二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

涙を浮かべながら微笑むことができる人

2020年02月11日 | 音楽(クラシック関連)
知りあいの祝いのため制作されたとされる「ディヴェルティメント17番ニ長調K.334」、この第2第3楽章を聴いていると、微笑みながら踊っているモーツァルトの目頭に涙が浮かんでいるのが見える♪ 
彼を嫌いになれる人が、この世にいるだろうか? 
としたら、きっとフシアワセなのに違いない、悲しさを通り越して。

コメント   この記事についてブログを書く
« 夕陽のこちら側 | トップ | 田螺がいた! »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽(クラシック関連)」カテゴリの最新記事