黒田晴美の子育てとコーチングと「わたし」

神戸でコーチをしている黒田晴美です。子育て中のママや夢に向かって一歩踏み出したい方のサポートをしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『笑ってコラえて☆チアリーディングの旅』コーチのいうことは皆同じ?!

2010年05月13日 | はるの成長日記
昨日も、所さんの「笑ってコラえて」をみていました。
注目のコーナーは“チアリーディングの旅”
関西の高校がでていましたね~。

チアではありませんが、私も高校時代バトントワリングをしていたので、
勝手に親近感を持ってみています。

チアリーディング日本一を決める大会で9連覇中の最強王者「箕面(みのお)自由学園高校」と
3年連続準優勝!今年こそはと雪辱に燃える「梅花(ばいか)高校」を追っていたのですが、
箕面自由学園のベアーズは、有名なだけあって、さすがの演技でしたし、
それぞれのコーチも、とても魅力あるコーチでした。
(ここで出てくるコーチは、コーチングのコーチではなく、スポーツのコーチです。)

見ながら、思わず笑ってしまいました。
「なんで泣いてるの!泣いたって何にもならへんやろ!」
「次、どうするかが大事なんちゃうん?」
「こうなったんは自分のせいやねんから、自分がどうにかするしかないやろ」
というようなことをおっしゃっていたのですが、
これ、私が我が家で子どもたちを叱るのとまったく同じ言葉です(爆)

うちの子どもたち、5歳と7歳。
かたや、スポーツの名門校の伝統ある部活のメンバー。

私って、こんなスパルタ方式で子どもたちに向かい合ってたんだ!ということに、
初めて気がつきました。

っていうか、こういう教育方針が私に染み込んでいるんでしょうね(汗)

テレビの中でのコーチの発言に、
ひとつひとつ「うん、そうそう。」とうなずきながらみていた私です。

最期に、連勝をストップしてしまった箕面自由学園のコーチが、
「すべてコーチである私の責任です。私の指導方針が悪かったんです。
 これから夏に向けて、今できなかった子たちが成長していく姿を見ることができるのは、
本当にいい仕事をさせてもらっています。今は泣きたくありません。
悔し涙になるから。成長したこの子たちと嬉し涙を流したい。」
とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

スポーツの世界ではないにしても、
コーチとして、クライアントさんと共に成長し、見守っていける喜びは、
コーチングのコーチも同じです。

志を同じくするコーチ仲間とは、
「私たち、本当にいい仕事させてもらっているよねぇ!」
といつもいいあっています。

収入を得るための仕事ではなく、
そこには感動や、心の満足があるのです。
だからこそ、この仕事にとてもやりがいを感じています。

コーチであれることが、とても幸せです。

だから、この「幸せ」のエッセンスをまだご存じない方に、ぜひ伝えたいのです。

コミュニケーションのスキルを伝える場ではありません。
あなたが幸せになれる心の在り方をお伝えします。
といっても、内容は私とMEGさんが今まで学んできた数々の物が組み込まれているので、
かなり理論的ではあります。
だけど、難しくはありません。
頭で考えるのではなく、五感で感じてくださいね。

ふと、心が動いた方は、どうぞご自分のその心の向きを信じてみてください。
あなたに必要のないものに、心は動かないはずですから。

★名古屋セミナー パート2
『幸せのおすそわけ~自分も相手も楽になる∞スパイラル』
2010年5月23日(日) @ 13:30 ~ 16:30


詳細・お申込は こちら からどうぞ。
ジャンル:
コーチング・マネジメント
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダメなんじゃない、次にどう... | トップ | ★ 幸せのおすそわけ[82] S... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

はるの成長日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事