ほいくえん日記 + 川西共同保育園

川西共同保育園の「ほいくえん日記」です。
保育園での行事などをお知らせ致します。

にじのこひろば

2008-05-30 19:40:23 | お知らせ

保育園に人形劇がやってくる!

6月12日(木)10:00から 保育園でねこじゃらしさんの人形劇があります。にじのこひろばの方々にも参加していただけますので、よかったら申し込んでください。

申込日は、6月5日のみです。限定15組。お待ちしています。


ちょっと一品に・・・

2008-05-20 11:01:28 | くいしんぼう通信

  きゅうりの土佐漬けはいかが?

保育園からあわてて帰ってからの晩御飯づくりってたいへんですよね。

でも、子どもには野菜を食べさせたいし・・・・・・。そこで、これからの旬の野菜のきゅうりを使っての一品はいかがでしょうか?

私の困った時のお助けメニューです。

材料:きゅうり4本 塩小さじ1 しょうゆ大さじ2 かつお小袋2

きゅうりを子どもの食べやすい大きさに切り、塩を全体にまんべんなくまぶして、しばらく置いておく。水があがってきたら洗い流し、水気を切りしょうゆとかつおを混ぜて、さらにしばらく置く。置いているとき時々混ぜるとベスト。

作り方は簡単なので、朝作って冷蔵庫に入れていけば帰ったらすぐに食べれますよ。

きゅうりだけでなく、大根などを入れてもかさが増えていいですね。また、もっとさっぱり食べたい時は梅干しの刻んだものを混ぜるとグー!ですよ。

きゅうりの安い時に一度おためしあれ。


うどんづくりをしたよ!

2008-05-12 12:36:00 | くいしんぼう通信

Dsc00901 5月10日(土)、親子でうどん作り体験をしました。 新潟でさぬきのうどん屋さんを開業される小川さんが講師として来てくださいました。

まず、粉(さぬきの夢)を合わせて、塩水を入れてねります。力を入れてねらないとなかなかまとまらず、悪戦苦闘です。

Dsc00913 まとまった生地はビニール袋に入れて足でふみまーす!小学生も参加していたので一生懸命踏んでくれました。うどんを踏むの楽しい!

Dsc00934_2 ふんだ後は、麺棒で延ばして機械で切ります。うどんって専用の切る機械があるんですね。ザクザク次から次にと切れて、あっという間に細くうどんになっていました。本当は、冷蔵庫で踏んだ生地をねかせるとおいしくなるんですって。でも、この日はすぐに切りました。

Dsc00929 さぁ、出来上がり!厨房でたっぷりのお湯でゆがいて「かきあげうどん」にしてもらいました。だしは、昆布やいりこ、かつおなどでとったものです。化学調味料は一切入っていません。旨みが本物でおいしい!うどんも子どもたちが一から手がけたものです。しこしことした麺で大満足でした。

講師の小川さんは、もう間もなく、新潟県上越市で「鶴越製麺所」を開業されます。


ドジョウって食べれるの?

2008-05-02 19:15:08 | 今日の保育

Dsc00895 昨日、毎週木曜日に給食の魚を持ってきてくれる魚屋さんから「ドジョウ」をいただきました。生きている「ドジョウ」です。子どもたちにぜひ見せてといただいたのです。

さっそく、「ドジョウ」を水槽に入れて子どもたちに見せに行きました。子どもたちは、「10匹のかえる」という絵本に出てくる「ドジョウ爺さん」のイメージがあるので、思ったより小さいドジョウに「小さい!」と言っていましたが、初めて見る本物の「ドジョウ」に興味しんしんでした。一晩、水槽に入れていた「ドジョウ」ですが、次の日に来てみると2匹死んでいたのです。

残りのドジョウもこの連休でもたないし、魚屋さんが食べてみてといってくれたこともあり、給食室で料理してもらうことになりました。でも、誰も「ドジョウ」を料理したことがないので、給食室の先生が自分のお母さんに聞いてくれました。そのお母さん(おばあちゃん)昔はよく食べていたので、すぐ料理法もわかり子どもたちの目の前で生きたドジョウを油の中いれ、その後味をつけて煮つけてくれました。子どもたちは、油に入れられた「ドジョウ」が鍋の中ではぜる音を聞いて大興奮です。鍋から出てきたドジョウは写真のとおり。若い職員も、子どもたちも「ドジョウ」って食べれるんやとびっくりでした。