goo

「UDON」

昨日の夜中、ピーター・バラカン司会のNHKの番組「Weekend Japanology」の再放送を観ていたら香川の特集で“讃岐うどん”を紹介していた。
そして番組の中で登場していた香川のおじさんが話す流暢で的確な英語の解説はとても面白くて思わずうどんが食べたくなった -------- 。

ということで、今日は何かと話題になっているらしい(?)この映画を。

思い切りベタな出会いで知り合う小西真奈美とユースケ・サンタマリアが道に迷った挙句辿り着いた製麺所で卵をかけてネギをのせて食べる釜玉うどんの美味しさが見事に伝わってくる絵には素直に感動、というか思わずお腹の虫が鳴ってしまった。

ただ「ブームには聖地が必要」だとか、「ブームになったときから人気は下火に」といったわかった風なことを江守徹がテレビ局(多分CXの現役?)スタッフに偉そうに語るシニカルな描写は良しとするとしても、その後の言わば「讃岐うどん狂想曲」的展開にどんどん話がつぎ込まれすぎて(トリヴィア的には面白かったけれど)、父親と息子との葛藤のドラマが結果としてとって付けたようになってしまったのは残念だった。

そしてトータス松本を加えた3人のあまりにテレビ的な演技もまた良しとするとしても、ブームが終わりかけはじめたときの、そうした互いが心に秘めた思いすらナレーションで語らせてしまう演出もいかがなものかとつい思ってしまったのだ。



もちろん世の中何が大切なのかというメッセージは随所に語られ、心温まるエピソードは胸を打ち、昨年公開され大好きだった『サマータイムマシン・ブルース』からの「客演」(と呼んでしまおう)も楽しく、決して退屈することはなかったが、監督のうどん、あるいは香川への思いが先走リ過ぎていささかご当地映画になり過ぎていたといった点でも少しもったいなさが残ってしまった。

それにしても全く余談ながら
「ネギはないの?」ってお店の人に尋ね、「ネギは外にはえているよ」と言われ、自分で摘んできて刻んで入れるシーンがあったけれど、昔々京都で大学生していた頃に屋台のうどん屋をやっていたことがあって、営業中にネギを切らして近所の畑から(九条葱?を)黙って拝借したことがあったことを思い出してしまった(苦笑)。

ちなみに香川でうどんを食べたことがないので偉そうなことはいえないけれど、大阪駅の近くのビルの地下にある「はがくれ」は数回行っただけだけど個人的に強くオススメであります。



今日の1曲 “ ガッツだぜ! ” : ウルフルズ

トータス松本率いるウルフルズ、メジャーデヴューした頃は、CMディレクター竹内鉄郎によるアイデアとセンスに満ちたプロモーションビデオを連発し随分話題となっていました。
そんな中、国民的ヒット曲となったこの曲が生まれたためバンドとしては、その後遺症に随分苦しんだらしいです。
個人的にはこういったPVで見せるこの頃のトータス松本の芝居のほうが好きだったりするのですが・・・・・。
動画はコチラにあります。
コメント ( 9 ) | Trackback ( 35 )
« 「ブラック・... SELFLEVEL SUS... »
 
コメント
 
 
 
こんにちは♪ (ミチ)
2006-08-29 09:20:24
讃岐うどんといえば地元では木倉町(?)に「さぬき」というお店があったのをご存知でしょうか?

ご亭主がいつもタネを足で踏んでいたのを思い出します。

味もとても美味しかったのに、ご亭主亡き後は閉店してしまったのが残念。

この映画、ツボが多かったのですが、フジテレビ臭があまりに強くて・・・(汗)
 
 
 
「さぬき」! (nikidasu)
2006-08-30 01:45:03
■ミチさんへ



木倉町の「さぬき」、昔。香林坊に映画館がいっぱいあった頃

よく行きました。

大泉洋のアスパラみたいに注文を受けてから揚げてくれる

『野菜天麩羅うどん』が好きでした。

薄口のお汁も美味しかったですよね。



映画のほうは「サマータイムマシーンブルース」よ、もう一度

みたいな期待感が強すぎたかも知れません。
 
 
 
Unknown (風情♪)
2006-08-31 00:32:03
こんばんは♪



(↑)でミチさんもおっしゃってますがボクも

フジテレビ臭があまりに強くて辟易でしたね。

どうもここが作品に絡んでくると駄作になってしまう

傾向にあるように思えてなりません。

しかもヅラ野郎の小倉までゲスト出演してるし・・・。

ボクは東京ですが近所にブームに乗っかって

出店した讃岐うどん屋があるのですがもう下火

なのでしょうか?客があまりいません・・・r(^^;)
 
