虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

基礎的な発見 <自動的にエレベーターを上げる方法> 

2016-07-03 07:36:00 | 子どもたちの発見

 

紙コップに糸を貼りつけて簡単なエレベーターを作った年長のAちゃん。

「引っ張って上げるんじゃなくて手を使わなくてもスーッて上がっていくようにしたい」と

言っていました。

エレベーターを上げる仕組みは

教室内で常に探究されているテーマです。

これまで見つかった方法は、手動で上げるなら「巻き上げ」「車で引っ張る」などいろいろあります。

 

手を使わないで上げるために、どんな力を使えばいいでしょう?

 

Aちゃんは、「重さ」を利用することにしました。

ひもの先にブロックをはさんでおきます。

エレベーターが1階にある時は、ブロックの重りをブロックで作ったマンションの最上階にあるでっぱりに

乗せておきます。

ブロックをでっぱりから下ろすと、

エレベーターが下がりはじめます。

これは成功。

 

Aちゃんは、「もっとゆっくり上がるようにしたい」

「もっと早く上がるようにしたい」

「人形を乗せて上がらせたい」と

さまざまな「こうしたい」を思いついて試行錯誤していました。

 

かたつむり人形をひとつ乗せただけで、

エレベーターは上がらなくなり、ブロックをひとつ足しても動きませんでした。

そこで、ブロックをもうひとつ足すとゆっくり上がりはじめました。

 

 

写真はエレベーターとケーブルカー。

コメント   この記事についてブログを書く
« 過去記事にいただいたコメン... | トップ | 『きらめき算数脳 入学準備... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

子どもたちの発見」カテゴリの最新記事