二子玉川 de ぼちぼち絵日記

二子玉川在住主婦の好きなモノ絵日記。街歩きやスイーツ、エンタメ、昭和レトロ等 コメントお気軽に!☆

ルノワール+ルノワール展

2008-02-04 13:51:34 | 美術館・ART・博物館


渋谷東急文化村 ザ・ミュージアムで 2月2日から 開催中の「ルノワール + ルノワール展」 にさっそく行って来ました。
画家ピエール・オーギュスト・ルノワール と、彼の次男の フランス映画監督のジャン・ルノワール。 二人の巨匠に焦点をあて、父の絵画約50点と 息子の映画の抜粋15点を紹介するもの。。
恥ずかしながら 私、「大いなる幻影」や「フレンチ・カンカン」の映画監督と 画家のルノワールが父子とは 今まで知りませんでした…
でも 二人の作品を並べてみると 映画と絵画に 多くの共通性が見えてきて とても興味深い企画展でありました。



左はピエール・オーギュスト・ルノワールの「田舎のダンス」(1882-83年 オルセー美術館) 
描かれているのは 画家の将来の妻の アリーヌ・シャリゴ。(ジャンの母)
右は ジャン・ルノワール監督の 「ピクニック」(1936年)のワンシーン。 洋服や雰囲気も よく似ています。
「田舎のダンス」は 実際には180×90cm の大作で アリーヌの肌質や表情に こちらまで笑顔がこぼれるような美しい作品です。 
横には 「恋多き女(1956年)」の イングリッド・バーグマンのフィルムが流れていましたが、こちらも絵画と雰囲気がよく似ていて驚かされました。



左は 「ぶらんこ」(1876年 オルセー美術館)。 映画「ピクニック」にも ヒロインが ぶらんこを楽しむシーンが見られます。
右は「ガブリエルとジャン」(1895-96年 オランジェリー美術館) わが子の瑞々しいほっぺが可愛いですね♪

他にも 今回の展覧会で、15歳のジャンをほぼ等身大で描いた「狩姿のジャン」を見ることができます。
展覧会を出た後の アートショップも お洒落~ で ついつい 時間を忘れて過ごしていて 夫に怒られた週末でした。。

2月9日(土)~2月22日(金)は 同文化村6階の BUNKAMURA ル・シネマで 「ジャン・ルノワール映画の世界」 を楽しめる、という 一度で2度美味しい企画展です。(半券提示で割引あり)  

☆ 今日のお絵かき、フォトショップ練習中…。時間を たっぷり かければいろいろなことができそうですが…。 (ちなみに この絵は展示されていません)
  ↓ 今日は わんこの記事も アップしています ↓ ☆


ルノワール+ルノワール展
会 期  2008年2月2日(土)-5月6日(火・休) 開催期間中無休
開館時間 10:00-19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日21:00まで(入館は20:30まで)
*4月26日(土)-5月6日(火・休)は、9:00-21:00(入館は20:30まで)
会 場 Bunkamuraザ・ミュージアム

●追記● 会場で 1000体限定「ぶらんこ」のルノワールリカちゃん販売中。
すごく 可愛かったけれど 12600円って… 買えない~
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (36)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« かんたの気持ち | トップ | 映画 「アース」 »
最近の画像もっと見る

36 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
父から子へ (jun)
2008-02-04 10:12:02
すてきな企画ですね。
父から子へ引き継がれた才能がすばらしいです。

ルノワールの絵の中でいっしょに花飾りを作っているパンダちゃんもかわいいなあ!
相変わらず、すてきなスノーパンダさんのイラストです。
Unknown (ぽぽ)
2008-02-04 10:38:54
かわいい(*´∀`*)
すんごい(●´ω`●)

ぽぽもやっぱちゃんとした
ソフトほしいなー・゜・(ノД`;)・゜・

勉強したいです☆

パンダちゃんかわいい(*'ー'*人*'ー'*)

展覧会とかいってみたいです
(≡^∇^≡)
Unknown (lisho)
2008-02-04 10:55:38
これはまた素敵な絵ですね~。
パソコンのお絵かき、スノさんかなりプロ並みになってます~♪
芸術父子像 (アスカパパ)
2008-02-04 12:25:50
スノーパンダさん、こんにちは。
素敵な展覧会ですね。

