ほいくえん日記 + 川西共同保育園

川西共同保育園の「ほいくえん日記」です。
保育園での行事などをお知らせ致します。

子育て講演会をします!

2008-11-27 18:25:14 | お知らせ

あそびがいちばん!ー子どもの心と体を育てるあ・そ・びー

「光る泥だんご」の加用文男先生(京都教育大学教授)による子育て講演会です。

2008年12月14日(日)10:30~12:30 入場無料 

場所:川西市商工会館4階多目的ホール 能勢電鉄絹延橋駅から徒歩5分

泥だんご作りの名人の加用先生のお話は、子どもの発達心理学に基づいたお話で、ユーモアをたっぷりまじえて話してくださいます。子どもにとって、どんな子ども時代をおくることがいいのかなど、子育てのヒントがきっとみつかりますよ。ぜひ、講演会を聞きに来てくださいね。

参加ご希望の方は、当保育園(072-757-9525)までお問い合わせください。先着50名です。


王子動物園へ行ってきたよ!

2008-11-14 13:37:41 | 保育園の行事

Dsc02109 雲ひとつない秋晴れとなった11月13日(木)、きりん(3歳児)~ぞう(5歳児)で王子動物園へ遠足に行きました。総勢31人の子どもたちと5人の職員で貸し切りバスで行ってきました。行きのバスの中はとってもにぎやか。バスの中から見える風景に声をあげながら、また唄を歌ったり、ゲームをしながらのバス遠足。

王子動物園に到着して一番はじめに見たのが「ぞう」です。おとうさんぞうとおかあさんぞうが、仲良くじゃれていたり、ぞうがおしっこをするのを見たり、ぞうがおもしろくて見入ってしまいました。「おうじくん」という赤ちゃんぞうがミルクを飲む場面もみせてもらいました。

Dsc02114 赤ちゃん象といっても体重は400キロあるそうですよ。昨年の10月に生まれたそうなので1歳ですね。

Dsc02116 子どもたちが楽しみにしていた動物の中に、パンダがあります。パンダの愛らしいしぐさに、「かわいい!」を連発の子どもたち。大好物の笹を幸せそうに食べていたパンダです。

Dsc02130 動物を見た後は、待ちに待ったお弁当タイム!たくさん歩いたので食も進みました。おうちの人が作ってくれたお弁当はおいしい!とパクリ。

Dsc02133 「ふれあいコーナー」では、ちょうど山羊がお散歩してたので、直接なでたり、追いかけたり・・・・・・。Dsc02134 山羊はマイペースでなでられても追いかけられても平気。直接動物を触ることができ、子どもたちはうれしそうでした。今日の連絡帳には、「山羊を触ることができて、うれしかったと話していました。保育園でみんなと一緒なら触れるねんと言っていました。」とさっそく保護者が連絡帳に書いてきてくれました。動物を触ることに抵抗があるけれど、友達が支えになってできたことがうれしかったのですね。お家から行く動物園も楽しいけれど、保育園の友達と行く動物園は友達と共感できていいですね。


食は楽し!

2008-11-06 13:53:12 | くいしんぼう通信

Dsc02040 おかまでご飯を炊いたよ!

昨日、保育園で園庭でまきを燃やし、おかまでご飯を炊きました。私(園長)も初体験です。「火」の当番をかってでたもののドキドキ・・・・。前の日から夢にまで出てくるぐらいのプレッシャーを感じながら当日を迎えました。「お米と同量の水の量」、「火が強まって吹きこぼれてきたら10分から15分して、火をおとしていく」など予備知識を入れながらのご飯炊きです。ところが、まきで燃やす火なので加減をするのはとっても難しい。必死でまきを入れたり出したり・・・・・・。いざ、火をゆるめ、約10分の我慢の子。まだかな、まだかな、という子どもたちのまなざしを受け止めつつ、我慢、我慢。そして、さぁ、蓋を開けるよ!と宣言して開けたら・・・・・・・・、ちょっと茶色いごはんがお目見えです。

イメージは「まっ白いごはんが湯気の中から見える」だったのですが・・・・・・・。

でもまぁ、十分食べれるご飯でよかった、よかった。子どもたちも「おいしい!」とご飯がすすんでいました。食べると、燻したような匂いがしましたが、それも味わいがあってよかったのかな?

Dsc02053 この日は、何でも焼きも同時にしたのですが、子どもたちが焼きたいものを持ってきて炭火で焼いて食べました。バナナ、りんご、梨、ニンジン、お芋等々様々な食材を焼いて食べてみました。ニンジンを持ってきた子は、丸ごと一本ペロリと食べちゃいましたよ。外で食べるご飯は最高ですね。

 私は、まきで火をおこすことが面白くて、ちょっとはまりそうです。ガスや電気でなく、まきを足したり、引いたりで火を調整する面白さがあります。またやりたいなぁと密かに思っています。

Dsc02051