ほいくえん日記 + 川西共同保育園

川西共同保育園の「ほいくえん日記」です。
保育園での行事などをお知らせ致します。

2月です

2018-01-31 10:40:17 | おひさまルーム

    最近のおひさまルームにて

        自信作

先生も負けずに 制作してみました 

 

 2月になると すぐに節分(豆まき)ですね

 おひさまルームでも豆まき準備しています 

 最近は全国的に知れ渡った「恵方巻き」は年中おままごとアイテムとして活躍していますよ

                                

寒い日が続いています 

川西市内はインフルエンザによる学級閉鎖も多いです

インフルエンザによるおひさまルームの利用基準は 新しい医師連絡票の裏面に記載があります

おひさまルームにはお医者さまが常駐していないので、予約のお電話だけで診断はできません

かかりつけのお医者さんの診断と お子さんの具合や抗インフルエンザ薬の兼ね合いなどで 

総合的に判断させていただくことになります

「おひさまルームの空きがある(仮予約)」=(イコール) 「利用できる」 ではない場合もあります

大切なお子さんを安全にお預かりするための基準ですので

ご協力とお理解をお願いいたします


おともだちだ~いすき ♡

2018-01-30 17:01:55 | ほっこりエピソード

おともだちが大好きなひよこぐみ(0歳児)のこども達です。

何かたのしいことやってるのをみつけると・・・自然と笑顔で集まってきますよ。

ままごとコーナーでは、とってもすてきなパーティーがはじまります!

 ごちそういっぱい!

「は~いどうぞ!」「どうぞ~」とあっちでもこっちでもおすそわけ!おおばんぶるまい!

 たのしくってたのしくって!

 大人も一緒に囲んで~

あれ?こんなとこでも、おもしろそうなことはじまってる~・・・・

 はいっちゃえ~!

ふとん山のなかへ・・・はいっちゃえ~! ちょっぴりいたずらするときも、おともだちと一緒です。

笑顔があふれるひよこぐみのお部屋でした~。


おにだぞ~!みんなでつくったぞ~!!

2018-01-30 16:25:17 | 今日の保育

うさぎぐみ(2歳児)さんは、昨日、ハサミとのりを使って、おにのお面づくりをしました。

できあがると、さっそくつけて鬼になって楽しんでいたこども達でした。

今日は、1・2歳児さんでいっしょに、大きなおにを作って楽しむことにしました。

 新聞紙をいっぱいつめました。

   つのもつけて~

 おめめかくわ!

 おくちはここくらい?

髪の毛もつけました。できた~!よし、ちょっとおいてみよう!ということで・・・ わっしょい!わっしょい!

 できたよ~。

ここにおいてみよ~!

 じゃじゃ~ん!どう?

自分たちで作ったものなのに~・・・・・・・・

 ずるずるずる・・・・・

やっぱりこわいようでした。自分たちで作ったのにね!

自慢の鬼たちは、玄関に飾る事にしました!

 いいかおしているでしょ~。

お迎えに来たお母さんたちに、誇らしげに、「みてみてー!」とアピールするこども達なのでした。

節分の日にやってくるであろうおにさんも、びっくりするかな~?

しばらくは、みんなでつくったおにさんを使って、まめまき練習しておきたいと思います! 負けないぞ~!!

 

 


にゃ~!のじゅもんが楽しすぎる ♪

2018-01-30 15:39:00 | ほっこりエピソード

今、本園も分園もともに、 病気の流行にともなって、看護師さんが、こども達に出し物を披露しにやってきました!

パネルシアター『ねこのおいしゃさん』です!

 ぞうさんの鼻水がずるずるずる~

病気が治っていくのも、おまじないのおかげです。

♪ねこねこねこ~のおいしゃさん~、ねこねこねこ~のおいしゃさん~♪

 ノリノリのこども達です!

『にゃー!!』と気合を入れたなら~・・・・だ~れでもよくなるす~ぐによくなる~お~だいじに~ ♪

 にゃー!!

とっても盛り上がったこども達なのでした。看護師さん、初披露お疲れ様でした!ほっとしていましたよ。

最後は、手洗いのうたをおさらいしたこども達でした。

 おててをきれいにあらいましょ~♪

手洗いとうがいをして、大人もこどもも風邪の予防に努めましょうね!

うがいの難しい小さい年齢のこどもさんの場合は、お茶を飲むことで、うがいがわりになるそうですよ。

まだまだ、病気の流行が、心配ですが、大人もこどもも予防に努めたいですね!

 

 

 


食べごたえあり!!ガリガリガリ・・・とまらない。

2018-01-27 17:57:56 | くいしんぼう通信

保育園の大人気おやつのひとつ! それがこちら!

 車麩のラスクです。

ジャジャ~ン!とってもおいしそうでしょ~。カリッカリで、とってもおいしんです。

咀嚼を促すおやつです!ひよこぐみのこども達もだ~いすきです。

 ガブリッ!

一度かじりだすと・・・・やめられない~とまらないのです。

  がじがじがじ・・・・・

 この日は、おやつに向かうのも早かったBくん!担任談によると、車麩のラスクが、だいすきなんですって!

だから、かじりだしたらとまらなくて~。もくもくと、がじがじがじ・・・・・表情を変えず・・・・・がじがじがじ・・・・・                

  CちゃんもDちゃんも幸せ顔!

そしてBくんは、ひたすら~がじがじがじがじ・・・・口をラスクからはなすことなく、かじりつづけていたのでした。

こども達が、おいしそうに、幸せそうに食べているのを、作り手のA先生が、これまた幸せそうに、ながめているのでした。

作り手とも、こうやって心を通わせることができるのも、自園給食だからこそです!

お互いの顔が見えるって、大事ですよね~。

最近は、全国的に給食のセンター方式が導入されたり、給食室の職員配置の兼ね合いで手作りおやつにしたくてもできず、市販のお菓子でまかなっている園も多くあると聞きます。とても残念に思います。

保育園に通うこども達も、小学校に通うこども達も、中学校に通うこども達も、全ての育ちざかりのこども達が、自園や自校での給食を味わえるように

なるといいな~と思います。こども達の心と身体を育む大切なものですから!