私も大昔は、映画のジャン・ルノワール監督が、あの有名画家の息子さんとは知らない時代がありましたよ。
「大いなる幻影」は兎も角として「フレンチ・カンカン」は絵画を想わせますね。
ジャン・ルノワール監督の「河」という映画は、それ以上に絵画を感じました。以下、私の感想文の一節です。
---------------
一体幾枚の絵画を見たことでしょう。フランス印象派の画家を父に持つジャン・ルノワール監督です。血は争えません。荘厳な音楽のもと、数々の素晴らしい大自然を見せて貰えました。
------------
 この父にして、この子あり。と言えますね。
ルノワール (なのふ)
2008-02-04 13:14:55
私も見たいと思っていました~
テレビでの宣伝を目にするたびに気になって~
スノーパンダさんの絵もすてきにかけてるし、説明もそそられてしまいましたぁ
母でもさそって行きたいと思います
Unknown (ヤス)
2008-02-04 18:05:04
うわ~♪素敵な絵♪(゜ω゜*)
流石スノさんですね!(^^*)
 
父親は画家、子供は映画監督、、
才能って受け継がれる物なんですね~、
僕も受け継いでますよ!
サラリーマンの才能を、、、(爆
Unknown (うさまま)
2008-02-04 20:09:09
面白そうな展示会ですね~~

ルノワール若いときは憧れでしたから、、
こんな服装でお散歩してみたい、、とか、、
ピクニックに行ってみた~い、、とか、、

夢がありますよね~~

スノさんの絵に感激!!

とっても素敵に描かれています、、

思わず見とれてしまいました!!
こんばんは (Tak)
2008-02-04 21:16:36
コメント&TBありがとうございました。

息子ジャンはかなり父親の作品を
意識し映像の中に取り入れていますね。
これほどまで共通する作品があるとは!

ルノワール展にしては楽しむことできました。
Unknown (バルおばさん)
2008-02-04 22:46:40
「田舎のダンス」で日本の扇子が効果的に使われてますね。外にも打ち掛けを着た女性の絵も描いたし、
息子の映画にはこういうのはなかったのかしら。
photoshop、上達してますね♪
Unknown (reomama)
2008-02-05 00:07:41
ブラボー、新境地ですね
すばらしい絵です、ブログで、こんな絵を見られるなんて、スノーパンダさん、本当にお上手です
本格的な絵の勉強されたんですか?

コメントを投稿

美術館・ART・博物館」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

「ルノワール+ルノワール展」 (弐代目・青い日記帳 )
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の 「ルノワール+ルノワール 画家の父 映画監督の息子 2人の巨匠が日本初共演」展に行って来ました。 父さんルノワールの展覧会だけでも集客力半端じゃないのに Bunkamuraさん地の利を生かして映画ファンまで集める気満々。 ...
ルノワール+ルノワール展 (本日も気まぐれ)
ルノワールの作品が大好きなので今回も知人と行って来ました。 今回の美術展は画家のルノワールの作品だけでなく その息子で映画監督のジャン・ルノワールの映画作品も紹介し 父の絵画と息子の映画作品がどう関わってるのかなどが解説されています。 だからこの美術展は...
ルノワール+ルノワール展 (はなことば)
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「ルノワール+ルノワール展」に行ってきました(会期2月2日から5月6日まで)。 ルノワール好きな方、ほんとにすみません…あのとろけたバターのような女の人の絵を見るたびに「ルノワールの絵を見ると太る気がする!」とかいうわけ...
美の名言 (美の名言)
芸術が愛らしいものであってなぜいけないんだ?世の中は不愉快なことだらけじゃないか。
美術展巡り (京の昼寝~♪)
美術展巡り  2月22日(金)   リフレッシュ休暇が2日残っていたので、これを有意義に使おうと、土日をはさんで4連休を取りました まず4連休初日は最近行けてなかった美術展巡りをすることにしました   「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」/東...
美術展巡り (京の昼寝~♪)
美術展巡り  2月22日(金)   リフレッシュ休暇が2日残っていたので、これを有意義に使おうと、土日をはさんで4連休を取りました まず4連休初日は最近行けてなかった美術展巡りをすることにしました   「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」/東...
「ルノワール+ルノワール展」を鑑賞して (KINTYRE’SDIARY)
ルノワール+ルノワール展昨日、有給休暇を取得してBunkamuraザ・ミュージアムで開催されている「ルノワール+ルノワール展」を鑑賞に出かけました。この展示会はピエール=オーギュスト・ルノワールというモネと並ぶ印象派の巨匠と、その巨匠を父に持ち、映画監督としてフ...
「ルノワール+ルノワール展」&「エリック・カール展」 (* ハ ン ド メ イ ド な ひ と と き *)
5月1日(木)念願のルノワール展にようやく足を運びました。。。ギリギリセーフってとこで冷や汗モノ(笑)出来ればじっくり鑑賞したかったか...