は当然外で飼う。

今とは違う。

猫の糞など・・・または尿で困っている人は大勢いる。

そして、保護猫活動に対しても、冷ややかな視線を向ける人もいる。
そしてそして・・・
活動されている人に中には・・・全くの善意の人ではない人もいる。

これは、私がちょっと知った団体さんかた聞いた話です。

だから、団体さんにも・・・・違和感を持つ人もいると思う。

私が知っている(って本当に数少ない方々だが)活動されている人は
全くの善意で活動している。

ただ・・・一人だけ????と思う人がいたが。

今日は2月22日・・・ニャンニャンニャンの日・・・

私は猫が好きだから、お世話をしている。猫下僕で御座います。
でも猫が嫌いな人、苦手な人もいる。
猫に殺意を抱くほど嫌悪感を持つ人もいると思う。

でも虐待は論外だが。

人間も一緒。好きな人キライな人苦手な人・・・どうでもよい人・・・

世界は、そうやって成り立っている・・・んだなぁ~って。






ナショジオ 視聴可能に

2019-02-21 16:23:53 | 思ったこと
えっと・・・我が家はケーブルTV加入です。
ネットとTV・・・・移住前と同じ。
先日新住所変更届をしないと・・・とau店舗へ。
いつも混んでいるから・・・と敬遠していたが、仕方なく。

夫と私、スマホ契約。
そして固定電話をやめてガラケーを家の電話としています。
このガラケーは、受け取り専門。
こちらから掛ける時は、私のスマホで(カケホーダイだから)

しかし・・・ガラケーはなぜか2台ある。
理由=1台契約よりも2台契約した方が、1ヶ月の支払いが安くなるから。

変なの・・・・必要なのは1台だけなのに・・・と私。
しかし夫は、こういう計算には貪欲で(笑)
・・・・・ちなみに夫は、私よりはるかに数学的センスがあるのですが
暗算ができないという弱点がある(笑)

・・・・・話変わるが、数学はセンス?だと思うのですが・・・いかが?
数学的センスって、もう遺伝子に組み込まれている気がする。
私はそのセンスが皆無で・・・・トホホであるが(笑)

auで待って待って(読書しているがね)席に座る。
住所変更・・・全て(私のスマホも)夫名義なので・・・
夫が免許証(住所変更済み)持参で手続すれば、あっという間に済む。

そこで「ケーブルに加入していますか?」と問われて・・・
ケーブルTVとauの提携で・・・って多分ココの地域限定だと思うが。

ケーブルTVでは、今までTVに関してはデジタルライト・コースに加入していた。
37チャンネル・・・ってホント??
そんなにあるのか???・・・・いまビックリしたが(笑)
まぁお安いコースですね。

それをデジタルスタンダード・コースに変更すると・・・
72チャンネルになり、当然料金も上がる。

しかし・・・auスマホ料金が割引になる・・・
計算すると、我が家にメリットがあることが判明。

私は・・・そんなにTV見ないって・・・ムダだよ・・・と。
しかし夫は貪欲で(笑)
得なんだぞ===と契約見直し!サッサと新契約(笑)

後から判明したのだが・・・
au料金=下がる ケーブルTV料金=上がる
なんですが・・・
au料金=私が管理する公共料金引き落とし通帳から引き落とされる
    しかしこれからは、au引き落とし額が減額=お得だわ

ケーブルTV料金=夫が管理する夫名義通帳から引き落とされる
        これからが、ケーブルTV引き落とし額が増額=損だわ

このからくり(笑)に夫、衝撃!!!(ワッハッハ~~~)

いやいや、家の金と考えれば、別にどうでも、なんだがね。

そして・・・新しく映る番組表と睨めっこ。
夫は早速先日、サッカーのACLを視聴して御満悦。
私は・・・海外ドラマが沢山視聴できるが・・・一度に見れないしね。

でも以前から、『HAWAII FIVE-0』見たいなぁって思っていたので
視聴できるので・・・嬉しい。早速録画しなければ・・・!!!

と、色々探っていたら・・・ン?ンン?ヒトラー?ナチス??
って・・・「ナショナルジオグラフィック」というチャンネル見つけた。

ヘェ~戦争関連番組があるんだ・・・ウキウキワクワク(バカ・笑)

ということで早速・・・『ナチス第2装甲師団 ダス・ライヒ エピソード2』を録画。
本日ランチしながら視聴しました。

コレは以前NHKのBSさんで放映したものと同じ?ちょっと違う気もするが。
内容は同じような感じでした。
NHKさんよりも、酷い映像が多いってことは確かだわ。
HNKさんはソフト(アレで??)なら、ナショジオさんはハードって感じで。

う~ん、ナショジオさんに一票!かな、私は。
SSの方々の人物像も、詳しかったし。
酷いシーンもかなりあるし。
まぁ常にドイツが悪いのは、お約束だし・・・ネェ。

ということで・・・ヒトラーやナチス関連が、かなり見れるようになりました。

ナショジオさん、ありがとうありがとう・・・。

で、女性専門のチャンネルに、韓国のドラマばかりあるのはなぜ??
って、女性専門チャンネルって・・・なに???
う~ん、多分視聴しないと思うのだが・・・(ブツブツ)


