ほいくえん日記 + 川西共同保育園

川西共同保育園の「ほいくえん日記」です。
保育園での行事などをお知らせ致します。

焼いも大会をしたよ!

2008-10-31 10:25:14 | 保育園の行事

Dsc02001 みんなでいも掘りにいって掘ってきたお芋で焼いも大会をしました!前日においもの泥を落とし、きれいに洗ってアルミホイルと新聞紙で包み、半ドラの中に自分で入れました。半ドラの中は炭が燃えていて熱いのですが、長袖を着て、軍手をはめて、ドキドキしながら入れる子どもたち。そして、炭がよく燃えるように、うちわで顔が真っ赤になるぐらい一生懸命あおぎました。お芋のいいい匂いがして、アルミホイルを開けてみると・・・・・・・、ホコホコした美味しそうな焼き芋の出来上がり!

フーフーしながら食べた焼き芋のおいしいこと。おなかいっぱい食べましたよ。

Dsc01996 この日は、芋だけでなく、大きなおかまで豚汁もつくりました。Dsc02003 見たこともない大きなおかまに、子どもたちはまずびっくり!そして、ガスや電気でなく、まきを燃やして火をおこすので、周りに集まっては、「熱いなぁ」と言いながら興味しんしんでした。外で食べる豚汁は最高でしたよ。今度は、新米を炊いて食べる予定です。


大きな大きなおいも

2008-10-17 13:27:57 | 今日の保育

Dsc01880 バスに乗っておいも掘りに行ってきました!

今日は、きりん、らいおん、ぞうぐみ(3,4,5歳児)でバスに乗って、箕面市の上ノ庄までおいも掘りに行ってきました。保育園を出る時から、「大きなおいも取ってくるからねー!」「先生、楽しみにしててな!」と言いながら出発。

Dsc01884 さて、いも畑では、ぞうぐみやらいおんぐみがきりんぐみをサポートしながらいもを掘りました。掘っているうちにいもが見えてきて、引っ張ったものの、次から次へとズルズルと出てきて、なんと!6つもつながって出てたのには子どももびっくり!なんてことも。

Dsc01894 掘れたおいもは、ぜ~んぶ並べていも列車にして記念撮影。見てのとおり、たくさんおいもが掘れました。

Dsc01897 積み上がったいものつるでは、焼き芋大会にみたてて遊ぶ子どもたちです。

28日には、本当に保育園で今日掘ったおいもで焼き芋をする予定です。


連絡帳から

2008-10-16 14:17:56 | 今日の保育

ハッピーバースデー〇〇ちゃん

10月のある日の〇〇ちゃんの連絡帳を読んで、ほっと心が和んだので紹介します。おかあさんが書かれています。

 ハッピーバースデー~〇〇~♪ 今日は朝6時からおきてはりきってます。昨日の夜は、「4才の〇〇ありがとうございました。」と、3人で布団の上であいさつ(笑)。「4才楽しかったわー。」との感想でした。そして朝、「3人で5才はじめてのチューしよう~」と起きてきました。「4才の〇〇どうしているかな~?」なんてこともつぶやいています。誕生日は、ほんと特別な日ですね。

 どうですか、いいでしょう?なんだか〇〇ちゃんとおかあさん、おとうさんの3人が向かい合っている姿が浮かんでくるような内容です。両親に愛されている実感が〇〇ちゃんにはしっかりあるんだなぁということと、だからこそ、〇〇ちゃんに自己肯定感が育っていることがこの連絡帳からみえます。「4才楽しかったわ~」「4才の〇〇どうしているかな~?」という〇〇ちゃんのつぶやき、とっても愛おしくなりますね。


保育まつりを開催します

2008-10-16 12:25:39 | お知らせ

10月26日(日)10:00~13:00 川西市役所市民広場前で「保育まつり」があります。

模擬店(ウィンナーまん、あんまん、ミニお好み焼き、コヒー、たこせんべい、綿菓子など)や子どもコーナー、作って遊ぼうコーナー、フリーマーケット(日用品、台所用品、古着など)などたくさんの店が出ますよ!子どもコーナーでは、今年から千本引き(くじびきのようなもの)が子どもたちの人気を集めそうです。恒例のスーパーボールすくいもありますよ。

また、毎年、ウィンナーまん(ウィンナーを豚まんの生地で包んでいます)は大好評なんですよ。保育まつりの模擬店はすべて手作りです。ぜひ、遊びに来てくださいね。

ご家庭で眠っているフリーマーケット用の不用品を提供してくださるとうれしいです。


笑顔いっぱい運動会!

2008-10-15 18:35:12 | 保育園の行事

Dsc01860 10月12日(日) 川西共同保育園の第5回運動会を開催しました。保育園の前の小戸さくら公園にたくさんの観客の方々に見守られて、各クラスの体育遊び、かけっこ、玉入れ、保護者のつなひき、4,5歳児のグループ対抗リレー(なかよしグループ、ひつじグループ)など、みんな笑顔いっぱいに楽しみました。中でもリレーは、見ているほうも手に汗握る白熱ぶりでした。

グループごとに作戦を練り、どちらのグループも頑張ったものの、2回戦ともなかよしグループの勝ちとなり、負けたひつじグループは悔し涙を流す子も。勝敗のある競技のリレーですが、勝敗だけでなく、バトンをつないで一つのものを達成するという魅力を子どもたちも感じているのでしょう。真剣なまなざしで走る子どもたち、そして心を一つにして走った両方ののぐるーぷの子どもたちに拍手が鳴りやみませんでした。本当に子どもたち、素敵でした。

Dsc01823 今年は、 異年齢(3歳児、4歳児)でいっしょに、わらべ唄をしたり、リズムをしたりしました。いつもは、ぞうぐみ(5歳児)にリードしてもらっているらいおんぐみ(4歳児)も、この日はきりんぐみ(3歳児)をリードして、おねえさん、おにいさんぶりを発揮していましたよ。