goo

「ゴーストライター」 THE GHOST WRITER



降りしきる雨の中、港にフェリーが近づき接岸し、やがて一台取り残されるBMW X4 。
そして波打ち際に打ち上げられる男の死体 ---- 。

まるで上質のミステリー小説を読んでいるがごとき不穏な雰囲気をたっぷり感じさせてくれる見事なオープニングからいきなり作品の世界に引き込まれてしまった。


そして元英首相の自叙伝の代筆を破格の製作費で依頼された主人公(イアン・マクレガーが好演!)の身に、まるでヒッチコック作品の巻き込まれ型サスペンスのように次々と起こる様々な出来事を中心に物語は展開していくのだけど、鉛色の空と海という冬のアメリカ東海岸の孤島全体を覆う寂寥感や徐々に迫りくる不穏な気配を今年で80歳となったというポランスキー監督、円熟味を増した演出で見事に魅せてくれる。


それも時として(主人公が英国人であることもあって)ユーモラスな会話も交えたりもするのだけど、すべて隙がなく、物語そのものもやがて前任者の死の謎に近づくとともに様々な人間関係が、まるでピースがひとつずつ埋まるように繋がって行き、やがては意外な結末へと繋がっていくといった展開にいたるまで、落ち着きはらった語り口のもとで終始一貫緊張を強いらせてくれる粋を知り尽くした演出につい惚れ惚れ。


実のところ物語そのものはサスペンスとしてはさほど傑出したものではないのだけど、ちゃんと練られた脚本と優れた演出、そしてそれに応える役者陣が揃えば、映画は予算ではなく、ましてや CG や VFX などに頼ることなく、いかようにでも面白く魅せることが出来るということを証明してくれ、まさに映画らしい映画を観たなあといった満足感に浸ることが出来る本当にちゃんとした作品だったのであります。


そういった意味ではしばらく映画館で映画を観ていないという大人の人には是非とも観て欲しい作品であります。
金沢での上映期間はそれほど長くないだろうから、早いうちに是非!
強く強くオススメです。



今日の1曲 “ All Blues ” : Miles Davis 

最近誰もいないとき店で一番聴いているアルバムは実はマイルスの『 Kind of Blue 』だったりするのですが、そのアルバムに中からこの映画に何となく似合うこの曲を




コメント ( 3 ) | Trackback ( 15 )
« 絶好の夜景と... 「ご先祖様は... »
 
コメント
 
 
 
気になってた映画です。 (ショウタ)
2011-11-10 14:38:39
益々観たくなりました:-)


じっくり観れる映画をさがしてたもので、是非行ってみまーす[:-)
 
 
 
◇ショウタへ (nikidasu)
2011-11-11 08:30:42
まさに「じっくり観れる映画」なので是非。
ところどころで垣間見れるヒッチコック調というか、サスペンスタッチな演出、
今思い出してもワクワクものです。
ゆっくり楽しんで観ておくれ!
 
 
 
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2011-12-26 22:44:09
突然で申しわけありません。
現在2011年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。
投票は1/19(木)締切です。
ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ゴーストライター  監督/ロマン・ポランスキー (西京極 紫の館)
【出演】  ユアン・マクレガー  ピアース・ブロスナン  キム・キャトラル  オリヴィア・ウィリアムズ 【ストーリー】 元英国首相ラングの自伝執筆のために出版社より選ばれたゴーストライターの“僕”は、ラングが滞在するアメリカ東海岸の孤島に向かう。その矢先、...
 
 
 
ゴーストライター (to Heart)
知りすぎた、男(ゴースト)――。 原題 THE GHOST WRITER 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/ドイツ/イギリス 上映時間 128分 原作 ロバート・ハリス 『ゴーストライター』((講談社文庫刊) 脚本 ロバート・ハリス/ロマン・ポランスキー 監督 ロマン・ポラン...
 
 
 
映画レビュー「ゴーストライター」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Ghost Writer◆プチレビュー◆重層的な仕掛けと丁寧な演技で魅せる政治ミステリー。主人公に名前がないのが象徴的だ。 【70点】 元英国首相アダム・ラングの自叙伝執筆を、破格 ...
 
