虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

外から見える変化 と 内から起こる変化 2

2016-08-31 07:20:34 | 工作 ワークショップ

『オセアノ号、海へ!』というポップアップ絵本を見てから工作タイム。

この『オセアノ号、海へ!』は、保育士おとーちゃんさんが、ブログでお子さんの誕生日プレゼントに選んだと

紹介されていた本。

ページ数こそ少ないですが、この本を開いたとたん、2,3歳の子から小学校高学年の子まで、

イラストに圧倒された様子で、

「わぁ~!」「すごいっ!」と、大きなため息を漏らすのです。(本を見せるとき、最初は、海面の下部分をテーブルでかくしています。)

氷山の一角というたとえを、言葉のまんま目にする瞬間です。

海面の上にあるのは、わたり鳥1わで手狭になるほどの小島なのに、

海面の下には、あっと驚くような全貌が潜んでいるのです。

ちょこんと飛び出た氷の突起の下に眠る巨大な氷の塊の数々。

海面に見えるのは、三角の小さな切れ端のようなもの。

でも、実はそれはくじらの尾の先で、その下にはでっかいくじらが泳いでいるという絵。

 

ユースの晩、寝しなにこの本を見せたので、翌朝、朝食がすむやいなや、

子どもたちは、「朝になったら、海の中の絵本を作るって約束したでしょう?」

「昨日見たあの本みたいな、海が作りたい!」と大騒ぎでした。

 

紙に海面を貼って……。

小2のAちゃんの大きな魚、ナイスです。

小2のBちゃんの作品。

たこつぼをつりさげて、たこを捕まえるところ。

年中のCくん。得意の深海魚をたくさん描いて、

暗くて深い深海を作っていました。

年中のDちゃん。イルカのショーが見られる仕掛けをつくっえtいました。

小1のEちゃんのたこつぼつりのおじさんはいい味でてますね。

すごくいい作品ができていたのに、写真を撮りそびれた子がいて残念。

 

 

 

写真を紹介していたら、タイトルの内容を書くところまでいきませんでした。

次回に続きます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 外から見える変化 と 内か... | トップ | 考える力を育むブロック遊び  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

工作 ワークショップ」カテゴリの最新記事