 
 
フジテレビ (nikidasu)
2006-09-01 01:56:41
■風情♪さんへ



そうですね、あそこまでやってしまうとあざと過ぎましたね。

とにかくもう少し整理して、小品として作ったらかなり楽しめる

作品になったのではという思いは強く、勿体無さが募りました。

 
 
 
こんにちは、ご無沙汰でした。 (mimia )
2006-09-15 22:29:23
やっと観てまいりました。

私はだんぜん蕎麦派、手打ちうどんが一人前食べきれない情けない私です。でもあの小さいどんぶりはいいかも~、お箸もって行きたくなりました。
 
 
 
こちらこそ (nikidasu)
2006-09-16 00:45:15
■mimia さんへ



ご無沙汰していました。

麺類は総じて好きなので、美味しければ蕎麦でもうどんでもOKな私です。

映画そのものは、器用さが若干裏目に出たようで詰め込みすぎ。

もう少し1本筋を通してくれたほうが良かったかな?と思ってしまいました。

 
 
 
あの夏 (にら)
2006-09-22 12:02:51
『STMB』(ツウの間ではこう表記されると最近知りました)のプロモーション作品なのに、本編よりもプロモーションのほうが長くておカネ掛けてるなんて、さすがは本広監督だなぁ。



なんて書くと、『STMB』ツウや香川の方に麺棒で叩き殺されかねないので書きません(笑)。



てなわけで、TBありがとうございました。
 
 
 
STMB? (nikidasu)
2006-09-22 16:09:24
■にらさんへ



STMBって最初オフ・ブロードウェイミュージカル「STOMP」のことかと見間違えてしまいました。

要は「サタディ・ナイト・ライヴ」をSNLと表記するみたいなもんなんでしょうか?

発音が面倒くさそうですね。

それにしても「勝てば官軍」なんでしょう、やっぱり。
 
 
 
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-06 23:58:33
 TBどうもありがとうございました。

 ナレーション、語りすぎでしたよね^^;;
 ストーリーもなんだか散漫になってしまって
 残念でした(>_<)

 「はがくれ」、名前はよーく知ってるんですが
 (私も大阪人なもので^^)
 まだ一度も食べに行ったことがないんですよ。
 これを機会に、行ってみようかな♪
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
『UDON』 (ラムの大通り)
----これ『踊る』シリーズの本広克行監督の新作だよね? タイトルをわざわざローマ字にしているけど、 どんなお話なの? 「いやあ。これほどストーリーを説明しやすい映画もないね。 いま、フォーンが想像しているとおりの内容。 『『ここには夢なんかない。 ただ ...
 
 
 
UDON/ユースケ・サンタマリア、小西真奈美 (カノンな日々)
TV屋さんの作る映画って巨額の制作費で大量に宣伝して見た目派手なわりに中身が薄っぺらいということもありがちだから過剰に期待しないようにしてました。でもこの作品はテーマが身近で素朴なこともあり、見た目はやっぱりごちゃごちゃと詰め込み過ぎではあるんだ ...
 
 
 
『UDON』 (試写会帰りに)
『UDON』試写。毎日朝はうどん。たまに三食うどんの日もある、さぬきうどん好きとしては、観ないとマズイ!?ですね。ブームもすっかり定着し、日常となった讃岐うどん。映画『UDON』公開で第二次うどんブームが起こり、香川に再びパニックが起きないか!? それがちょ ...
 
 
 
映画 「UDON」 感想 (THE有頂天ブログ)
映画 「UDON」 観てきました。 一度試写会で観てるけど、公開されてからは初めてです。 平日のお昼の回に行ったんだけど、満席。早めに劇場に乗り込んで正解でした。 観客の年齢層が幅広く、小学生からお年寄りまで本当に老若男女まんべんなくという ...
 
 
 
映画「UDON」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「UDON」 麺類が好き! 特にうどんが好き! 稲庭うどんや氷見うどんのような細麺から讃岐うどんのような太い麺までどれも満遍なく大好き!『かもめ食堂』『間宮兄弟』ではソウル・フードとしてオニギリが登場していたけれど、今回はうどん! 挫折し ...
 
