サッシ・エクステリアリフォーム専門! 新田建商の仕事ブログ

自社施工実績魚津No1。新田建商店長が書き綴る、現場のこと、業界アレコレ、仕事への想い・・・。

隙間風が多いジャロジー(ルーバー窓)を滑り出し窓へ!

2018年04月13日 19時15分12秒 | 内窓・サッシ取付
自社施工実績魚津No1!
サッシ・エクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商の新田健太郎です


隙間風が気になる。
そういう話を聞いて現地へいくと、たいていそれはこのサッシです





ガラスルーバー窓。通称ジャロジー


近年のルーバー窓は気密性も高まってきていますが、それでもやはり構造上隙間風に対しては弱い。


冬になるとてきめんかと思います。


ということで対策として多いのが滑り出し窓へ取り変える工事。
わずか半日ちょっとで気密性が高い滑り出し窓へ取り替えできます





これはカバー工法と呼ばれる工法を使っているのですが、この工法はどうしても窓が少し小さくなるというのが唯一にして最大のデメリット。


なので私たちは1mm単位でその窓に合わせて、窓の大きさをできるだけキープできるよう工夫して工事をしています。ここが私達のカバー工法へのこだわりであり、強みです。


ちなみに、某サッシメーカーに『かんたんマド〇モ』という省力化されたカバー工法のシリーズがあり、これを日常的にオススメしている窓のリフォームショップもあるようですが、
これは窓がかなり小さくなってしまいます
ので採用する際は注意が必要です。


マドリモのメリットは省力化 = 施工店側のメリット。
お客様にとって本当にいいリフォーム方法はマドリモなのかどうか、
そのあたりキチンと説明できるお店は、窓にこだわりを持つ間違いないお店といえるのではないでしょうか。


今日も最後までご覧いただきありがとうございますっ!
サッシエクステリアリフォーム専門
有限会社新田建商



電話0765-24-3455
インターネットによるお問合せはこちらから。
24時間365日受付中!


ともに魚津の人の暮らしを支えていく現場スタッフ募集中です!ご興味のある方、まずはコチラをご覧下さい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 昨年の反省を踏まえて・・・。 | トップ | 防音内窓 プラスト工事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

内窓・サッシ取付」カテゴリの最新記事