虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

算数に関する記事をまとめました♪ 2

2010-02-01 18:58:08 | 記事のまとめ(リンク)
☆小1☆くん♪ 中学入試のプチレッスン 1

☆小1☆くん♪ 中学入試のプチレッスン 2

☆たまには大きな子のレッスンも♪ 難関中学入試1

☆たまには大きな子のレッスンも♪ 難関中学入試 2

☆幼児期に体験しておくと、将来算数が得意になること 1

☆幼児期に体験しておくと、将来算数が得意になること 2

☆幼児期に体験しておくと、将来算数が得意になること 3

☆幼児期に体験しておくと、将来算数が得意になること 4

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



web拍手を送る
コメント

算数に関する記事をまとめました♪

2010-02-01 18:26:04 | 記事のまとめ(リンク)
算数に関する記事をまとめました♪

☆現代っ子に共通する算数が苦手になる原因

☆生活体験の多い子と算数   年長さんのレッスンから♪


☆2歳児もわかる算数文章題 『基本の形』

☆2歳児もわかる算数文章題 『基本の形』 2

☆2歳児もわかる算数 『基本の形』 3

☆幼児に2ケタの計算を教えるには? 1

☆幼児に2ケタの計算を教えるには? 2

☆幼児に2ケタの計算を教えるには? 3

☆幼児にくり下がりの引き算を教える方法 1
☆幼児にくり下がりの引き算を教える方法 2


☆お給料の計算~♪

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



web拍手を送る
コメント

3歳児のグループレッスン 観覧車の問題 4

2010-02-01 11:16:49 | IQ 小学校受験
実際に受験問題にチャレンジ……

といっても、まず、紙皿に観覧車を描いて、動かせる状態にして、
イメージしやすくしています。
目を閉じている間に
チップで観覧車の乗っている動物を隠します。

3歳児には、まだまだ難しいかな?

と思っていたら、まず、なのたんが即答。

Mちゃん、Yちゃんと理解して解けるようになりました。

なのたんは、こうした回転の問題が得意な様子です。
そうした練習はしたことがないようなのに
なぜかな?と観察していると、
パパさんの体を登っていったり、身体を逆さまにしようとしたり、
身体を使った「おっとっと……」となるような大きな動きが多いのです。
体感として、回転がよくわかる様子なのです。

女の子たちも、たまには、ちょっとやんちゃな外遊びをさせてみると
いかもしれませんね。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



web拍手を送る
コメント (2)

3歳児のグループレッスン 観覧車の問題 3

2010-02-01 11:11:36 | IQ 小学校受験
丸く輪になって椅子に座り、時計回りに移動して、
遊びました。

小学校受験の観覧車の問題は、5,6歳児でも
難しい場合がよくあるのですが、
回る、移動するを体感する遊びをよくしておくと、
自然と解けるようになってきます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



web拍手を送る
コメント

3歳児のグループレッスン ゼロってなあに?2

2010-02-01 10:24:54 | 算数
すると、
3歳3ヶ月のYちゃんが、
「ライオンさんはパクパク私を食べるの。
私はなくなっちゃうのよ。
ゼロになるの」
と言いながら、深く考え込んでいました。

「ゼロは消えちゃうのよ」と言います。
でも何か納得できない様子。

ゼロって何なのでしょう?

とても不思議な数字ですね。
自分が食べられて、なくなっちゃったら、あと、今あるものはどこに行っちゃうのでしょう?
Yちゃんの疑問に、Mちゃんが、クスクス笑いながら、
「そんなの へんだよ~」と言ってました。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



web拍手を送る
コメント (1)

3歳児のグループレッスン ゼロってなあに?

2010-02-01 09:34:38 | 算数
朝から、夫婦喧嘩~
写真の整理をちゃんとしないので、私がパソコンぶっこわすですって……??
つい、強い口調で言い返していたら、娘までダンナさん側について、
「お母さんは、ちゃんとパソコンと向き合わなきゃダメよ」ですって……
頭でわかっていても、限りなく右脳人間でADD脳の私には
できることとできないことがあるのですよね……
タイトルをつけて整理していくくらいなら、いっきに過去に撮った写真を
ゴミ箱に放り込んじゃえ~という荒業に出ようとしたら、
周囲からガミガミガミガミ~

うちの近所に地域の歴史研究家で、文化財の保存と伝承文化を次世代に継承していく活動をしている方がいらっしゃるのですが、
その方、相当なパソコンアレルギーです。
お酒の席で、温和で柔軟な方なのに、パソコンの話になると、
防御の姿勢がめちゃくちゃ強くなります。
ホームページを閲覧するって時点で、もうハードルが高い~
らしい……。
分厚い歴史書や古い地図の解説書なんかは、何冊でもOKで、
壁にずら~っと並んだ本のどこに何が書いてあるのか全部覚えているんだな~とわかるのですが、パソコンの解説書は1ページたりとも読む気がない様子。

その姿にかなり共感をしている私。

やむをえず、自分のぎりぎりキワのところで妥協して、
パソコンを利用して仕事をしていますが、
日々、最低限必要なこと以外、いっこうに覚えようとしないので……

ダンナさん、娘、息子……の3人から、
「他人に頼らず、自分でそこそこ修復したり、使い方じゃなくて、
機能そのものにについてをちゃんと学んでおかなきゃ!!……
お母さんは学習意欲がない、人の話を聞かない、壊れたときどうするの?
安易に家族を頼ってばかりじゃ自分のためにならないよ……ブツクサブツクサ……」と言われまくっています。

わかっているけど、興味がない……
個人の嗜好ばかりは叱られても変わらないのですよね……

取りあえず、この一件は保留にして……

昨日の3歳児さんたちのレッスンです。
男の子がひとり風邪でお休みです。

女の子たち、おしゃべりが達者になって、
ドールハウスの小物について、
ひとつひとつ
いつ どんなときに どのような目的で使うものか、
ていねいに説明してくれてます。
「これ、カーコちゃんのお友だち?」と、グレーのオカメインコの
人形を手にとって聞くので
「そうよ」と答えてから、
「3個ひまわりのたねがあってね、オカメインコがね、パクパクパクって
3個食べたの。いくつになる?」
とたずねると、Mちゃんが、「ゼロー!」と
大きな声で答えました。
具体物を見なくても、数の操作がわかってきている様子です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ



web拍手を送る
コメント (2)