超進化アンチテーゼ

悲しい夜の向こう側へ

花咲くいろは 第14話 「これが私の生きる道」 感想

2011-07-03 22:49:58 | アニメ





緒花が一番可愛いのにな~。男たち見る目ないな~。とか言いたい。





どんだけモテんだよアンタら!と言いたいけど
そんな中で緒花一人がある意味取り残されてて、それは自業自得ではあるんだけど
それでも今でもいじらしく引きずるあたりが
何と言うか本当に男子っぽい考えですね。
それとは対照的に、結名自身は逆に色々と割り切っている考え方のようで
その対比が面白かったのと同時に、ある意味スイさんと皐月さんとの関係の様にも思えて。
一体どこまで面白くなるんだこのアニメ、
とか言いたいくらいに本当に奥深い作品になってますね。

結名と許婚、噛み合わない想い。
それも正直観てると当然といえば当然で
あの許婚の男子は旅館経営云々よりも本当はただ結名とくっ付きたいが為に
それだけの為に頑張ってるような気がして。
だから彼彼女以外の旅館の事は眼中にない訳ですよ。
それは自身の旅館の従業員に対してもね。
あの人らもいい加減な所はあるけど、自分たちは機械みたいに扱われて
その一方で明らかに時間を割いてデレデレする相手がいる
それで腹が立つのも当然の事だし
スイさんの教えとは違って、ただ単にマニュアルだけって印象もありますよね。
まあ基本女の子の為に頑張る男子を否定したくはないんですけどね。
足元が見えてない感じというか。
結名の主張も正しいといえば正しくて、生き方なんて他人に決められるものじゃない。
それは彼にとってはショックな出来事なんだろうけど。
そこにお互いどうやって折り合いを付けるのか。
来週の個人的な注目点はそこですね。

気が付けばグングンと成長していた緒花。
他人の旅館なのに靴を揃えて
自身の旅館と比較して
良い所を学び、悪い部分も当然学び・・・。
その姿は正に一生懸命仕事する人そのものでした。
好きな事じゃないとぼんぼれない、とは結名の言葉ですけど
それって今の緒花にも当てはまるというか
今の仕事が彼女にとっての天職なんでしょうね。輝きたいって気持ちも分かるし。
誰にでも出来ることよりも
自分にしか出来ないことを探してる。
個人的にはそんな気もしてます。
誰かと自分を比べて初めて分かることもある。他人は自分を直で映す鏡。
だから今回の修学旅行でも緒花には思う存分学んで噛み砕いて欲しいですね。
その様子を観てるだけでも十分面白いから。


さて、堅苦しい話は抜きにして、水着シーンとお風呂シーンはそれぞれ眼福でしたね!(笑)。
個人的には緒花が一番可愛かったと思うんだけど
それにしても告白されて真っ赤になる民子も可愛かったなあ。
思わずニヤニヤしてしまったぜ。
最近はそういう笑えるシーンが少なかっただけに
これはいい潤滑油になった気がします。
特に緒花の入浴シーンはね。
いいもの頂きましたね(笑)。演歌って言うのも何気に彼女に似合ってますなあ。
やっぱりこういう青春ものは観ていて懐かしい気持ちになれるから良いですね。
ま、私のとは全然別物ですけど!




正直今じゃ飛び抜けて面白いと感じますね。キャラに厚みが出てきたので、是非それを活かしていってもらいたい。
そしてクラムボン大好きなんでEDはかなり嬉しかったです。ミトさん良かったねぇ。




最新の画像もっと見る

コメントを投稿