特別出演
この記事書いている間、ブルー王子は私の膝でおネンネ






変な格好・・・というか軟体生物???な感じだよね。
んで重い・・・まだ8ヶ月位なのに・・・重たい重たい・・・
まぁ安心して寝ているので・・・ヨシとしよう・・・ネェ。







勝手にぜんざい祭り

2019-02-20 15:41:59 | 思ったこと
仕事が・・・ほら成果主義だから=成果で稼ぐから(笑)
自分にできそうなモノをチョイスする方式で。
と書くと「エラそうに」なんだが
ハッキリいうと「やらなきゃ+OKもらわないと=金にならん」
という・・・資本主義の王道(笑)を歩いております(コソコソと・笑)

最近「オッ、出来そう?}と思うモノがあるので、
だから・・・・時間は限られえているってことで(??)


さて、冬になると・・・ぜんざいが食べたくなります。
実家にいた時は、母が作ってくれていました。
その時は、もう勘弁して~と一杯だけ食べていました。
その頃は、洋スイーツが好きだったのよ。

でも年取ると・・・和スイーツも好きになって。
つまり・・・洋も和も食べるわってことですね(笑)

移住してきたら、地域でも人気店のお餅店が近くになって。
昔ながらの店舗で和菓子=お餅系メインで販売していて
奥の方で、和スイーツ・カフェを営業しています。
ちょっとしたランチもあるので、ランチタイムは大盛況です。
予約しないと・・・・無理と言われています。

んで、ちょいと時間をずらして・・・15時ごろ来店。
それでも結構なお客さんがいました。






ぜんさいです。大盛りです。
食べられますかね~とスタッフさんに尋ねたら
「多くの方が、大盛り注文されますよ」との返答が。

よし!と注文・・・・

やっと念願のぜんざいが=======!!
シッッッかし~~~~~~大変だ。

頑張って食べました。んまいんまいって言いながら(笑)

このお店には、ぜんざいの鍋版=鍋ぜんさいもあります。
もちろん複数人でシェアが基本なんでしょうが・・・
会計の時、スタッフさんが
「鍋ぜんさいを、おひとりで食べた方もいますよ」
と励まして(????)くれました。

んで帰宅・・・・






ホォォォ??
私達を置いて食いに行ったとな??という非難の視線が・・・・

いいじゃないか。
と黒姫様&ブルー王子に言い訳しても・・・・通じないし(笑)



・・・・・・・白姫様が天に還ってから、初めてひとりカフェしてきました・・・・・

もう、日時が経過したのね・・・・と思いました・・・・フゥ(ちょっと悲しげ)







にゃんにゃんにゃん

2019-02-18 11:37:23 | ニャンコズ
2月22日は、にゃんにゃんにゃん=猫の日、と言われていますね。

特にこの日だから~ではなくても
連日のように猫が登場するTV番組やCMが流れています。
勿論、見目麗しいニャンコさんが登場、ですね。

時には、話題の野良猫さん登場番組もあるし。

空前の猫ブーム?と聞きましたが。
犬よりも世話が多少は楽なのも?理由?らしいのですが。
散歩の必要・・・・だと思いますがね。
猫は・・・散歩させている人見たこと数回ありますがね。

基本、猫は散歩の必要はないってことで。

で、今日朝のTV番組で
自動車に乗りながら、犬を散歩させている高齢男性の動画が炎上~
と知りました。

確かに・・・燃え上がっていましたね。

高齢男性のインタビューしていましたが、
御本人は虐待の認識はない、って御様子でした。
でもね、まぁ御本人に認識が無くても、虐待は虐待ということは多々多々あることで。

多分・・・多分・・・
自分が高齢で犬の散歩に行ける状態ではない。
足が悪いとか・・・犬の散歩も体力必要だからね。
でも散歩に行かないと・・・で車でってことなんでしょうネェ。

私も以前住んでいたド田舎で、車で犬の散歩させている人
見たことがあります。
その時は・・・申し訳ないが虐待?という考えよりも
呆気に・・・・驚いたってことが正直な感想です。

