二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

「失敗の本質」(中公文庫)の衝撃度

2019年12月04日 | シャッフル/books
いやはや、今年読んだ本の中では、一番衝撃度の強い一冊(*゚ー゚)v 
こういう本と巡りあえる経験は滅多にない。
「失敗の本質」(中公文庫)。
わたしが手にしているのは45刷、現在本屋の棚にあるのが、68刷。新しい本ではないから、ベストセラーではなくロングセラーといえるだろう。

「日本軍の組織論的研究」とサブタイトルされている! 
政治家や大企業のトップ経営陣が、本書を推薦しているのだ。
発行部数何十万部になるのか!? 

疑いなく組織論の傑作。
こういうジャンルの本は、わたしははじめてなので、衝撃も大きい。
これまでわたしに推薦してくれた人はいないので見落としていた。

コメント   この記事についてブログを書く
« フィルムカメラに首っ丈♪ | トップ | 「失敗の本質」二冊目 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

シャッフル/books」カテゴリの最新記事