二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

梅雨の谷間を乗り切ろう

2019年07月21日 | Blog & Photo
   (何ていう花だろう? はじめて見たな)

■たまには日記らしい内容のものを書いておこう、たまには( ´ー`)タハ


降るのかなと思っていると、降らない。降らないだろうと出かけると、ぱらぱら降ってくる。
そんな不安定な、予測のたたない天候がつづいているけど、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

選挙で盛り上がっている人もいるようだけど、わたしは冷ややかなもの。
だって、参院選だよ、政局にはほとんど影響はないだろう、与党が大敗しない限りね。群馬は同日で県知事選があるから投票所には足をはこぶけど、まあ、投票するまでもなく、結果はわかっている(゚ペ)

毎日が日曜日。
要するに“老後”なんだね、でもまだ完全には納得しきれていない。カメラを数台積み込んでふらふらとドライブし、クルマをとめて歩き、被写体を探す。
何週間も予定のない日がつづくと、気合いが抜けて、現実感がうすれていく。それは事前に予想できたことだけど。

友人から「ゴルフでもやらないか」とお誘いがあった。しかし、またクラブ一式揃え、練習所通いをするのは億劫だなあ。さすがゲートボールのお誘いはまだないけど、知りあいではじめた人がいる。“老後”だよねぇ、ますます気合いが抜けていく(^○^)/
ジムへいって、プールで泳ぎ、バーベルでも揚げて一汗かくか。
それも気乗りしないなあ、観光旅行もねぇ。









古書店やリサイクルショップであれこれ物色したあと、Kさんとランチ(^^♪
わたしより2歳年下で、哲学科の出身、元高校の教員なので、デカルトだとか、カントだとか、ヘーゲルだとか、込み入った抽象的な話を我慢しながら(失礼)聞いていた。
午後は中古カメラショップへ立ち寄ったら、アサヒペンタックスMXの完動品が2万円で陳列してあった。
「・・・ほほう」と、手にとったのが、運のツキ(^^;)

露出計がちゃんと動いているMXははじめて見たぞ。モルトも張り替えてあるじゃないか!
本当はLXが欲しいのだけど、食指の動く良品は4万円ほどするし、いい出物に巡りあえない。







MEとMV-1ボディ、そしてF1.4、F1.7の標準レンズは2本手許にある。でも、レンズはともかく両機とも半ジャンク品に近いので、MXにグラッときてしまった。
AB品(中古良品)レベル、にしても、2万円は安くはないなあ。
ペンタックスのMシリーズは、オリンパスのOMシリーズに対抗して売り出された、小型軽量一眼の代表格。

ファインダーの中で、露出計の発光ダイオードが目まぐるしく信号機みたいにチカチカするのがご愛敬(@_@)アハハ 発売されたのは1976年。
フィルムカメラは、メンテナンスさえしてあれば、あきれるほど息が長い。
ニコンFE2と較べ、あきらかに一回り小さく軽いが、チープな感じはしない。

往年の純正革ストラップと、電池はおまけでいただいた( ・・) 3ヶ月保証付きなので、そのうちどこかへ連れだそう。とりあえず50ミリF1.7を装着し、空シャッターを押してみた。
ピントの切れは素晴らしい♪

だけどさ、こんなことやっていていいのかしら(?_?) と思わぬでもない。
降るのか降らないのか、はっきりしない梅雨の谷間だし、本を読むのも疲れたし・・・ダハハ(*・д・)ドテ



※撮影に用いた機材はキヤノン6DM2 ソニーRX100M3

コメント   この記事についてブログを書く
« 猫のティラノザウルス | トップ | アサヒペンタックスMX »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Blog & Photo」カテゴリの最新記事