虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

大名行列の人形たちの辛口コメント

2019-07-06 22:00:43 | こんなこと、やってみたい!

 

『しろあと歴史館』に遠足に出かけて以来、子どもたちと、

「教室の全ての人形を大名行列に参加させよう!」

という呼びかけのもと、参加したい人が参加したい形で参加するという

ゆるいルールで大名行列作りが進んでいます。

 

江戸時代の参勤交代の様子を再現するうちに、

「誰の命令でこんな行列をしているの?」

「どうして大名行列をするとお金がなくなるの?」

「トイレはどうしたの?」など、子どもたちの口からさまざまな疑問が出るようになり

ました。

そこで図鑑や本で参勤交代の舞台裏について調べ、

そこでわかったり気づいたりしたことを

辛口のコメントにして人形たちにつぶやかせることになりました。

小学校中学年の子どもたちは大喜び。

 

「参勤交代は各藩の藩主を1年交代で江戸から自領へ行き来させる

江戸幕府が定めた制度で、徳川家光によって制度化された」といった

説明を読んだ後には、

人形たちに、「家光なんかたくらんでるな!」とか

「1年ごとに行ったり来たりするのなんか疲れるな」とか

「とおいな~」

「外様大名はお金がかかるからイヤダ~」などのふきだしを

作っています。

「お前は何藩だ?」「薩摩藩です」「それならこれだけやろう」

とか言いながらお金を渡して遊んでいました。

 

道で大名行列にあった人々。頭を下にしてひれ伏しています。

コメント