二草庵摘録

本のレビューと散歩写真を中心に掲載しています。二草庵とは、わが茅屋のこと。最近は詩(ポエム)もアップしています。

passenger

2017年10月12日 | フリッカー/photos
祭りでにぎわうストリートの真ん中に立って、ローライフレックスのほとんど無音のシャッターを切る。
近づき、そして離れていく。
この人たちに“後日談”はあるんだろうか? 

交差するじかん・・・・こぼれていく砂時計の数分、数秒を、カメラがとらえる。

この一枚を見返していると、ふとそんな気泡のようなものがとらえどころなく、影をひきながら、こころに覆いかぶさる。
大抵はその場かぎりの「すれ違い」。
passengerには乗客、旅客、搭乗者等の意味がある。

なぜこんなことを書いているのかというと、昨日わたしの前を、一人の魅力的な女性が横切っていったからだ。
とても感じのいい、アラフォーの独身女性。
賃貸契約のため、Aさんは菓子折をもってやってきた。
「この人を、passengerとして通りすぎるにまかせていいのだろうか」
わたしは、そんな気分とたたかっていた(=_=)

不動産管理者と入居者。
「わたしがもっと若かったら、つきあってくれといったかも知れないね」というわたしのことばに、彼女はうつむいて笑っていた。
彼女は3回目の賃貸契約の更新手続きにやってきたのである。

passenger

わたしもまた、だれかからみたら、その一人である。
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« やきそば「ひまわり」 | トップ | ターコイズブルーのハーレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フリッカー/photos」カテゴリの最新記事