虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

5の合成や10の合成がなかなか覚えられない子に

2019-07-29 14:55:56 | 年中、年長

 5の合成や10の合成がなかなか覚えられない子がいます。

できるようになってもただ丸暗記しているだけで、時間が経つと

すっかり忘れてしまう子もいます。

この遊びは教室で2、3歳児のグループでよくするのですが、

数のイメージに苦手がある子の場合、年長や1年生であっても

小物が見えなくなったとたん、数を当てるのがとても難しくなる子がいます。

くりあがりやくりさがりのある計算のつまずきにつながりやすいので、

「暗記できたからおしまい」とせずに、

見えていない数もイメージできるようになるまで、付き合うのがいいです。

 

そんな場合、お家にある小物を使って

見えない数を当てる遊びを何度かしていると

頭の中で数をイメージできるようになってきます。

 

<5の合成を教える>

 ① 最初におはじき(人形などでOK)を5つ見せます。

 ② 「目を閉じていてね」と言ってから、いくつかの小物を

小さなトレイや無地のハンカチなどで隠します。

③「いくつでしょう?」とたずねます。

 

数のイメージがあやうい子は、この時、隠している数をたずねているのに、

見えている数を答えるというミスをしがちです。

間違えた時は、子どもを励ましながら、

隠していたトレイ(ハンカチなど)を取って

いっしょに確認します。

何度も何度も間違える子がいます。

そんな時は、気長に何度も何度も確認させます。

 

慣れてくると、10の合成にもチャレンジしてみます。

 

 

 

指を使って、確認。

コメント   この記事についてブログを書く
« 長い間、ブログをお休みして... | トップ | 親御さんへのダメ出し 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

年中、年長」カテゴリの最新記事