 
 
知り過ぎた男~『ゴーストライター』 (真紅のthinkingdays)
 THE GHOST WRITER  ロンドンでゴーストライターを生業とする男(ユアン・マクレガー)は、ある日 エージェントから元首相アダム・ラング(ピアース・ブロスナン)の自叙伝執筆 を打診さ...
 
 
 
「ゴーストライター」 真相を知ってからのほうが楽しめる? (はらやんの映画徒然草)
元英国首相アダム・ラング(ピアース・プロスナン)の自叙伝を書いていた男が謎の死を
 
 
 
ゴーストライター/ユアン・マクレガー (カノンな日々)
巨匠ロマン・ポランスキー監督がロバート・ハリスの小説を映画化したサスペンス・ドラマ。予告編を何度も目にしましたし、大作風に感じたのでてっきり全国展開する作品とばかり思 ...
 
 
 
『ゴーストライター』 (ラムの大通り)
(原題:The Ghost Writer) ----これは、観たときから スゴク気にっていた映画だよね。 ロマン・ポランスキーだっけ? 「うん。 1960年代に大活躍していた監督たちは、 そのほとんどが鬼籍入りしちゃったけど、 彼は『水の中のナイフ』デビューしたのが20代。 というこ...
 
 
 
ゴーストライター (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゴーストライター』をヒューマントラストシネマ有楽町で見ました。 (1)この映画を制作したロマン・ポランスキー監督の作品は、『戦場のピアニスト』(2003年)に感動したこともあり〔その後の『オリバー・ツイスト』(2006年)はあまりいいとは思いませんでしたが〕....
 
 
 
ゴーストライター (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロバート・ハリスの同名小説を「戦場のピアニスト」のロマン・ポランスキー監督が映画化。元イギリス首相のゴーストライターとして雇われた男が、国家を揺るがすある秘密に触れて ...
 
 
 
ゴーストライター (風に吹かれて)
秘密は冒頭に公式サイト http://www.ghost-writer.jp同名小説(ロバート・ハリス著)の映画化監督: ロマン・ポランスキー  「チャイナタウン」 「戦場のピアニスト」元英国首相アダ
 
 
 
「ゴーストライター」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
映画って本来こういうものだったんじゃないの。 どういう意味? ムリのない話の展開、ムダのない描写、ムラのない演技、そこから醸し出される空気感・・・もう「映画」としか言いようがない。久しく失われていた、匂い立つような映画的感覚。 たしかに。鬼才ロマン・ポラ...
 
 
 
【TIFF 2010】『ゴーストライター』 (2010) / フランス・ドイツ・イギリス (Nice One!! @goo)
原題:The Ghost Writer / The Ghost 監督/共同脚本/共同プロデューサー:ロマン・ポランスキー 主演:ユアン・マクレガー ピアース・ブロスナン キム・キャトラル オリヴィア・ウィリアムズ トム・ウィルキンソン ティモシー・ハットン ジョン・バ...
 
 
 
ゴーストライター (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
ゴーストライター '10:フランス=ドイツ=イギリス ◆原題:THE GHOST WRITER ◆監督:ロマン・ポランスキー「戦場のピアニスト」 ◆出演:ユアン・マクレガー、ピアース・ブロスナン、キム・キャトラル、オリヴィア・ウィリアムズ、トム・ウィルキンソン ◆STORY◆...
 
 
 
ゴーストライター (The Ghost Writer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロマン・ポランスキー 主演 ユアン・マクレガー 2010年 フランス/ドイツ/イギリス映画 128分 サスペンス 採点★★★★ 小学生の頃、県の読書感想文コンクールで入選した事がある私。うちの親なんかは未だにそのことに触れ、「昔は文才あったのに…」とか言...
 
 
 
【映画】ゴーストライター…島で秘密とか調べると大体こういう目に遭います。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日2012年9月29日(土曜日)はレンジで焼き芋を作ろうとして、炭を作ってしまったピロEKです …ヤバかったなぁ 早速ですが、以下は映画観賞記録 もちろんヤッツケて書きました(ヤッツケ度★★☆☆☆) 今まで説明して無かったけど。★の数が私の記事書く上でのイ...