バイトのトンデモ動画も、大きく問題視されている。

でも、動物の虐待の動画も・・・本人が大喜びでアップするのね。

私も見たことがあります。胸が悪いというか、締め付けられる。
・・・・ごめんなさい、死亡した動画は見ていません・・・・

この記事で言いたいことは・・・
2月22日=猫の日・・・ってまた可愛い猫万歳!!って感じになるのだろうネェって。

別に悪いことではない。
その結果、何か良いことにもつながるかも?だからね。

でもね・・・猫の飼い方などのアドバイス番組や
野良猫の悲惨な現状など・・・・伝えても良いのでは?
いや、飼い猫でも悲惨な場合もあるか・・・

以前の家の近所で・・・犬を2匹飼育していた家があった。
男の子と女の子・・・・2匹・・・どちらの去勢&避妊していない。

どうなる?妊娠させないように、時期が来たら別の部屋に置いておくんだって。
鳴くよ=凄い声で。当然だがね。
ストレス貯まるだろうネェ・・・

1匹が自分の尾を齧り始めて・・・酷い状態になってしまった。
獣医師の見立ては、ストレス。
それを繰り返す。治療して、エリザベスカラー外したら、また齧るから。

そして・・・女の子の犬が、婦人科系統の病気で手術することに。

私も白姫様&黒姫様の幼児期に説明されたのだが
適した時期が来たら避妊手術をした方が良い。
(子どもを望んでいないのなら)
妊娠のリスク回避と同様に婦人科系統の病気のリスク回避にもなるから。

全くご近所さんは・・・無視したのか?無知なのか?
・・・・・笑顔で「もう、嫌になるわ~」って・・・・

どうでしょ?
多分想像力がないのでしょう、と私は思いましたが。

以前「想像力がないから、酷いことをする」という意見に
「想像するほどの知識も無いから」という意見があった。

同感同感・・・・想像力もナイ。そして想像するための知識もナイ。

今の御時勢・・・そんな感じ。

とにかくね、自分より弱いものを虐げるって奴は
どうかと思うよ。

時には「加害側にも何かあるから」は通じませんから。
それが弱いものを虐げる理由にはならないから。

そこは・・・意地でも死守する。
私の意地だ。








50円保管しています、って・・・

2019-02-14 10:40:39 | 同居道
えっと・・・敷地内同居始めて・・・2ヶ月ほどですかね?

先日友人とランチへ行きましたが
(あまりにも残念な店(お味)だったので、リベンジ誓っています)
その時、友人に言われたのは・・・

「おかずを差し入れしたりするの?持ってくるの?
 ゴミ出しも義父母宅分を持っていくの?」などなど・・・

えっと・・・全否定(笑)
会うのは・・・週に1~2回程。用事がある時。
用事って・・・区の広報誌受け取りや情報の伝達。
私達(特に夫)に頼みたいこと(雑用ね)
それか・・・玄関掃除していたら偶然会うとか。

最も頻繁なのは、頂き物で食べられないモノを、我が家に持ってきてくれること。
そして、義母が作っている野菜を持ってきてくれること。

私が美味しいパン屋さんで購入したクロワッサン(義父の好物)の差し入れ。

こんな感じですね・・・
殆ど他人生活です。

私は自宅でPC相手に仕事。
それか買物・・・・移住前の行動と変化ナシですね。

でも、それは永遠ではない。
もちろん介護も出てくるだろう・・・
ってこの春英国旅行するって張り切っている義父母ですが(笑)
いやいや、義父も「行くぞ!!」と張り切って体力作りに励んでいるし。
ついでに、今年は選挙イヤー。
地元の選挙で、アチコチ行っていて・・・・元気出るのならイイけどね(ウンウン)

そして、段々と地区の用事も参加することになるだろうし。

もうね、友達作ろうとか、ママ友付き合い必須ではないので
その点は、気持ちに余裕があるから。

えっと・・・先ほど玄関チャイムが鳴りました。
義母です。用事は・・・・

厚揚げの差し入れです。
我がド田舎県は、厚揚げの消費量が高い。私も好物です。
スーパーに売られているような庶民価格もあれば
ヘッ?と2度見するような高級品もある。
今いただいたのは、高級品(嬉しい===)
皮が硬いから、義父が食べれないので、と。

そして・・・郵便局から電話があって・・・
「希さん、〇〇郵便局行ったの?(ハイ、一昨日行きました)
 小銭、落としたの?(ハイ、ばら撒きました)
 ・・・・50円玉が見つかったから・・・取りに来てって(ハァ)」

封筒の裏に住所が書いてあったので
住所から義父母宅に電話が掛かってきたようですね。

「でも・・・よかったら寄付の箱(よく置いてるよね)に入れてって
 私、言ったのよ。勝手にゴメンね。それで良かった?
 (ハイハイ、それで良かったですよ)

 でも寄付の箱置いてないからって・・・・
 保管してますから、いつでもいいですから取りに来てって。
 (ア~、分かりました)」

互いに苦笑い・・・・

大型ショッピングセンターが出来て、道路が改善されて
食事どころやスイーツ店などなど・・・いろんなお店が出来て
住宅地が整備されて、小学校も近くに来て・・・

でも、元々「一体ココは??」と言われるようなド田舎町(村?)だったのよね。
だから・・・・郵便局も簡易郵便局が、最も近い郵便局で。

一昨日私が行った郵便局は、ちょいと離れた場所にある局。
簡易郵便局ではない所・・・・重要書類の郵送だったので。用心のために。

だから、直ぐ行くのも・・・・腰が重い(スマン・笑)

でも何かの機会に行くだろうから・・・って顔、覚えているの?
「免許証見せてください」・・・・とでも言われるのだろうか??

など、日常で御座います・・・・