サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

日よけ LIXIL スタイルシェード 好きな高さで固定する方法

2018年06月08日 11時04分59秒 | アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品
自社施工実績魚津No1!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


本日の現場、魚津市吉島


これからの季節は必須になってくる窓の日よけ。
比較的安価で安定した人気があるのが
LIXILの『スタイルシェード』


今回は間口2m70cmほどの窓に設置させていただいたので生地は2分割になります。





実はこの手のタイプには使い勝手上の弱点?があります。
それは完全に巻き上げるか、完全におろすか。
その2択しかないということ。


ほどよい位置でとめようとしても、メーカーのオプション設定の中にはそういったものがありません。


お客様からは
『途中でとめられるようにできないのか』
というご要望がありましたが、普通なら


『できません』


と答えるところでしょう。


がしかし!
できないという前に、何かないかと考えるのが私達新田建商の持ち味。


で、出した答えがこれ。



アウトドア用のロープ、カラビナフック、自在金具などを使ってシェード生地を任意の位置で固定できるようにしました。


このような使い方はメーカーは推奨していないので、もちろん自己責任ということになりますが、特別風が強くない限り普段の使い勝手としてはかなり自由度が増して便利です。


普段よくキャンプに行くので、この方法はすぐに思いつきました。
アウトドアの知識、経験がこんなところで活きてきましたねぇ。


先日のブログ
『できない!って言われた方へ』
でも触れていますが、メーカー保証がないことに対してオウム返し的にできないというのはたやすいことです。


会社として、そういうオリジナリティあふれることはするな。
というところもあります(前の職場がまさにそうだった・・・)


けどうちは180度違います。
リスクから何から検討して、
できると思えばアイディアをどんどん形にできる。これが新田建商スタイル


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商






電話0765-24-3455
インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


ともに魚津の人の暮らしを支えていく現場スタッフ募集中です!ご興味のある方、まずはコチラをご覧下さい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ペアガラスがくもったら | トップ | 『危ないチラシ』から読み取... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アルミエクステリア・オリジナルアルミ製品」カテゴリの最新記事