 
 
UDON (Akira's VOICE)
麺は美味しい。 薬味も効いている。 しか~し,ダシは薄味。
 
 
 
UDON (UkiUkiれいんぼーデイ)
「田舎の“クチコミ”バカにしたらアカンでぇ~。インターネットより早い!」 by庄介 うっど~~~ん!良かったよ(´゜ー゜`)b こういう能天気でハイテンションな役って、ユースケ・サンタマリアにピッタリでしょ~! でもユースケの箸の持ち方なっ ...
 
 
 
『UDON』舞台挨拶@日劇2 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
映画『UDON』の舞台挨拶へ行ってきた。監督は、OD・踊るシリーズでおなじみの本広克行監督。本広作品の舞台挨拶はこれで4回目の参加σ(●゜∇゜●)は『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』にエキストラ出演してるし、誕生日も監督と一緒だ ...
 
 
 
『UDON』 2006・8・26に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『UDON』?  公式HP?のAはこちら    公式HP?のBはこちら ●あらすじ うどん屋の息子として育った香助は、夢を求めて単身ニューヨークに渡ったが、夢半ばで挫折し、借金を背負って帰郷することに。しかし、墓参りに行く途中に宮川恭子と出会い。親 ...
 
 
 
『UDON』のお味は? (ミックスランチ2号)
湯気の向こうに広がる無限のハートフルエンタテイメント 本広監督のUDONを観ました。 この映画、フジテレビ色が強くて最初は観る気はなかったのですが あの3人が出ているって知って観に行きました。
 
 
 
映画『UDON』一丁あがり!観ないと、マズイ!8月26日 (話題のナレッジベース)
『UDON』を題材に映画が出来るなんて・・・香川の県民食「讃岐うどん」をテーマにした映画「UDON」(本広克行監督、8月26日公開)が完成した。「踊る大捜査線 THE MOVIE2」で実写邦画の興行記録(173.5億円)を打ち立てたフジテレビ、亀山 ...
 
 
 
UDON (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本   ドラマ&コメディ  監督:本広克行  出演:ユースケ・サンタマリア      小西真奈美      トータス松本      鈴木京香 讃岐うどんの本場の香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助はビッグ になると言って家を飛び出 ...
 
 
 
UDON・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
お昼ご飯にたまたま讃岐うどんを食べ、そのままフラフラと劇場へ。 私をこの映画に誘ったのは、間違いなく「UDON」の力だ(笑 「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督が、故郷の香川県とソウルフード「讃岐うどん」への
 
 
 
うどんが食べたくなる。『UDON』 (水曜日のシネマ日記)
讃岐うどんをめぐる物語です。
 
 
 
「UDON」 讃岐うどんから始まるエンタテインメント (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「踊る大捜査線」チームが手がけ リンクを張らさせていただいている 「東野ひろあき先生」も構成に参加している ユースケサンタマリア主演の 「UDON」を試写会で観てきました。 BIGになるためNYへ飛び出していた 松井香助が、挫折し実家に帰ってくるところか ...
 
 
 
「UDON」 讃岐うどんから始まるエンタテインメント (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「踊る大捜査線」チームが手がけ リンクを張らさせていただいている 「東野ひろあき先生」も構成に参加している ユースケサンタマリア主演の 「UDON」を試写会で観てきました。 BIGになるためNYへ飛び出していた 松井香助が、挫折し実家に帰ってくるところか ...
 
 
 
真・映画日記(3)『UDON』 (CHEAP THRILL)
(2から) 3時15分からは『UDON』なんだけど……長いってば。うどんだけで2時間15分あるんだから。 監督は『踊る大捜査線』や『交渉人 真下正義』などを手掛けた本広克行。 主演はユースケ・サンタマリア。 他、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、小日向文 ...
 
 
 
「UDON」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
日劇で先週公開になった「UDON」を見てきました。 「踊る大捜査線」シリーズの 亀山千広プロデューサーと本広克行監督が再びタッグを組み、 うどんをテーマにうどんを愛する人々を描いたソウル・フードムービー。 夢に挫折しうどんと出会い人生を取り戻したが 再 ...
 
 
 
UDON (ネタバレ映画館)
ソウルフードがキーワードである今作品。ウルフルズというバンド名の由来も“ソウルフル(SOULFUL)”をアナグラムしたものらしいので、トータス松本の起用もピッタリ・・・
 
 
 
UDON (八ちゃんの日常空間)
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。
 
 
 
小西真奈美さんの似顔絵。映画「UDON」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
◎キャスト ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本(ウルフルズ)、升毅、 片桐仁(ラーメンズ)、要潤、小日向文世、木場勝己、鈴木京香ほか。 上映時間:2時間14分 えっ上映時間2時間14分? 体感時間としては3時間近かった(笑) 本広監督、踊る ...
 
