ほいくえん日記 + 川西共同保育園

川西共同保育園の「ほいくえん日記」です。
保育園での行事などをお知らせ致します。

こいのぼりを作りました!

2011-04-27 11:59:34 | にじのこさろん

P1030795

先日の「にじのこさろん」でこいのぼりを作りました。

P1030799

さろんに参加されているお母さんたちは、制作が好きなようで、楽しそうにオリジナルのこいのぼりを作っていましたよ。

このこいのぼりは、しかけがあって動くのですよ。


さくら公園で・・・・・・

2011-04-15 19:23:09 | 今日の保育

Dsc09642

ぽかぽかと暖かくなり、子どもたちはさくら公園でだんご虫とりに夢中です。

Dsc09643

公園の植え込み、花壇の下など、色々なところからだんご虫をみつけてきます。

Dsc09644

泥だんご作りに夢中になる子も・・・・・・。

Dsc09634

ピカピカの泥だんごができました。すごいでしょ!


園庭で遊ぼう!

2011-04-15 19:15:06 | にじのこひろば

P1030708

昨日は、にじのこひろばの日でした。

保育園の園庭ににじのこひろばの子どもたちが遊びに来てくれました。

イチョウの木でつくったテーブルとイスに座って、おままごとのはじまりはじまり・・・・。

P1030718

ミニハウスがお店屋さんになり、窓からごちそうが出てくるのですよ。まるでレストランのようです。

P1030710

小さな子どもたちは、ござを敷いて遊びました。

「地域の公園の砂場は、猫のフンが気なるので、保育園なら安心です」とおっしゃる保護者の方も。

小さな園庭ですが、これからもどんどん利用していただけるといいなぁと思います。


おかえり・・・・・・

2011-04-13 12:45:35 | 園長のつぶやき

P1030697

保育園の園庭のミニハウスの前にあるテーブルとイス、実は、あるものの再利用なのです。

昨年の7月、木造園舎を解体して新しい園舎を増築するために伐採したあの「イチョウの木」なのです。

今日、形を変えて保育園に帰って来ました。

長い間、小戸の地域と保育園を見守ってくれていた「イチョウの木」。

また、子どもたちの事をよろしくね。


大震災に思う・・・・・

2011-04-11 12:48:57 | 園長のつぶやき

P1030670

桜の花がきれいですね。

電車に乗っていても、窓の外を見ていたら桜の花が目に飛び込んできます。

町を歩いていても桜に出会います。

東北の被災地も桜の花がほころび始めているそうです。被災地の方々の心が桜の花で少しでも癒されたらいいなと思いながら桜の花をながめます。

昨日、東京で開催された全国の保育関係者が集まる会議に行ってきました。

なんと、宮城の園長先生も来られていました。東北の現状を知らせないとという思いで8時間かけて宮城からバスで来られたそうです。新幹線が不通なのでバスしかないそうです。

そこの保育園は、沿岸部から2k離れているのですが、園庭まで津波がきたそうです。避難地域に指定されていない地域ですが、園長の機転で子どもたちは無事避難できたそうです。

岩手では、沿岸部の保育園の子どもたちは無事避難したそうです。保育園は津波にのまれてしまったそうです。子どもたちを避難車にのせ、おんぶし、幼児は手をつないで走って走って逃げ、後ろを振り返ったときに保育園はなかったといいます。

こんな事態の中で保育園の子どもたちが無事だったのは、日ごろからの避難訓練をきちんとしていたからでしょう。保育士さんたちは子どもの命を守りきりました。そのことに本当に感謝です。津波が来るということで保護者が迎えに来た子どもは、亡くなってしまったという悲しい事実もあります。

認可保育園は公立も民間も、避難訓練が義務付けられています。

保育園の設備も、人の配置も最低基準があり、厳しく指導が入ります。

この岩手の沿岸部の保育園でのことは、公的な保育制度があるからこそ、子どもたちの命を守ることができたともいえるのではないかと思うのです。

今、国が進めようとしている「子ども子育て新システム」になった場合はどうなるのでしょうか?今回の震災を通して、公的保育制度の重要性を改めて思いました。

P1030675