サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

窓の防音 避けては通れない透過損失曲線

2018年07月09日 17時29分36秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


窓の防音
内窓の種類によってその結果に雲泥の差がでるのはもちろんですが、どんなガラスをチョイスするかでも結果に大きな差が出ます。


じゃあどんなガラスを使えばいいのか!?


その答えはこの透過損失グラフと呼ばれる表で見て取れます。



見るだけで ウェ~って感じです。
本職のガラス屋さんでもこのグラフのことを良く知らない、わからない、という方は多いと思います。でも本当に結果を求めるならここは避けて通れません。


これは簡単にいうと、ガラスの種類別に、どの音域でどの程度の効果があるかを表したグラフです。上にあるガラスほど、遮音効果が高い、と読めます。


ということは、抑えたい騒音がどの音域にあるのかを測定しないと、ピンポイントで効くガラスを選ぶのは不可能です。なので弊社では防音目的で内窓を取り付ける場合、騒音測定は必須で行っています。


さて、このグラフを説明しようとするとかなり長くなりそうなので、本気で知りたい方はご一報ください。詳細、お伝えいたします。

今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商






電話0765-24-3455
インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


ともに魚津の人の暮らしを支えていく現場スタッフ募集中です!ご興味のある方、まずはコチラをご覧下さい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« サッシ取替 簡単ですよ! | トップ | 古くて部品がもうありません... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

内窓・サッシ取付」カテゴリの最新記事