日刊ミヤガワ

作家・表現教育者宮川俊彦によるニッポン唯一、論評専門マガジン。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

3月19日~宮川俊彦の作文・論文・読解講座第63回春の特講・特訓 開講

2007年03月19日 | Weblog
作家・教育評論家 表現教育の第一人者 宮川俊彦の作文・論文・読解講座 第63回春の特講・特訓(小中学生から大人まで全世代対象) 3月19日~4月4日 日曜を除いて毎日開講

 最近の受講生は目が違います。姿勢も違います。特にここ一年間は親子共に真剣に学んでいこうとする雰囲気がかなり増してきました。  10分作文はいいとして、冒頭読解や文末読解の習得。包括現象事例作文。多元読解。仮説実証論作文。二次三次感想文。骨格還元読解。種子言語。時系列印象作文。ところで作文。そもそも作文。理科作文。歴史作文。など・・・。開拓してきた表現の世界は多彩なものがあります。
 そういう表現教育の前線基地として常にホットなそして怜悧な思索と実作が展開されています。  教室での受講生たちの食い入る目。没入していく表現の世界。教養低下と反射訓練だけの浅薄な時代を経てようやく本来の質に練り上がってきました。
 「ここに来る子は違う」と云われます。「ここに来た子は違う」というのが本当のところです。  だからボクも日々研鑽と楽しさで講義に立ち続け指導に没頭します。作品集などその特講の成果が凝縮されています。
 厳しさがあります。しかしみんな笑い、ノリノリで参加します。今回は15日間。定式と固定の雪に覆われた本来の思索と感性の芽を見い出し、自覚させ、育みたいと思います。通学前段階の公開講義の性格もあります。特講常連組はもとより新人諸君、またまた目からウロコの春になります。期待してくださいよ。  あの教室で待ってます。じゃ。 
                     byとっちゃまん・宮川俊彦


日程・クラス編成・料金・内容の詳細およびお申し込みは、 下記ホームページよりお願いいたします。
http://www.miyagawa.tv/sp-tokkou/index2.htm

国語作文教育研究所・宮川俊彦教育研究室 〒101-8428 東京都千代田区神田神保町1-24 (最寄り:地下鉄神保町駅・JR御茶ノ水駅)
info@miyagawa.tv
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 3月19日 欠点 | トップ | 3月20日 風雪 »

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事