二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

浅草雷門

2020年02月19日 | シャッフル/photos
NO.3はこちら。まごついていたら、左からお兄ちゃんの顔が(゚Д゚*)  ここは浅草、雷門。小さな可愛いカメラマンを撮りたかったのだ。 スナップショットは写真の王道、偶然を味方にしないとね♪  このときから、何ともう8-9年の歳月が流れた。 . . . 本文を読む
コメント

若い恋人たち

2020年02月18日 | シャッフル/photos
お二人は恋人同士、しだれ桜を見にやってきたのだ。 いいなあ、とてもピュアなさわやか系、シアワセを分けてくれてありがとう♪ ところで、このシリーズ、再UPするものが多いから、古くからのミク友さんには「見た、見た!」といわれるだろう。 人物スナップが大好物なのだけど、近ごろはあれこれ気遣いしなければならないため、億劫になって「ブツ撮り」ばかりだわ(゚ペ) . . . 本文を読む
コメント

photos mikeneko NO.1

2020年02月17日 | シャッフル/photos
えーと、本日からphotos mikenekoのタイトルで人物スナップを連載させていただく。 これは和製英語というより、わたしの造語で「mikeneko写真館」というほどの意味(^^♪  一番新しいショットでも3年以上経過しているが、肖像権への配慮から、ロゴを書き込むことにした。 よろしければおつきあいくだされ。 . . . 本文を読む
コメント

1950年代への旅

2020年02月16日 | 写真集、画集など
   (古書店へいったらこのあいだ言及した写真集が置いてあった) ■長野重一写真集「東京1950年代」(岩波書店 2007年刊) 出版がなぜ岩波書店なのかというと、長野重一さんは、東松照明さんなどとならび、岩波写真文庫のメインスタッフだったのだ。 《「岩波写真文庫」の仕事で日本全国を旅した写真家が、複雑な表情をもつ東京に惹かれ、都内を隅々まで歩き、ランドマークを見上げ、街を見下ろし、人々の . . . 本文を読む
コメント

アンチ絶景派

2020年02月15日 | Blog & Photo
   (おおっ、限界集落ということばを連想するのはわたしだけではあるまい。それにしても見事なオブジェ!) この数日、4月上旬とか中旬とかいう季節はずれの気温がつづいた。 家にこもっているのももったいないので、カメラを4-5台クルマに放り込んで、西毛地区をめざす。 わたしは友人から「アンチ絶景派」などとからかわれている。アンチといっても絶景が嫌いなわけではなく、ときどきは「わぉ、キレイ!」といわ . . . 本文を読む
コメント

ゆれてゆれて(ポエムNO.3-27)

2020年02月13日 | 俳句・短歌・詩集
風にさわさわゆれる木が きみに大事なことをささやいている。 ほら いたずらっぽいアヒルやいつも疲弊しているようなカワヤナギ。 それとやたら臆病でビクついているマスク星人や 五線紙からおっこちてきて大あわてしている音符。 そのかたわらでぼくはきみと出会った。 きみはゆれる木のほうを向き ぼくという無口な存在感の薄い男にも 大きな●みたいなピリオドにも うじゃうじゃと出現してきた新人類にも 唇の端 . . . 本文を読む
コメント

田螺がいた!

2020年02月13日 | シャッフル/photos
海まで130キロ以上ある。こんな畑に貝殻(?_?)  そう、貝が棲んでいるのです。田螺が・・・。 だれか田螺を採って食べ、ここに大量に殻を捨てた人がいる。 こんなものが田にいるとは、農薬に抵抗力があるのだろう、きっと(^^♪ そうそう、水路(農業用)にもたくさん棲んでいる。 . . . 本文を読む
コメント

涙を浮かべながら微笑むことができる人

2020年02月11日 | 音楽(クラシック関連)
知りあいの祝いのため制作されたとされる「ディヴェルティメント17番ニ長調K.334」、この第2第3楽章を聴いていると、微笑みながら踊っているモーツァルトの目頭に涙が浮かんでいるのが見える♪  彼を嫌いになれる人が、この世にいるだろうか?  としたら、きっとフシアワセなのに違いない、悲しさを通り越して。 . . . 本文を読む
コメント

夕陽のこちら側

2020年02月11日 | シャッフル/photos
追憶というものが目に見えるとしたら、それはどんな光景だろう?  ミルクをたっぷり注いだブラック珈琲のような、あるいはモーツァルトの協奏交響曲K364第二楽章のような、甘くほろ苦い感情が胸のほとりで波立つ。 この時間もまたたくまに過ぎ去っていく。 何かのおわりは何かのはじまり・・・その岸辺♪ . . . 本文を読む
コメント

A day in the life ~フィルムカメラ編(オリンパス)

2020年02月09日 | Blog & Photo
   (日溜りの椅子とテーブル。土日はゲートボールのご老人方でにぎやか。OM-4で) 全体としては暖冬なのだろうが、寒波がやってくるとやっぱり寒いなあ(;´д` ) 去年から書斎のエアコンが壊れ、電熱器だけがたよりなので、長時間坐っていると体が冷えてくる。 我慢比べみたいなもんだ、高齢者のクセして・・・アハハハ♪ はてさて、フィルムに惚れているという人は「絶滅危惧種」だけど、先日オリンパスO . . . 本文を読む
コメント