二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

チョウに恋した ~2019年版

2019年08月24日 | Blog & Photo
  (移動中、たまたま10頭ばかりのチョウたちが吸蜜している場面に遭遇♪)


どこにでもいるチョウたちばかりだけど、少々まとめ撮りしたのでならべてみよう(^-^*)
さしてフォトジェニックというのでもないなあ。ほぼ図鑑写真じゃ。
朝早くにけっこう激しい通り雨があって、猛暑が少しゆるんだ、午前10時半ごろの出来事。


1)トップの一枚、ツマグロヒョウモン♂。


2)ヒメアカタテハ。雌雄はわたしにはよくわからない。兄弟のアカタテハは平地ではまずお目にかかれない。


3)チョウには上下の感覚がないのかな、よくさかさまに止まっているダハハ。


4)コミスジさん。ときどきわが家にもやってくる♪ あれっ、木陰が好きなはずだけどきみはどーしてこんなところに(?_?)


5)イチモンジセセリちゃん。この子はどこにでも顔を出す、ビュッと素早いシャトル。


6)こうして比較すると、アゲハチョウの仲間のいかに大きいことか!


7)ナミアゲハ1頭しかいなかったが、夢中でお食事ちう(´▽`)


8)ツマグロヒョウモン♂。4頭ほど見かけた。


9)ツマグロ♀。1頭しかいなかった。


番外)彼ら、彼女たちが飛翔し盛んに口吻を伸ばしていたのがこの花。
なんという花だろう、まだ調べていない。


撮影したのは、“成田空港行”等の長距離バス発着所、その一隅のネットフェンス際だ。
あいにく50ミリレンズ付きのEOS6Dと、コンデジしか積んでいなかった。そしてフィルムカメラ2台。

7、8年前まで、こんな写真ばかり撮っていた。
ディスプレーで眺めるとコンデジのデジタルズーム域なので写りはさほどでもないのだが、640×640、100KB程度に縮小すると、その差はわずか(・ω・)

チョウたちに恋し、こーゆー写真が撮りたくてデジタル一眼を手にしたんだよね。
甲虫もずいぶん撮影したけど、恋びとといえば、やっぱりチョウだなあ。



※機材は手のひらサイズのコンデジ、ソニーRX100M3。
1インチセンサー、24~70ミリだが、デジタルズーム域(×2)でも、それほど画像が劣化しない。
出かけるとき、つねにポッシェに突っ込んである小さなメモカメラ。(o^^o)タハ
これじゃ高倍率ズーム機RX100M7(RX100の最新機種)に注目が集まって当然かもねぇ、お高いけど!

コメント   この記事についてブログを書く
« 水谷千秋「謎の豪族 蘇我氏... | トップ | 昔、コシナ35というカメラが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Blog & Photo」カテゴリの最新記事