 
 
讃岐礼讃!ソウル・フードの奇跡/『udon/うどん』ユースケ・サンタマリア他 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●udon/うどん● ●監督;本広克行 ●製作;亀山千広 ●出演;ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/升 毅/片桐 仁     /小日向文世/木場勝己/鈴木京香 ●2006年8/25公開 高崎109シネマズで鑑賞(8/27)。公開3日目だが、朝一番早い上映 ...
 
 
 
「UDON」試写会にて 監督舞台挨拶 (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
先週ファボーレ東宝で行われた「UDON」の試写会に行ってきました。
 
 
 
★「UDON」 (ひらりん的映画ブログ)
ウドンよりソバが好きなひらりん。 うーーーん、ユースケだし・・・ フジテレビくさいし・・・ っと、迷ったけど、今月あんまり映画見てないし・・・ チネチッタのポイント貯まっててタダだし・・・ ちょっと笑えそうなので、見てみることに・・・
 
 
 
【劇場鑑賞90】UDON (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
一杯100円の奇跡が始まる
 
 
 
『UDON』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
“うどんを1杯お願いします。” いやいや…。 “UDONを一枚お願いします。15時30分の回で…。” とても映画のチケットを購入しているとは思えない、ちょっと気恥ずかしい、映画館のカウンターでの一コマ。 (スタッフのお姉さんもクスッと笑っていましたから…。) ...
 
 
 
『UDON』 (ねこのひたい~絵日記室)
「選択で作られ、選択で滅ぶかもしれない」のがX-メン。 「マニュアルで作られ、マニュアルで滅ぶかもしれない」のがうどん。 ある意味、どちらもメン類です。
 
 
 
『UDON』 (mimiaエーガ日記)
★★★☆あなたは「うどん派」か「蕎麦派」かと聞かれれば迷わず「蕎麦派」と答えて
 
 
 
具が多すぎた「UDON」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法)
(2006年・ROBOT/監督:本広 克行) 本広監督は香川県生まれ。前作「サマー・タイム・マシン・ブル-ス」も香川県でロケしていたが、本
 
 
 
『UDON』を観て思ったこと。 (フィルム・アカデミア)
公開4週目にして未だ国内観客動員数ランキングの8位に食い込んでいる『UDON』、観てきました。人生で初めて、劇場を途中退場しようかどうか本気で迷った作品でした(苦笑)。というのも、この作品が「映画」である理由が見出せないのですよ。前半はフジテレビとい ...
 
 
 
UDON <ちょっぴりネタバレ> (HAPPYMANIA)
観終わった後、めっちゃ うどんが食べたくなるぅぅそんな映画です。香川の人たちにとってうどんがソウルフードならば 大阪のソウルフードは たこ焼きにお好み焼きでしょうか給食に 普通にうどんが出てくるねんなぁ 大阪でたこ焼きやお好み焼きが出てくるなん ...
 
 
 
UDON <ちょっぴりネタバレ> (HAPPYMANIA)
観終わった後、めっちゃ うどんが食べたくなるぅぅそんな映画です。香川の人たちにとってうどんがソウルフードならば 大阪のソウルフードは たこ焼きにお好み焼きでしょうか給食に 普通にうどんが出てくるねんなぁ 大阪でたこ焼きやお好み焼きが出てくるなん ...
 
 
 
UDON [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「UDON」         (本広克行:監督/戸田山雄二:脚本)  UDON スタンダード・エディションポニーキャニオンこのアイテムの詳細を見る  一言に集約するなら、  「おいしいうどんが食べたくなる!」映画です^^  ほんとにおいしそうなんですよ...
 
 
 
『UDON』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ成功を夢見てN.Y.に渡米していた松井香助(ユースケ・サンタマリア)は、挫折した事により故郷の田舎町に戻ってきた。借金を背負い人生のどん底にいた香助の前に地元の雑誌社で働く編集者の恭子(小西真奈美)が現れる。香助は恭子や地元の人々と触れ合ううちに地...
 
 
 
UDON (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『観ないと、マズイ!』  コチラの「UDON」は、タイトルの通り日本のソウル・フードの1つうどんを巡るハートウォーミングなコメディで、本日8/26に公開になりましたので、早速観て来ましたぁ~♪  お話としては、うどん屋の息子松井香助(ユースケ・サンタマリア...